最新ニュース・まとめ | Push on! Mycar-life

最新ニュース

街で目立つ!!…ドゥカティ スクランブラー にアーバン・モタード[写真15点] 画像
ニュース

街で目立つ!!…ドゥカティ スクランブラー にアーバン・モタード[写真15点]

◆ホワイトに「ドゥカティGP」マシンのレッドを組み合わせ ◆ドゥカティの「モタード」らしいハイマウントのフロントフェンダー ◆803ccのL型空冷2気筒エンジンは最大出力73hp

“プリセットデータ”の音を分析すると、コツが掴める!「サウンドチューニング」実践講座 Part2 イコライザー編 その3 画像
特集記事

“プリセットデータ”の音を分析すると、コツが掴める!「サウンドチューニング」実践講座 Part2 イコライザー編 その3

カーオーディオの楽しみどころの1つとなり得る「サウンドチューニング」について、その実践方法を解説している当コーナー。まずはライトな機能の使いこなし術を紹介している。今回は前回に引き続き、「5バンドタイプ」の「イコライザー」の操作方法を解説していく。

【ルノー キャプチャー 新型試乗】短い全長に、1800mmを切る横幅。これだけで「合格!」…岩貞るみこ 画像
試乗記

【ルノー キャプチャー 新型試乗】短い全長に、1800mmを切る横幅。これだけで「合格!」…岩貞るみこ

短い全長に、1800mmを切る横幅。これだけで「合格!」と大声で言いたい。全高1590mmは立体駐車場には難があるという声もあるけれど、だからどうした、平地に置こう。

市販ディスプレイオーディオなら、最新のリスニング環境を構築可能!? 「ソースユニット学・入門」第3回 画像
特集記事

市販ディスプレイオーディオなら、最新のリスニング環境を構築可能!? 「ソースユニット学・入門」第3回

カーオーディオシステムの音質を上げたいと思ったとき、そして使い勝手を向上させたいと思ったときには、ソースユニットに何を使うかも問題となる。当特集はそこのところに着目し、最新事情を解説している。今回は市販の“ディスプレイオーディオ”について説明していく。

テスラ「プラッドS+」計画はまだ生きているのか? 謎のモデルSをニュルで激写 画像
スクープ

テスラ「プラッドS+」計画はまだ生きているのか? 謎のモデルSをニュルで激写

テスラ『モデルS』の最強モデル「プラッド(Plaid)」をベースとした謎の開発車両を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。聖地ニュルブルクリンクで走行テストをおこなうこのクルマは、「高性能すぎる」として凍結されたあのモデルなのか…?

【MINI クーパー 新型試乗】手放すとまた乗りたくなるのが『ミニ』である…島崎七生人 画像
試乗記

【MINI クーパー 新型試乗】手放すとまた乗りたくなるのが『ミニ』である…島崎七生人

◆「やっぱりミニの基本は3ドアだよなぁ」 ◆2度目のマイナーチェンジのポイントは ◆クラシックミニ時代のあの趣も

Pro Shop インストール・レビュー スバル インプレッサ(オーナー:鳴神優輔さん) by サウンドステーション オートステーション K2 後編 画像
特集記事

Pro Shop インストール・レビュー スバル インプレッサ(オーナー:鳴神優輔さん) by サウンドステーション オートステーション K2 後編

数あるスピーカーの中からそのサウンドの惚れ込んで選んだのがDLSのスカンジナビア。コクピットには上質な3ウェイユニットをサウンド&デザイン性を考慮して取り付ける。大阪府のサウンドステーション オートステーション K2が美しい仕上げを実施した。

マツダ CX-5 改良モデルを、発表前にチェックできる特別内見会 全国3か所で 画像
ニュース

マツダ CX-5 改良モデルを、発表前にチェックできる特別内見会 全国3か所で

マツダはCX-5商品改良モデルの発表・発売に先駆け、特別内見会を開催する。マツダの無料会員サービス「CLUB MAZDA」会員の中から抽選で参加できるもので、「横浜会場」「広島会場」「大阪会場」の3箇所でおこなう。

【メルセデスベンツ Cクラス 新型試乗】今風にいうなら“味変”? 走りの新境地を実感した…島崎七生人 画像
試乗記

【メルセデスベンツ Cクラス 新型試乗】今風にいうなら“味変”? 走りの新境地を実感した…島崎七生人

源流の『190』(W201)の誕生から39年、初代『Cクラス』(W202)から数えると今回のモデルで実に5世代目。ほぼ7年ごとにモデルチェンジを重ねてきた『Cクラス』の最新型の実車が日本市場に“上陸”した。

調整機能を得ると、スピーカーの価値が上がる!? スピーカーの性能をさらに引き出す“次の一手”を詳細解説! Part2「メインユニットを刷新!」 画像
特集記事

調整機能を得ると、スピーカーの価値が上がる!? スピーカーの性能をさらに引き出す“次の一手”を詳細解説! Part2「メインユニットを刷新!」

サウンドシステムのバージョンアップの最初の一歩として、「スピーカー交換」を実行済みのドライバーは少なくない。当特集は、そういった方々に向けてお贈りしている。交換したスピーカーの性能をさらに引き出すためのノウハウを、1つ1つ紹介している。

【トヨタ カローラクロス 新型試乗】華美な豪華さはないけれど…竹岡圭 画像
試乗記

【トヨタ カローラクロス 新型試乗】華美な豪華さはないけれど…竹岡圭

オシャレさと走りはピカイチだけど、後部座席が狭く荷物もあまり積めないCH-Rと、AWDも頼もしくなり、オフロード感も増して逞しいけれど、サイズがちょっと大きくなったと言われるRAV4の間に入ったのが、『カローラクロス』なのです。

【レクサス LX 新型】日本発売は2022年初頭、最上位SUVが刷新…4人乗り高級仕様も 画像
ニュース

【レクサス LX 新型】日本発売は2022年初頭、最上位SUVが刷新…4人乗り高級仕様も

レクサス(Lexus)は、フラッグシップSUV新型『LX』をサウジアラビアおよびアラブ首長国連邦で初公開すると同時に、オンラインでも映像を公開した。日本での発売は、2022年初頭を予定している。

プジョー 308 新型、間もなくフランス本国で発売 画像
ニュース

プジョー 308 新型、間もなくフランス本国で発売

◆従来型に対してホイールベースを55mm延長 ◆プジョーブランドの新しいライオンロゴを初装着 ◆「バーチャルiトグル」をセンターディスプレイの横に配置 ◆新開発インフォテインメント「PEUGEOT i-Connect」

『ダイヤトーンサウンドナビ』なら変幻自在に楽しめる!?「外部パワーアンプ」、貴方ならどう使う? Part9 画像
特集記事

『ダイヤトーンサウンドナビ』なら変幻自在に楽しめる!?「外部パワーアンプ」、貴方ならどう使う? Part9

カーオーディオシステムの音質アップを追求していくと、最後は「外部パワーアンプ」に行き着く。当特集では、その理由から活用術、そして選び方までを多角的に解説している。今回は、三菱電機の『ダイヤトーンサウンドナビ』を使う場合について考えていく。

ストラーダ フローティング大画面モデルが進化、「HD美次元マップ」で高画質実現 画像
ニュース

ストラーダ フローティング大画面モデルが進化、「HD美次元マップ」で高画質実現

パナソニックは、幅広い車種に装着可能な大画面を搭載した、カーナビステーション「ストラーダ」フローティング大画面モデル3機種を12月上旬から発売する。

人気の『カローラクロス』、狙うはハイブリッド?ガソリン?おすすめグレードは? 画像
ニュース

人気の『カローラクロス』、狙うはハイブリッド?ガソリン?おすすめグレードは?

今、注目度の高い新型車はトヨタ『カローラクロス』だ。エンジンは直列4気筒1.8リットルのノーマルエンジンとハイブリッドを設定している。駆動方式は前輪駆動の2WDが基本で、ハイブリッドであれば、後輪をモーターで駆動する4WD(E-Four)も選べる。

ホンダ シビック 新型に高性能な「Si」、レーシングプロトタイプの写真…米国で開発中 画像
ニュース

ホンダ シビック 新型に高性能な「Si」、レーシングプロトタイプの写真…米国で開発中

ホンダの米国部門は10月11日、現在開発中の新型『シビックSi』(Honda Civic Si)のレーシングプロトタイプの写真を公開した。

「ステレオ再生」のメカニズムとは? カーオーディオ『用語解説・2021』 Section 5・コントロール関連編 第1回 画像
特集記事

「ステレオ再生」のメカニズムとは? カーオーディオ『用語解説・2021』 Section 5・コントロール関連編 第1回

カーオーディオでは専門用語が使われることが多く、初心者に“分かりづらさ”を感じさせがちだ。当連載は、その“分かりづらさ”の払拭を目指して展開している。今回からは、サウンドコントロールに関連した用語の意味を解説していく。

ゾノトーンの新インターコネクトケーブル「Granster AC-1001」を10月下旬に発売 画像
新製品情報

ゾノトーンの新インターコネクトケーブル「Granster AC-1001」を10月下旬に発売

Zonotone(ゾノトーン)は、インターコネクトケーブルの新ラインナップとして「Granster AC-1001」を10月下旬より発売する。 価格は、1.0mが11,000円(ペア/税込)、1.5mが13,420円(ペア/税込)、2.0mが15,840円(ペア/税込)。

新型『Cクラス』の納期は来年7月? 輸入車が入ってこない事情とその理由 画像
ニュース

新型『Cクラス』の納期は来年7月? 輸入車が入ってこない事情とその理由

新車の納期が全般的に遅れている。それは日本車だけでなく、輸入車にも当てはまる。2021年9月における正規輸入車(海外メーカー車)の登録台数は、前年の9月に比べて約15%減少。国内市場全体では、前年比32%減少している。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 50
  12. 最後
Page 1 of 1,127
page top