カスタマイズ特集記事のニュース記事一覧 | カスタマイズ | Push on! Mycar-life

カスタマイズ カスタマイズ特集記事ニュース記事一覧

サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~ 画像
カスタマイズ特集記事

サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~

1G(ワンジー・イチジー)締めというフレーズを聞いたことはあるだろうか。サスペンションにまつわる作業だが、これだけでハンドリングや乗り心地をグレードアップできる方法だ。

別物に生まれ変わる! エンジンスワップの世界で定番4つ~カスタムHOW TO~ 画像
カスタマイズ特集記事

別物に生まれ変わる! エンジンスワップの世界で定番4つ~カスタムHOW TO~

チューニングで大幅なパワーアップをするには膨大な費用が掛かるし、もともとのエンジンの限界もある。そこで行われるのが異なるエンジンを載せるチューニングだ。

ブレーキシステムの要!? マスターシリンダーとブレーキホースのカスタマイズ~カスタムHOW TO~ 画像
カスタマイズ特集記事

ブレーキシステムの要!? マスターシリンダーとブレーキホースのカスタマイズ~カスタムHOW TO~

多くのクルマで使われているディスクブレーキ。回転するローターにパッドを押し付けて、その摩擦力で速度を落としている。

動を極限まで抑える!? パフォーマンスダンパーと新たなボディ補強の光明~カスタムHOW TO~ 画像
カスタマイズ特集記事

動を極限まで抑える!? パフォーマンスダンパーと新たなボディ補強の光明~カスタムHOW TO~

ボディ補強チューンは昔から人気のカスタマイズのひとつ。ボディがしっかりするとステアリング操作に対する精度が高まるし、乗り心地も良くなる。デメリット少なく、得られるものが多いとさまざまなアプローチのチューニングが行われていた。

【お台場痛車天国2024】約1000台の痛車が大集結、今年は『ホロライブ』などのVtuberが人気 画像
カスタマイズ特集記事

【お台場痛車天国2024】約1000台の痛車が大集結、今年は『ホロライブ』などのVtuberが人気

3月31日、「お台場痛車天国2024」が開催され、約1000台の痛車と痛単車、痛チャリが集まった。今年の展示車両の特徴は、昨年までと比べてVtuberの痛車が多いところ。特に参加者が多かったのは、Vtuberプロダクション『ホロライブ』の痛車だ。

最新こそ最強のサンナナ!レイズ ボルクレーシング『TE37』シリーズの止まらない進化 画像
カスタマイズ特集記事

最新こそ最強のサンナナ!レイズ ボルクレーシング『TE37』シリーズの止まらない進化PR

RAYS(レイズ)を代表する鍛造ブランドである「VOLK RACING(ボルクレーシング)」。中でもブランドを代表する象徴的なモデルとなっているのが「TE37」だ。最新世代の「TE37 SAGA S-Plus」に、待望の19インチモデルが追加された。そんなスポーツホイールの大定番となるTE37…

進化する冷却系! 最新のクルマに求められる冷却対策とは?~カスタムHOW TO~ 画像
カスタマイズ特集記事

進化する冷却系! 最新のクルマに求められる冷却対策とは?~カスタムHOW TO~

エンジン冷却水の熱交換器であるラジエーター。純正のままではチューニングしたりサーキット走行をすると水温が高くなってしまい大容量品に交換することが必須だった。

ブリッツがOBDモニター製品で、レクサス LBXやトヨタ クラウン など5車種の適合と表示内容の確認を公開 画像
カスタマイズ特集記事

ブリッツがOBDモニター製品で、レクサス LBXやトヨタ クラウン など5車種の適合と表示内容の確認を公開

BLITZが販売中のOBDモニター製品「Touch-B.R.A.I.N. PLUS」「FLD METER」および「Touch-LASER用OBDIIアダプター」について、新たに適合と表示内容の確認が公開された。

速度とアングルを追求する! ドリフト競技車両の最新トレンド~カスタムHOW TO~ 画像
カスタマイズ特集記事

速度とアングルを追求する! ドリフト競技車両の最新トレンド~カスタムHOW TO~

意図的にリアタイヤを滑らせて、その角度やライン、煙や迫力などを競うドリフト競技。日本で生まれた自動車競技でいまでは世界的に行われているモータースポーツである。

挑戦と革新!? 直噴エンジンにおけるチューニング技術の進化~カスタムHOW TO~ 画像
カスタマイズ特集記事

挑戦と革新!? 直噴エンジンにおけるチューニング技術の進化~カスタムHOW TO~

チューニングの醍醐味といえばパワーアップチューン。いくつかの種類があるが大まかに分かればECUチューン/補機類チューン/エンジン本体チューンの3つに分かれる。

ボディ補強の進化! 伝統的な方法から革新的なアプローチへの移行~カスタムHOW TO~ 画像
カスタマイズ特集記事

ボディ補強の進化! 伝統的な方法から革新的なアプローチへの移行~カスタムHOW TO~

ボディ補強チューンは昔から人気のカスタマイズのひとつ。ボディがしっかりするとステアリング操作に対する精度が高まるし、乗り心地も良くなる。

エンジンの生命線!? プラグ交換の重要性とは~Weeklyメンテナンス~ 画像
カスタマイズ特集記事

エンジンの生命線!? プラグ交換の重要性とは~Weeklyメンテナンス~

エンジンまわりの部品の中で消耗部品として定期的な交換が必要なのがスパークプラグ(プラグ)だ。近年は長寿命化が進んでいるが、エンジンの健康状態を保つためにはメンテナンスが必要なパーツだ。

バッテリーチューニングで性能アップ!? コスパ重視から本格チューニングまで紹介~カスタムHOW TO~ 画像
カスタマイズ特集記事

バッテリーチューニングで性能アップ!? コスパ重視から本格チューニングまで紹介~カスタムHOW TO~

バッテリーは3年から5年ほどで交換が必要となる消耗品パーツ。それでいて新品にしてもとくにパフォーマンスがアップするわけでもなく、正常な状態に戻るだけではつまらない。ならばバッテリーもチューニングしてしまおう。

一目惚れ続出!誰でも安心して乗れるコンプリートカーCal’s Motor(キャルズモーター)に注目! 画像
ニュース

一目惚れ続出!誰でも安心して乗れるコンプリートカーCal’s Motor(キャルズモーター)に注目!PR

アルパインスタイルが新ブランドであるキャルズモーターを立ち上げた。ラインアップするコンプリートカーは従来のベース車×カスタムではなくオリジナルの車種とするスタンス。

300 vs 70、ランクルカスタムの対決! 時代はラグジュアリーかアグレッシブオフロードか、全18台…東京オートサロン2024 画像
ニュース

300 vs 70、ランクルカスタムの対決! 時代はラグジュアリーかアグレッシブオフロードか、全18台…東京オートサロン2024

今回の東京オートサロン2024でも数多くの出展車両が見られたランドクルーザー。近年のアウトドア/オフ系の人気もあって、ランクルの活躍の範囲がますます広がっているようだ。エアロワークからオフ仕様まで、ランクルカスタムの色々を見ていくこととしよう。

ハイポテンシャルなGRカローラの各社カスタマイズが面白い! 全9台…東京オートサロン2024 画像
カスタマイズ特集記事

ハイポテンシャルなGRカローラの各社カスタマイズが面白い! 全9台…東京オートサロン2024

GRブランドの第4弾として2023年に登場したGRカローラ。5ドアハッチバックのスタイルでスポーツできる車両は、まさに普段使いからサーキット走行までをこなすことができるオールマイティな車両として多くのユーザーに注目される。

勢い止まらない商用車の雄、『プロボックス』カスタム7台!…東京オートサロン2024 画像
ニュース

勢い止まらない商用車の雄、『プロボックス』カスタム7台!…東京オートサロン2024

普段乗用車を愛用しているユーザーにはちょっと意外に思うかも知れないが、カスタムベースとして商用車は人気。中でも手ごろな価格&サイズ感でプロボックスはさまざまなカスタムビルダーが手がけるベースになっている。その手法を見ていくこととしよう。

60プリウス注目のデザイン&エアロワーク14台!カスタムカーファン必見…東京オートサロン2024 画像
カスタマイズ特集記事

60プリウス注目のデザイン&エアロワーク14台!カスタムカーファン必見…東京オートサロン2024

現行型の60系の登場以来、カスタムベースに使われることがさらにヒートアップ中のトヨタ『プリウス』。東京オートサロン2024の会場内でも、独自路線のエアロワークやデザイン処理を加えたデモカーが多数出展。プリウスユーザーには目移りする状況となった。

狙いはハイエース、レイズから17・18インチ鋳造1ピースホイールのニューモデル「HOMURA 2×9-RA」が新発売 画像
カスタマイズ特集記事

狙いはハイエース、レイズから17・18インチ鋳造1ピースホイールのニューモデル「HOMURA 2×9-RA」が新発売

国産ホイールメーカー「RAYS(レイズ)」から、鋳造ホイールのプレミアムブランド・HOMURAにニューモデル「HOMURA 2×9-RA」が新登場。サイズは17・18インチで全6アイテム。税込み価格は58,300~73,700円、販売開始は2024年3月を予定。

カスタムされたデリカミニ、軽ハイトワゴンの進化形として注目を浴びる!…東京オートサロン2024 画像
カスタマイズ特集記事

カスタムされたデリカミニ、軽ハイトワゴンの進化形として注目を浴びる!…東京オートサロン2024

昨年登場した三菱デリカミニ。SUVやオフロードモデルがもてはやされるトレンドを受けて、軽ハイトワゴンに投入されたオフ系イメージのモデルとなった。東京オートサロン2024には数多くのカスタム車両が登場し、そのカスタムポテンシャルを示した。

純正タイヤを変えなくても高次元のスタイリングへ!? 新型プリウスを格上げするレイズのホイールが登場 画像
カスタマイズ特集記事

純正タイヤを変えなくても高次元のスタイリングへ!? 新型プリウスを格上げするレイズのホイールが登場PR

今回はレイズが新型トヨタ『プリウス』に提案する2モデルを紹介。新型プリウスに推す理由にその絶妙なサイズ設定だ。「HOMURA 2X7FT SPORT EDITION」は19×7.0J In +38。「VMF C-01 PRIUS EDITION」は19×7.0J In +40。このサイズに設定されたのには、元々装着されている純…

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
page top