カーオーディオ情報のPush on! Mycar-life

注目の記事

HOT TOPICS

特集記事

カーオーディオリンク

特集記事

もっと見る

特集記事特集をもっと見る

自動車

もっと見る

自動車特集をもっと見る

@@みた!

もっと見る

@@みた!特集をもっと見る

最新ニュース一覧

もっと見る
car audio newcomer! トヨタ ランドクルーザー・プラド(オーナー:片桐祐介さん) by サウンドステーション SUBLIME 前編 画像
カーオーディオ

car audio newcomer! トヨタ ランドクルーザー・プラド(オーナー:片桐祐介さん) by サウンドステーション SUBLIME 前編

はじめてプロショップでオーディオを取り付けたオーナーを紹介するこのコーナー。今回は群馬県のサウンドステーション SUBLIMEに行って70プラドのスピーカー交換を実施した片桐さんが登場。打ち合わせが進むとプロショップの技術を実感することになる。

【ホンダ N-WGN 新型試乗】軽自動車のベーシックは変わった…中村孝仁 画像
自動車

【ホンダ N-WGN 新型試乗】軽自動車のベーシックは変わった…中村孝仁

◆現代の軽自動車のベーシックとは ◆小型車を超えた乗り心地 ◆十分にファーストカーとしての役割を果たせる

カーオーディオ・インストレーション百科 Part1「スピーカー」編 その7・“デッドニング”のメニュー解説 l 画像
カーオーディオ

カーオーディオ・インストレーション百科 Part1「スピーカー」編 その7・“デッドニング”のメニュー解説 l

カーオーディオ製品を取り付ける際のセオリーやコツのあれこれを解説している当コーナー。まずは「スピーカー」のインストールに関係した項目についての考察をお届けしている。今回からは、“デッドニング”にて行われる具体的な作業内容を紹介していく。

【トヨタ C-HR 改良新型】「ダイナミック」と「上質」、2つのエアロスタイル モデリスタが用意 画像
自動車

【トヨタ C-HR 改良新型】「ダイナミック」と「上質」、2つのエアロスタイル モデリスタが用意

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、『C-HR』改良新型の発表にあわせ、モデリスタブランドのカスタマイズパーツをラインアップし、全国のトヨタ車両販売店、モデリスタ店を通じて発売した。

ハイレベルな東北の戦い!イーストジャパンサウンドコンテストレポート 画像
カーオーディオ

ハイレベルな東北の戦い!イーストジャパンサウンドコンテストレポート

9月29日(日)に岩手県一関市にある“花と泉の公園”で開催されたイーストジャパンサウンドコンテストは今年で2回目を迎えた。第1回も非常にレベルの高いクルマが集まっていたが、今年は更にハイレベルなクルマが数多くエントリーしていた。

カスタムコンプリート『GRスープラ3000GTコンセプト』、TRDが世界初公開へ…SEMA 2019 画像
自動車

カスタムコンプリート『GRスープラ3000GTコンセプト』、TRDが世界初公開へ…SEMA 2019

トヨタカスタマイジングディベロップメントは、11月5日から8日までラスベガスで開催される「SEMA SHOW」の北米トヨタブースにて、カスタマイズコンプリートカー「GRスープラ3000GTコンセプトを世界初公開する。

3モーターのテスラ モデルS、最強のプロト車両がニュル降臨…巨大ディフューザーに注目 画像
自動車

3モーターのテスラ モデルS、最強のプロト車両がニュル降臨…巨大ディフューザーに注目

テスラは9月、『モデルS』の高性能モデルにより、ニュルブルクリンクでポルシェ『タイカン』の4ドアEVセダン最速レコードに挑んだばかり。その市販型となる車両を、カメラが初めて捉えた。

フロントスピーカーの“セッティング術”、大研究!! 第2回「ツイーターをカスタムインストール!」 画像
カーオーディオ

フロントスピーカーの“セッティング術”、大研究!! 第2回「ツイーターをカスタムインストール!」

好みの音を得るためには、「スピーカーに何を使うか」が問題となる。しかしカーオーディオでは、それだけではサウンドの最終型は決定されない。セッティング次第で完成度は変わってくる。またそれを見直すことで、後から完成度を上げることも可能となる。

【マツダ3 新型試乗】見た目とは裏腹に、走り出すと扱いやすいのが隠れた美点…森口将之 画像
自動車

【マツダ3 新型試乗】見た目とは裏腹に、走り出すと扱いやすいのが隠れた美点…森口将之

このデザインは今回のマシーングレーメタリックや、ポリメタルグレーメタリックのような色のほうが、凄さが伝わりやすいのではないかと思った。彩度がほとんどない分、独特の陰影をはっきり感じることができるから。モノクロで撮っても映えそうだ。

【トヨタ カローラ 新型試乗】開発陣は内心“したり顔”に違いない…岡本幸一郎 画像
自動車

【トヨタ カローラ 新型試乗】開発陣は内心“したり顔”に違いない…岡本幸一郎

1年あまり前に出た『カローラスポーツ』の出来もよかったので、今回のセダンとツーリングも悪いはずはないとは思ってはいたものの、その完成度は予想を超えていた。

【トヨタ ヤリス 新型】運転支援…自動駐車はスペースも自動認識[動画] 画像
自動車

【トヨタ ヤリス 新型】運転支援…自動駐車はスペースも自動認識[動画]

トヨタ自動車が12月に発表予定のBセグメントサブコンパクト『ヴィッツ』改め『ヤリス』。今日ではエントリークラスのモデルでも安全・運転支援システムの標準装備化や高機能化を巡り、各社が激しいつばぜり合いを演じている。

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! CADILLAC ESCALADE(オーナー・戸叶 亘さん) by lc sound factory 後編 画像
カーオーディオ

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! CADILLAC ESCALADE(オーナー・戸叶 亘さん) by lc sound factory 後編

ラゲッジに6台のパワーアンプをインストールした戸叶さんのエスカレード。キャビン側にもラゲッジ同様、アルミをアクセントに使ったデザインを実施。栃木県のlc sound factoryが持てるデザインセンスを注ぎ込んで作り上げた渾身のカスタムが完成した。

【マツダ2 改良新型】車名変更で新たなスタート…プロアクティブSパッケージ・SKYACTIV-G[詳細画像] 画像
自動車

【マツダ2 改良新型】車名変更で新たなスタート…プロアクティブSパッケージ・SKYACTIV-G[詳細画像]

グローバル市場を見据えたマツダブランドの刷新につき、5ドアハッチバック『デミオ』は『MAZDA2(マツダ2)』に車名変更しマイナーチェンジを受けた。「日常を豊かにする上質なパーソナルカー」をテーマに開発が進められたマツダのエントリーモデルである。

シトロエンの新型MPV『ベルランゴ』、特別仕様車を先行発売へ 価格325万円 画像
自動車

シトロエンの新型MPV『ベルランゴ』、特別仕様車を先行発売へ 価格325万円

プジョー・シトロエン・ジャポンは、シトロエンの新型MPV『ベルランゴ』に特別仕様車「デビューエディション」を設定、10月19日9時よりオンライン予約注文申込の受付を開始する。

【ホンダ フリード 改良新型】表情刷新、クロスオーバースタイルの新グレードも追加 価格199万7600円より 画像
自動車

【ホンダ フリード 改良新型】表情刷新、クロスオーバースタイルの新グレードも追加 価格199万7600円より

ホンダは、コンパクトミニバン『フリード』『フリード+』の内外装デザインを刷新するとともに、クロスオーバースタイルの新グレード「クロスター」を追加し、10月18日より発売する。

【トヨタ カローラ 新型試乗】もはや「大衆車」なんて死語は当てはまらない…中村孝仁 画像
自動車

【トヨタ カローラ 新型試乗】もはや「大衆車」なんて死語は当てはまらない…中村孝仁

◆ようやく登場した本命 ◆日々進化するTNGAプラットフォーム ◆「脱・大衆車」化した自動車界の巨人

フラッグシップを知ればブランドの魅力が見えてくる!! トップエンドモデル大研究! 第4回「ヴァイブオーディオ」編 画像
カーオーディオ

フラッグシップを知ればブランドの魅力が見えてくる!! トップエンドモデル大研究! 第4回「ヴァイブオーディオ」編

人気カーオーディオブランド各社の特長や魅力を浮き彫りにすべく、“フラッグシップモデル”研究を実行している。“旗艦機”には各社の持てる技術と思想がたっぷりと注入されている。ゆえにその特長を検証することで、各メーカーごとの強みが見えてくるのだ。

BMW 2シリーズ グランクーペ に頂点、「M235i」…2.0ターボは306馬力 画像
自動車

BMW 2シリーズ グランクーペ に頂点、「M235i」…2.0ターボは306馬力

◆0~100km/h加速4.9 秒 ◆BMWパフォーマンスコントロール ◆スポーティな専用外装

【トヨタ C-HR 改良新型】ワイドスタンス強調でスタイリッシュに進化、GRスポーツも新規設定 画像
自動車

【トヨタ C-HR 改良新型】ワイドスタンス強調でスタイリッシュに進化、GRスポーツも新規設定

トヨタ自動車は、コンパクトSUV『C-HR』をマイナーチェンジするとともに、新たに「GRスポーツ」を設定し、10月18日より販売を開始した。

ボルボ V40 最終モデル「クラシック」で長距離試乗…シンプルで素直な“味”は色褪せない 画像
自動車

ボルボ V40 最終モデル「クラシック」で長距離試乗…シンプルで素直な“味”は色褪せない

◆最後のボルボ V40を味わう。 ◆「そっと体全体を包み込んでくれているような安心感」 ◆V40は緑のにおいがよく似合う。

もっと見る

page top