カーオーディオ情報のPush on! Mycar-life

注目の記事

HOT TOPICS

特集記事

カーオーディオリンク

特集記事

もっと見る

特集記事特集をもっと見る

自動車

もっと見る

自動車特集をもっと見る

@@みた!

もっと見る

@@みた!特集をもっと見る

最新ニュース一覧

もっと見る
ブランド名鑑・2021 第2回「ビーウィズ」編 画像
カーオーディオ

ブランド名鑑・2021 第2回「ビーウィズ」編

世界各国の有名カーオーディオブランドの中から特に注目したい気鋭のメーカーをピックアップし、それぞれの特色を浮き彫りにしようと試みている当シリーズ連載。第2回目となる当回では、国産実力ブランド“ビーウィズ”にスポットを当て、同社だからこその魅力を紐解く。

【日産 GT-R50 by イタルデザイン】究極のGT-Rには過去のデザインモチーフも…プロジェクトブランディングマネージャー[インタビュー] 画像
自動車

【日産 GT-R50 by イタルデザイン】究極のGT-Rには過去のデザインモチーフも…プロジェクトブランディングマネージャー[インタビュー]

日産クロッシングに3月31日まで展示している日産『GT-R50 by イタルデザイン(テストカー)』。GT-R生誕50周年と同時にイタリアのカロッツェリア、イタルデザイン創設50周年であることで、日産と協業で作られたモデルである。そこで、担当者に詳細を聞いてみた。

【シトロエン ベルランゴ 新型試乗】カングーではなくベルランゴを選んだ理由…中村孝仁 画像
自動車

【シトロエン ベルランゴ 新型試乗】カングーではなくベルランゴを選んだ理由…中村孝仁

◆カングーにしなかった最大の理由 ◆フィール、シャイン、デビューエディションの違い ◆豪華装備も実に小さな満足感であることに気付く

追求するほど楽しさ倍増! カーオーディオの“こだわりポイント”を大解説 Part1 スピーカー編 その4“取り付け方”にこだわる! 後編 画像
カーオーディオ

追求するほど楽しさ倍増! カーオーディオの“こだわりポイント”を大解説 Part1 スピーカー編 その4“取り付け方”にこだわる! 後編

こだわればこだわるほど面白さが深まっていくカーオーディオ。その“こだわるべきポイント”を1つ1つ掘り下げている当特集。今回は、ツイーター取り付けにおける要所について、じっくりと解説していく。

【レクサス IS 改良新型】マイナーチェンジで鍛え上げた走りとデザイン[詳細画像] 画像
自動車

【レクサス IS 改良新型】マイナーチェンジで鍛え上げた走りとデザイン[詳細画像]

レクサスは11月5日に、コンパクトFRスポーツセダン『IS』を改良し発売。優れた操縦性や乗り心地を鍛え上げ、アグレッシブなデザイン、「Lexus Safety System+」を含む先進安全技術を採用し進化した。

BMW M、初の電動モデルや M5 CS を発表へ 2021年 画像
自動車

BMW M、初の電動モデルや M5 CS を発表へ 2021年

◆M5コンペティションをベースに高性能化を図る「CS」 ◆新型M4カブリオレもスタンバイ ◆BMW M初の電動モデルはi4がベース

アルピーヌ がEV計画、ホットハッチとクロスオーバー… A110 後継もEVに 画像
自動車

アルピーヌ がEV計画、ホットハッチとクロスオーバー… A110 後継もEVに

◆アルピーヌがルノーのスポーツカーの開発を統括 ◆アルピーヌの新型車はルノー日産三菱のEV向け車台を使用 ◆A110後継車はロータスカーズと共同開発されるフルEVに

car audio newcomer!  アキュラ TL(オーナー・林 克典さん) by ZEPT 前編 画像
カーオーディオ

car audio newcomer! アキュラ TL(オーナー・林 克典さん) by ZEPT 前編

インスパイア好きの林さん。念願だった北米仕様のアキュラTLを手に入れ、国内仕様との違いを楽しむ毎日だった。そんなある日、イベントに出かけたオーナーはオーディオ魅了される。早速、北海道のZEPTに出向いてシステムアップの計画をスタートさせる。

【メルセデスベンツ Eクラス 改良新型】デザイン、システムをアップデート、1.5LターボのE200スポーツ[詳細画像] 画像
自動車

【メルセデスベンツ Eクラス 改良新型】デザイン、システムをアップデート、1.5LターボのE200スポーツ[詳細画像]

2016年の新型発表以来、初めての大幅改良となったメルセデスベンツ『Eクラス』。新世代ステアリングホイールを初採用、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」や安全運転支援システムを最新のシステムにアップデート、快適性をさらに向上しデザインを一新した。

【ダイハツ ムーヴカスタム 3300km試乗】トールワゴンはスーパーハイトの下位互換なのか?[後編] 画像
自動車

【ダイハツ ムーヴカスタム 3300km試乗】トールワゴンはスーパーハイトの下位互換なのか?[後編]

前編ではシャシー、ADAS(運転支援システム)などについて述べた。後編ではまず、ムーヴカスタムをある程度長い期間使ってみての生活への溶け込み感、およびトールワゴンの存在価値についての考察から始めたい。

今さら訊けない“カーオーディオ”の素朴な疑問 Part6「サブウーファー編」その1「サブウーファーって何?」 画像
カーオーディオ

今さら訊けない“カーオーディオ”の素朴な疑問 Part6「サブウーファー編」その1「サブウーファーって何?」

カーオーディオの“分かりづらい部分”の1つ1つに着目し、それらについて解説している当特集。今回からは、「サブウーファー」をテーマに据えてお贈りする。まず当回では「サブウーファー」とは何なのかを明らかにしながら、これが必要となる理由までを説明していく。

【ソニー VISION-S まとめ】CESから市販まで、道のりは見えたか…デザインや自動運転、試乗記 画像
自動車

【ソニー VISION-S まとめ】CESから市販まで、道のりは見えたか…デザインや自動運転、試乗記

昨年の「CES 2020」で公表され大きな話題を集めたソニーのモビリティやセンサー技術を結集したコンセプトEVモデル『VISION-S』。LiDARセンサーを始め計33ものセンサーを活用し自動運転技術やエンタメ機能も充実している

【三菱 エクリプスクロス PHEV 新型試乗】迫力のマスクは、デリカD:5が成功した証…九島辰也 画像
自動車

【三菱 エクリプスクロス PHEV 新型試乗】迫力のマスクは、デリカD:5が成功した証…九島辰也

三菱『エクリプスクロス』にプラグインハイブリッドを意味する「PHEV」が追加された。2.4リットル直4ガソリンエンジンを搭載し、前後のアクスルにひとつずつモーターを取り付けたシステムである。

教えて、プロショップ! カーオーディオの“始め方” Part1「スピーカー交換」の方法論 その3 画像
カーオーディオ

教えて、プロショップ! カーオーディオの“始め方” Part1「スピーカー交換」の方法論 その3

「ドライブに音楽は欠かせない」そう思っている方の胸の中には、その音楽をさらに良い音で聴きたいという思いが少なからずあるはずだ。当特集では、そう思ったときのアクションの仕方をレクチャーしている。

キャデラック初のコンパクトSUV『XT4』日本上陸…価格は570万円より 画像
自動車

キャデラック初のコンパクトSUV『XT4』日本上陸…価格は570万円より

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、キャデラック初のコンパクトSUV『XT4』を日本市場に導入、1月16日より販売を開始した。

【DS 3 クロスバックE-TENSE 新型試乗】乗れば居心地よし、走れば「普通」…中村孝仁 画像
自動車

【DS 3 クロスバックE-TENSE 新型試乗】乗れば居心地よし、走れば「普通」…中村孝仁

新しい電気自動車を『E-TENSE(Eテンス)』と名付けたDSオートモビルの根幹を成すフィロソフィーについて、発表会の冒頭にとても熱心に語ってくれた広報氏にまずは感謝!

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN MARCH(オーナー・上田昌功さん) by  BREEZE 画像
カーオーディオ

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN MARCH(オーナー・上田昌功さん) by  BREEZE

愛車のマーチでスポーツ走行を楽しんでいる上田さん。同時に音の良いオーディオにも魅せられインストールを実施。そのために奈良県のBREEZEと相談して軽量なユニット選びや取り付け位置を厳選。高い走行性能と高音質を両立したクルマが完成した。

キャデラック、新型ミドルセダン『CT5』を日本市場に導入…価格は560万円より 画像
自動車

キャデラック、新型ミドルセダン『CT5』を日本市場に導入…価格は560万円より

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、キャデラックの新型ミドルセダン『CT5』を日本市場に導入、1月16日より販売を開始する。

ブリッツの“やりすぎない”GRヤリスに注目! 新型レヴォーグも足回りから開発がスタート 画像
自動車

ブリッツの“やりすぎない”GRヤリスに注目! 新型レヴォーグも足回りから開発がスタート

スポーティなトヨタ『GRヤリス』をベースに、足まわり&吸排気系のチューニングを施したブリッツ。開発中のパーツ群も含めた現時点でのアップデートバージョンが完成したので取材に出かけた。ヘビーになりすぎないメニューが現実的なブリッツの最新仕様を見てみよう。

【プジョー 2008 新型試乗】GTラインとアリュールを比較、どこを取っても破綻なし…中村孝仁 画像
自動車

【プジョー 2008 新型試乗】GTラインとアリュールを比較、どこを取っても破綻なし…中村孝仁

プジョー『SUV 2008』が、ぐっと都会派になって戻ってきた。以前のモデルは個人的にSW(ステーションワゴン)の市場を引き継ぐものだから、SUVってのはどうよ?と思っていた。そんな空気を察したのか、メーカーは新たに4ケタの数字の前にわざわざSUVと付けた。

もっと見る

page top