アクセスランキング | Push on! Mycar-life

ニュースアクセスランキング

デイリーランキング1〜10位

  1. 【VW e-ゴルフ 試乗】リーフとの価格差をはねのける魅力はあるか…丸山誠 画像
    1

    【VW e-ゴルフ 試乗】リーフとの価格差をはねのける魅力はあるか…丸山誠

    自動車

    プロトタイプの電気自動車「ブルーeモーション」の試乗から年月が過ぎ、ようやく市販されるEVの『e-ゴルフ』に試乗することができた。

  2. 日本レースクイーン大賞、2017年度グランプリは阿久津真央さん…東京オートサロン2018で授賞式 画像
    2

    日本レースクイーン大賞、2017年度グランプリは阿久津真央さん…東京オートサロン2018で授賞式

    自動車

    東京オートサロン2018が開催されている幕張メッセで13日、2017年度の日本レースクイーン大賞授賞式が行われ、グランプリは阿久津真央さんが獲得。人気No.1レースクイーンに選ばれた。

  3. ロメオ フェラーリス最新モデル!豪華すぎるアバルト500を初公開 画像
    3

    ロメオ フェラーリス最新モデル!豪華すぎるアバルト500を初公開

    自動車

    イタリアのミラノを拠点とする名門チューニングメーカー「ロメオ フェラーリス」は、フィアット『アバルト500』をベースにした豪華モデル『Cinquone Qatar』(チンクオーネ・カタール)を初公開した。

  4. カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! DAIHATSU COPEN(オーナー・柴田一輝さん) by AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 後編 画像
    4

    カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! DAIHATSU COPEN(オーナー・柴田一輝さん) by AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 後編

    カーオーディオ

    ルーフ格納を可能にしたアイデア満載のトランクカスタムを施した柴田さんのコペン。北海道のAUDIO.VISUAL.SECURITY FISTがインストールしたこのクルマは、トランクルームのみならずコクピットまわりにも工夫いっぱいのカスタムが施され完成度は高い。

  5. 一挙400枚公開!! コンパニオン写真…東京オートサロン2018 画像
    5

    一挙400枚公開!! コンパニオン写真…東京オートサロン2018

    自動車

    世界最大のカスタムカーの祭典として知られる『東京オートサロン2018』が12日からの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催中。

  6. ルノー ルーテシア に「R.S.18」、モチーフは2018年のF1マシン…日本導入予定 画像
    6

    ルノー ルーテシア に「R.S.18」、モチーフは2018年のF1マシン…日本導入予定

    自動車

    ルノーは1月11日、『クリオ』(日本名:『ルーテシア』)に、限定モデルの「R.S.18」を設定すると発表した。

  7. “サブウーファー”を導入すれば、カーオーディオはもっと楽しくなる! そのノウハウのすべてを大公開! パート1 “サブウーファー”が必要な理由 画像
    7

    “サブウーファー”を導入すれば、カーオーディオはもっと楽しくなる! そのノウハウのすべてを大公開! パート1 “サブウーファー”が必要な理由

    カーオーディオ

    “サブウーファー”は、カーオーディオにおけるキーユニットの1つだ。その攻略法を、これから4回にわたって掘り下げていく。第1回目となる今回は、“サブウーファー”が必要である理由を、じっくりと解説していく。

  8. BMW X2、市販モデルようやくお披露目…デトロイトモーターショー2018詳細画像 画像
    8

    BMW X2、市販モデルようやくお披露目…デトロイトモーターショー2018詳細画像

    自動車

    BMW『X2』は2016年秋、パリモーターショー2016に出品された『コンセプトX2』の市販版。BMWのSUV、「SAV」(スポーツ・アクティビティ・ビークル)のラインナップにおいて、『X1』と『X3』の間を埋めるモデルとなる。

  9. 「彼女とドライブデートなう」が体験できるクラリオンブース…東京オートサロン2018 画像
    9

    「彼女とドライブデートなう」が体験できるクラリオンブース…東京オートサロン2018

    自動車

    ちょっと前にSNSで流行った「#彼女とドライブデートなう」。そんな体験が実際にできるのが、東京オートサロン2018のクラリオンブースだ。

  10. Y字スポークに秘められたレーシングテクノロジー…レイズ VOLK RACING TE037 G16 画像
    10

    Y字スポークに秘められたレーシングテクノロジー…レイズ VOLK RACING TE037 G16

    カーオーディオ

    国内レーシングシーンのトップブランドであるVOLK RACING。東京オートサロン2018で展示していた新製品「TE037 G16」には設計時から同社のレーシングテクノロジーが投入されている。メーカーであるレイズ 営業本部 執行役員 山口浩司氏にブースで話を聞くことができた。

デイリーランキング11〜20位

  1. 【カーオーディオ “取り付け”至上主義!】第4章 ユニットサブウーファー導入編 その2 画像
    11

    【カーオーディオ “取り付け”至上主義!】第4章 ユニットサブウーファー導入編 その2

    カーオーディオ

    カーオーディオユニットの取り付けにはいろいろなノウハウが存在している。それらを踏まえての確実な作業が実行できるか否かで、最終的なサウンドの仕上がりが良くも悪くもなる。当コーナーでは毎回、それらノウハウの1つ1つを、掘り下げて解説している。

  2. 【岩貞るみこの人道車医】「モンスター歩行者」増える日本の道路事情を考える 画像
    12

    【岩貞るみこの人道車医】「モンスター歩行者」増える日本の道路事情を考える

    自動車

    日本は歩行者事故の多い国だ。欧米をはじめとする先進各国と比べても断トツで多く、自動運転技術の世界会議でも「歩行者系は日本にまかせるからさー。うまくできたら世界に展開してくれない?(もちろん意訳)」という声が聞こえてくるほどだ。

  3. アルピーヌ の日本投入は2018年後半を予定、2020年には1万台も…ルノー・ジャポン社長[インタビュー] 画像
    13

    アルピーヌ の日本投入は2018年後半を予定、2020年には1万台も…ルノー・ジャポン社長[インタビュー]

    自動車

    ルノー・ジャポンは2017年1~12月の新車登録台数が7000台を突破し7121台(JAIA調べ)となったことを発表。前年同比134.3%増(5304台)となり、8年連続前年比増となった。そこで、東京オートサロン2018に訪れた同社代表取締役社長の大極司氏に話を聞いた。

  4. 【carrozzeria TS-V172/WH-1000A】バリューをプロショップに訊く! #9: カーファイ(神奈川県) 画像
    14

    【carrozzeria TS-V172/WH-1000A】バリューをプロショップに訊く! #9: カーファイ(神奈川県)

    カーオーディオ

    カロッツェリアのカスタムフィットスピーカー・新Vシリーズ、そしてHVT方式採用のパワードサブウーファー・TS-WH1000Aの実力を、プロショップへのインタビューで探ってきた当企画。

  5. 【イクリプス「録ナビ」】ドライブの思い出も、万一のアクシデントも記録…ドラレコ機能内蔵AVN 画像
    15

    【イクリプス「録ナビ」】ドライブの思い出も、万一のアクシデントも記録…ドラレコ機能内蔵AVN

    自動車

    イクリプスから登場したドラレコ機能付きナビ「AVN-D7W」のインプレッション

  6. カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! VW GOLF(オーナー・森瀬寛士さん) by AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 前編 画像
    16

    カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! VW GOLF(オーナー・森瀬寛士さん) by AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 前編

    カーオーディオ

    DIY取り付けなどで満足いかずに、もっと良い音&取り付けを目指してオーナーの森瀬さんがたどり着いたのが北海道のプロショップであるAUDIO.VISUAL.SECURITY FISTだった。

  7. “音が良い”って素晴らしい!『スピーカー交換」のススメ! 第3回「グレード解説」 画像
    17

    “音が良い”って素晴らしい!『スピーカー交換」のススメ! 第3回「グレード解説」

    カーオーディオ

    純正スピーカーの音に不満を抱きながらも、「スピーカー交換」に踏み出せないでいる方々に向けて、それを強力におすすめする短期集中連載をお贈りしている。今回はその3回目として、市販スピーカーのグレード解説をお伝えしていく。

  8. 【カーオーディオ “取り付け”至上主義!】第6章 外部パワーアンプ編 その2「設置場所について」 画像
    18

    【カーオーディオ “取り付け”至上主義!】第6章 外部パワーアンプ編 その2「設置場所について」

    カーオーディオ

    カーオーディオ製品の取り付け作業には、実行すべきセオリーや分かっておくべきノウハウが多々存在している。それらを知っていただきながら、カーオーディオの奥深さもご理解いただこうと当連載をお贈りしている。現在のテーマは「パワーアンプ」。その第2回目をお送りする。

  9. 死亡ひき逃げ事件、無免許運転の常習者に実刑判決 画像
    19

    死亡ひき逃げ事件、無免許運転の常習者に実刑判決

    自動車

    今年1月、宮城県仙台市宮城野区内でタクシーと衝突する事故を起こし、巻き添えとなった歩行者を死亡させたとして、ひき逃げなどの罪に問われている25歳の男に対する判決公判が11月30日、仙台地裁で開かれた。裁判所は実刑判決を命じている。

  10. アウディの新旗艦SUV「Q8」、市販型のフルヌード撮影に成功! 画像
    20

    アウディの新旗艦SUV「Q8」、市販型のフルヌード撮影に成功!

    自動車

    アウディの新フラッグシップとして登場する大型SUV『Q8』。その市販型プロトタイプのフルヌードを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

デイリーランキング21〜30位

  1. 21

    BMW 1シリーズ 次期型、初の寒冷地テスト...「M」は直6から直4ターボへ

    自動車

    BMWのコンパクトハッチバック『1シリーズ』の次期型が、極寒のスカンジナビアで初の寒冷気候テストを開始した。フロントマスクは完全にガードされているが、そのデザインに関する最新情報を入手した。

  2. 22

    “音が良い”って素晴らしい!『スピーカー交換」のススメ! 第7回「3ウェイ解説」

    カーオーディオ

    純正スピーカーの音に不満を抱いている方々に、スピーカー交換を強くおすすめする短期集中連載をお届けしている。その第7回目となる今回は、「3ウェイ」をテーマにお贈りする。このメリットから、リーズナブルな実行方法までをじっくりと解説していく。

  3. 23

    “買い”か、“待ち”か…。カーナビ・オプションユニットの最新事情! パート2「ドライブレコーダー」

    カーオーディオ

    AV一体型ナビのオプションパーツの最新事情を分析している。第2回目となる今回は、「ドライブレコーダー」について考えていく。今、急速に普及が進んでいるこのホットなアイテムのナビオプションバージョンは、果たして、“買い”か“待ち”か…。

  4. 24

    トヨタ アバロン 新型、スポーティグレード設定…デトロイトモーターショー2018で発表

    自動車

    トヨタ自動車の米国部門は、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018で初公開した新型『アバロン』に、スポーティグレード「ツーリング」を設定すると発表した。

  5. 25

    GT-R最強決定戦!メルセデス vs 日産の勝者は... 【動画】

    自動車

    日産が誇るスーパーカー『GT-R』と、メルセデスのフラッグシップ2ドアクーペ『AMG GT-R』のドラッグレース対決動画が公開された。

  6. 26

    【プロに聞く】『DIATONE SOUND.NAVI』が他のナビと違うのは、どこなのか。

    カーオーディオ

    2012年に初登場し、昨年には第5世代である『NR-MZ200シリーズ』となった三菱電機の『DIATONE SOUND.NAVI』。当製品は、見た目には普通の“AV一体型ナビ”であるのだが、店頭においての存在感が、他モデルとひと味違っている。

  7. 27

    カーオーディオセオリー講座“ドアの音響学” #3: アウターバッフルとは何だ!?

    カーオーディオ

    今週で3回目となる当コーナー。良い音を獲得するためのカーオーディオ・セオリーについて解説している。

  8. 28

    短期集中連載! カーオーディオ・セオリー講座『ドアの音響学』 #3: アウターバッフルとは何だ!?

    カーオーディオ

    #3: アウターバッフルとは何だ!?今週で3回目となる当コーナー。良い音を獲得するためのカーオーディオ・セオリーについて解説している。『ドアの音響学』と題し、スピーカー取り付けにまつわるあれこれをご紹介しているのだが、今回は『アウターバッフル』にスポットを当ててみる。大阪の実力ショップ、カーオーディオクラブの高橋さんにお話を伺い、先週取り上げた『インナーバッフル』との違い、メリット、構造、などを、詳細に掘り下げる。最初に『アウターバッフル』についての基本的なことから解説していこう。まず、根本的な役割について。先週の記事の中で、“バッフル”についていろいろと解説したが、『アウターバッフル』も“バッフル”の1タイプなので、その部分に関しては同じことがあてはまる。おさらいしておこう。根本的な役割は2つ。「スピーカーを強固に固定すること」、「スピーカーの取り付けスペーサーとなること」、以上の2点だ。その上で、『インナーバッフル』との違いは何なのかをみてみよう。大きな違いは見た目(構造)。『インナーバッフル』では、スピーカーは内張りパネルの内部に位置し、『アウターバッフル』では、スピーカーが内張りパネルとツライチとなる。これが大きな違いだ。それぞれメリットも異なる。“インナー”のメリットは、「コストを低く抑えられる」、「純正の雰囲気を保てる」、以上2点。これに対して“アウター”のメリットは、「音がダイレクトに車室内に届く」。これらが一般的に言われているそれぞれのメリットだ。さらに高橋さんいわく、“アウター”には「カスタムできる」というメリットもあるという。まさにその通りだ。内張りパネルまで加工することが“アウター”の宿命となり、だからこそ、どのように内張りパネルを加工するかという楽しみが生まれる。センスの見せ所にもなるし、取り組み甲斐は大きい。(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)カーオーディオクラブで製作した『アウターバッフル』の例。同店では、バッフル自体はドアの鉄板から立ち上げ、内張りパネルとは別体になっている構造を取ることが多いという。これもその例。内張りパネルと別体、とは言っても、デザイン的な一体感は万全だ。さて、ここからは『アウターバッフル』の音的なメリットについて、さらに掘り下げていきたい。まず、「音がダイレクトに車室内に届く」ことの意味から考えてみよう。『インナーバッフル』の場合、大なり小なりスピーカーから発せられる音が内張りの中に入り込んでしまうが、『アウターバッフル』ではそれがなくなる。先週の記事で書いたように、プロショップでは、『インナーバッフル』の製作において、それを最小限に防ぐための対策を講じてはいる。しかし『アウターバッフル』ならば、そもそもその心配はないのだ。さらなるメリットもある。高橋さんいわく、「大きく作れる」ことが音的に大きなメリット、とのことだ。面積も厚みも、すなわち全体の容積を大きく作れることが、音に対して有利に働くという。具体的に挙げると、以下の3点においてメリットが発生するとのこと。1点目は、奥側の開口部を大きく加工することができ、背圧のコントロールがしやすくなること。2点目は、安定度が増すこと。スピーカーを強固に固定するのに有利になるのだ。そして3点目は、立ち上がり量を大きく取れるので、奥行きのあるスピーカーのインストールも可能になること。製作は大がかりになるが、音に対して良いことずくめ。強いて不安点を上げれば、加工が大変(工賃がかかる)ことと、スピーカーが向き出しになるので、足で蹴ってしまう心配がでてくる、ということくらいだろう。後者に関しては、グリルを付けるなどして対策を講じれば心配は相当に軽減されるのだが。(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)こちらも、カーオーディオクラブ製作の『アウターバッフル』のいろいろ。それぞれ、内張りパネルとは別体になっている仕様だ。どれもベース部分の大きさを十分に取って作られていることが分かる。それぞれ、強固な固定と背圧コントロール、この2点に十分配慮されて製作されている。最後に、『アウターバッフル』のタイプについても触れておきたい。ひと口に“アウター”とは言っても、製作方法はいろいろだ。大きく分けると2つになる。1つ目は、“インナー”から立ち上げて“アウター”化し、内張りパネルとは別体になっているタイプ。内張りをドアから外すと、スピーカーはドアに残ることになる。もう1つは、内張りパネルと“アウター”部分が一体化しているタイプ。このタイプはさらに以下の2種類に分けられる。鉄板から“インナー”を半分ほど立ち上げて、内張りをドアに戻すときに“インナー”と“アウター”を合体させるタイプと、鉄板から立ち上がる部分まですべてが内張りパネルと一体になっているタイプ、以上の2つだ。これらはそれぞれのショップが、その都度意図を持って作り分けている。デザインの問題や、内部の構造上の問題など、いろいろな要素が加味されて構造が決定される。なので一概に、どのタイプが音に有利であるかは言えない。ただ、内張りと別体になっているタイプには、スピーカーの発生する振動が内張りに伝わりにくい、というメリットはあるようだ。さて、『アウターバッフル』とは何なのか理解していただけただろうか。ドアの内張りパネルを加工したくない、ということなら“アウター”化はNGだが、音にとって有利な形にしたいとなれば、“インナー”より“アウター”のほうに分があることは間違いない。カーオーディオを楽しむなら、いつかは『アウターバッフル』に挑戦してほしい。新たな感動を味わえるはずだ。

  9. 29

    【カーライフよろず知恵袋】FMでAM放送!? 「ワイドFM」の楽しみ方 教えます! その5 「対応オーディオについて」

    カーオーディオ

    カーライフに役立つ情報を全方位的にお届けしている当コーナー。今月は「ワイドFM」についてのあれこれを解説してきた。最終回となる当回は、対応オーディオについてお伝えする。対応の状況と、機器の選び方のポイントを、端的に解説していく。

  10. 30

    トヨタ ヴェルファイア 改良新型…“ワル顔”押し出し感さらにアップ[写真蔵]

    自動車

    トヨタ自動車は、高級ミニバン『ヴェルファイア』と『アルファード』をマイナーチェンジし、2018年1月8日に発売した。今回は改良新型ヴェルファイアを、多数の写真とともに紹介する。

page top