アクセスランキング | Push on! Mycar-life

ニュースアクセスランキング

デイリーランキング1〜10位

  1. 【ホンダ フィット 試乗】ご自慢の低床は一体、誰のためなのか?…岩貞るみこ 画像
    1

    【ホンダ フィット 試乗】ご自慢の低床は一体、誰のためなのか?…岩貞るみこ

    自動車

    どんなにかっこいい人でも、一つ嫌いなことがあると、急に冷めちゃうことってないだろうか。マイナーチェンジした『フィット』。ボディ剛性をよくして、乗り心地もアップ。ブレーキを踏んだときの違和感も減った。

  2. car audio newcomer! U-23 トヨタ ハリアー(オーナー:内藤昭仁さん) by LEROY(ルロワ) 前編 画像
    2

    car audio newcomer! U-23 トヨタ ハリアー(オーナー:内藤昭仁さん) by LEROY(ルロワ) 前編

    カーオーディオ

    小さい頃からクルマ好きだった内藤さん。免許が取れる年齢が近づくと当然のように現実的な車種選びがはじまった。しかし、クルマ購入をサポートしてもらっていた愛知県のLEROY(ルロワ)でデモカーを聴いたときから、オーディオ熱が急速に盛り上がっていく。

  3. car audio newcomer! U-23 スズキ ワゴンRスティングレー(オーナー:笠原佑樹さん) by  lc sound factory 後編 画像
    3

    car audio newcomer! U-23 スズキ ワゴンRスティングレー(オーナー:笠原佑樹さん) by  lc sound factory 後編

    カーオーディオ

    愛車のカスタム・クオリティを高めるためオーディオのインストールをはじめた笠原さん。栃木県のlc sound factoryとの出会いから一気にカスタム熱はヒートアップし、3台のパワーアンプを使った他にはない個性的なラゲッジデザインを作り上げた。

  4. 【カーオーディオ】製品選びの“傾向と対策” Part.1「スピーカー編」その4“エントリーグレードの価格分析” 画像
    4

    【カーオーディオ】製品選びの“傾向と対策” Part.1「スピーカー編」その4“エントリーグレードの価格分析”

    カーオーディオ

    カーオーディオに興味をお持ちの方々すべてに向けて、カーオーディオ製品の選び方の傾向と対策をご紹介している。まずは「スピーカー編」と題し、エントリースピーカーについて多角的に検証している。今週は、“価格分析”に踏み込んでいく。

  5. 極限のポルシェ 911ターボS!675馬力&最高速363km/hの「BLUE ARROW」!独チューナーが公開 画像
    5

    極限のポルシェ 911ターボS!675馬力&最高速363km/hの「BLUE ARROW」!独チューナーが公開

    自動車

    高級モデルのチューニングを手掛ける、ドイツのチューナー「Edo Competion」は、ポルシェの高性能モデル『911ターボS』の極限カスタムモデル、『BLUE ARROW』を初公開した。

  6. アストンマーティン×ザガート、スピードスターとシューティングブレイクを同時発表 画像
    6

    アストンマーティン×ザガート、スピードスターとシューティングブレイクを同時発表

    自動車

    アストンマーティンは、ザガート社とコラボした高級スポーツカー『ヴァンキッシュ ザガート』シリーズに、『スピードスター』および『シューティングブレイク』を追加すると発表した。

  7. 音のプロが勧める「最新カーナビパッケージ」はこれだ! 画像
    7

    音のプロが勧める「最新カーナビパッケージ」はこれだ!

    カーオーディオ

    数年前までカーナビに音の良さを求めるなんて考えられなかった。それが今やカーナビでも音の良さを語れるまでになってきている。ただ、カーナビを良い音で聴くには一筋縄でいかないのも事実だ。「音の良いカーナビ」をフル活用するにはどうすべきなのかを考えてみた。

  8. オーディオテクニカからハイレゾ音源まで余さず再現する車載用コアキシャルデジタルケーブル発売 画像
    8

    オーディオテクニカからハイレゾ音源まで余さず再現する車載用コアキシャルデジタルケーブル発売

    カーオーディオ

    ハイレゾ音源まで余さず再現する車載用コアキシャルデジタルケーブル『AT-RS95/6.0 』『AT-RS95/4.0 』『AT-RS95/2.0』を、「Real Stage(リアルステージ)」シリーズとして4月8日(金)に発売される。

  9. 【ナビを最新モデルに換えてみた!】2世代違うだけで、使い心地の差は歴然… 画像
    9

    【ナビを最新モデルに換えてみた!】2世代違うだけで、使い心地の差は歴然…

    カーオーディオ

    当サイト編集長・藤澤の愛車であり当サイトのデモカーでもある「フォルクスワーゲン・ゴルフ5 ヴァリアント」のカーオーディオシステムが、久方ぶりの進化を果たした。更新されたのは、メインユニット。『DIATONE SOUND.NAVI』の最新モデルへと換装されたのだ。

  10. 【高級オイル入れてみた!】総額2万円弱。高級エンジンオイルの性能は体感出来るのか? 画像
    10

    【高級オイル入れてみた!】総額2万円弱。高級エンジンオイルの性能は体感出来るのか?

    カーオーディオ

    突如始まった不定期更新『@@みた!』という企画。オーディオはもちろんのこと、クルマのこと、面白そうなこと、興味を持ったことにチャレンジする内容。第一弾は普段選ばない高級エンジンオイルを入れてみた! のレポートです。

デイリーランキング11〜20位

  1. 【格安オイル入れてみた!】高級オイルから格安オイル。その違いは出るのか? 実体験 画像
    11

    【格安オイル入れてみた!】高級オイルから格安オイル。その違いは出るのか? 実体験

    カーオーディオ

    昨年の11月、意を決して普段入れないような総額2万円弱の高級エンジンオイルを入れてみて、その効果を身をもって実感してみた。エンジンのスムーズさは当然の事、やはり高いオイルを入れているから大丈夫! という安心感は非常に大きかった。

  2. Monster Car Audio 待望のニューモデル MCA450i、MCA350iシリーズRCAオーディオケーブル発売! 画像
    12

    Monster Car Audio 待望のニューモデル MCA450i、MCA350iシリーズRCAオーディオケーブル発売!

    カーオーディオ

    信頼のモンスターカーオーディオブランドから待望のハイグレードクラス「MCA 450i」シリーズとミドルクラス「MCA 350i」シリーズが登場!! 前モデルMPC400シリーズ、MPC300シリーズからRCAプラグのデザイン及び構造を大幅にリファイン。端子部と先導体の接合部を強化し、扱いやすさとタフネスさを大幅にグレードアップさせている。さらに、“3ウェイタイムコレクト構造(MCA450i)”や “2 ウェイタイムコレクト構造(MCA350i)”を始め、高音質に直結する様々な特許技術はそのまま継承 !! 艶やかでリアルなサウンドはもちろん、音楽の繊細なディテールまでも忠実に描ききるRCAオーディオケーブルの真打ち登場だ。そしてこのケーブルの試聴テストも完了していて来週からMycar-lifeで特集を組むので要チェック!

  3. 【DIATONE DS-G20】実力はいかに!?プロショップに訊く! #4: PIT TWO 画像
    13

    【DIATONE DS-G20】実力はいかに!?プロショップに訊く! #4: PIT TWO

    カーオーディオ

    ウワサのダイヤトーンの新スピーカー、DS-G20について、各地の有力ショップに取材! 

  4. 車内の音を良くするために「チューニング機能」を導入せよ! Part.5「クラリオンFDS導入作戦」 画像
    14

    車内の音を良くするために「チューニング機能」を導入せよ! Part.5「クラリオンFDS導入作戦」

    カーオーディオ

    カーオーディオの音を良くするためには、音の質を上げることと同時に、“ステレオイメージ”を向上させる必要もある。それを成し遂げようと思えば、「サウンドチューニング機能」が不可欠。というわけで、その機能を車内に導入する具体的な方法を解説している。

  5. クルマを楽しむ本格イベント::カスタムパーティー2014レポート #3 画像
    15

    クルマを楽しむ本格イベント::カスタムパーティー2014レポート #3

    カーオーディオ

    #3: その3TOYOTA アルファード トリス エイイチさん by サウンドステーション AV Kansai 堺店(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)大阪府のAVカンサイからエントリーした鳥巣さんのアルファードは、先に行われるパイオニアカーサウンドコンテストを見据えて製作されたクルマ。ソースユニットはcarrozzeria X RS-D7Xlll+RS-P99X、RSスピーカー3way+サブウーファーをRS-A09X4機でドライブするフルパイオニアシステム。ミッドバスは緻密な設計で容量を確保したエンクロージャーに収められている。とにかく早い、これが第一印象。反応の良さが非常に際立っている。難易度の高い車室内の広さも活かしきったステージングは聴き惚れる。ここからどういったエッセンスが加えられて完成するのか、非常に楽しみなクルマであった。ページ先頭にもどるTOYOTA ハリアー カセ トシアキさん by サウンドステーション クァンタム(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)茨城県の有名店クァンタムからエントリーした加瀬さんのハリアー。ソースユニットは定番のcarrozzeria DEH-P01を選び精細なコントロールを行っている。スピーカーはcarrozzeria PRSシリーズの3wayをミッドバスのみインナーで取り付けている。ラゲッジには箱載せでTS-W1000RS、駆動するパワーアンプは助手席下にD700が置かれている。試聴して顔を動かしてもぶれない定位はお店の高い技術力。広いステージを正確に表現している。優れたトーンバランスで理路整然と整えられ非常に安心感があるサウンドに仕上がっている。今後ミッドバスをアウター化することで大きく成長するであろうと可能性を感じるクルマであった。ページ先頭にもどるNISSAN ノート ニシオカ テツヤさん by BREEZE(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)奈良県のブリーズからエントリーした西岡さんのノートはオーナーのこだわりが随所に表現されているクルマ。特に目を惹くのはラゲッジでパワーアンプ2機とサブウーファーがフラットに設置されているのだが、黄色にこだわるためにパワーアンプのロゴマークも黄色にする特別仕様。サブウーファー周りのレザーも黄色いステッチがダイヤ状に入れられている。選んだスピーカーは黄色いフォーカルの2way。ミッドバスはインナーなのだが、音抜けを良くするために加工が施されている。柔らかく暖かみのある音調で聴く人を優しい気持ちにさせてくれるサウンド。心地よい、その言葉がしっくりと来るクルマであった。ページ先頭にもどるTOYOTA マークX タナカ ヒロキさん by サウンドステーション AVカンサイ神戸店(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)兵庫県のAVカンサイ神戸店からエントリーした田中さんのマークX。ソースユニットにはcarrozzeria X RS-D7Xlll+RS-P99X、スピーカーにはmorelハイエンドスピーカーであるスプリーモにcarrozzeria TS-S1000RSを組み合わせた3way、サブウーファーにSW-G50を選ぶ。駆動するパワーアンプはcarrozzeria RS-A99Xが2機だ。ありそうで無かった珍しい組み合わせなのだが違和感は全く無い。低域から高域まで繋がりよく高品位なサウンドが奏でられる。組み合わせの妙と高い調整技術が合わさったクルマであった。ページ先頭にもどるMAZDA CX-5 オカダ ヒロノブさん by (サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)岡山県の有名店サウンドマリーナからエントリーした岡田さんのCX-5は車室内の雰囲気を損なわない美しいインストールが印象的。ソースユニットはcarrozzeria X RS-D7Xlll+RS-P99Xのハイエンド定番コンビ、スピーカーには同ブランドの最高峰3way+サブウーファーを使い、RS-A99Xでドライブするハイエンドシステム。ラゲッジもシックなシンメトリーで製作されていて、サブバッテリーも隠されている。雰囲気良く漂う音楽で肩に力を入れずリラックスしながら聴けるサウンドで居心地の良い車室内が作られているクルマであった。ページ先頭にもどる

  6. 【DIATONE NR-MZ60】実力を検証する! #4: インストーラーに訊く! part.1 スーパーオートバックス浜松 画像
    16

    【DIATONE NR-MZ60】実力を検証する! #4: インストーラーに訊く! part.1 スーパーオートバックス浜松

    カーオーディオ

    「DIATONE SOUND.NAVI」のスタンダードモデル、NR-MZ60の実力、可能性を探っている当コーナー。今回は、カーオーディオのプロたちはどう見ているのか、というところに切り込んでいく。そこで、スーパーオートバックス浜松の大塚さんに取材させていただいた。

  7. 『DIATONE SOUND.NAVI』ならではの システム構築術 徹底解説! #4: “簡単プリセット”を使いこなす 画像
    17

    『DIATONE SOUND.NAVI』ならではの システム構築術 徹底解説! #4: “簡単プリセット”を使いこなす

    カーオーディオ

    『DIATONE SOUND.NAVI』で行えるシステム構築術を解説してきた。その最終回となる今回は、「NR-MZ90」に搭載されている“簡単プリセット”について解説していく。同機で“フロント2chシステム”を構築している時の、お役立ちノウハウをご紹介していこうと思うのだ。『DIATONE SOUND.NAVI』を楽しみ尽くしたいと考えているエントリーユーザーの方、必読!

  8. DLS『スカンジナビア』フルモデルチェンジ 進化したスエーデンサウンドをチェック! 画像
    18

    DLS『スカンジナビア』フルモデルチェンジ 進化したスエーデンサウンドをチェック!

    カーオーディオ

    「スーパーナチュラルサウンド」をスローガンに掲げるDLSは、1987年スピーカーメーカーとして創業。スカンジナビア半島、スウェーデンに本拠地を置く。カー用として開発されたユニット類は独自の技術によって高性能、高音質を達成。’90年代から20年以上、EMMAやさまざまなコンテストで優勝、入賞を得ている。またEISA(欧州家電協会)カーオーディオ部門で数々の受賞と、音創り、完成度、信頼性はお墨付きだ。世界のカーオーディオファンから愛され、ハイエンドを望むマニアからも熱い支持を得ている。ラインナップは、スカンジナビアを最上級グレードという位置づけで、アルティメイト、リファレンス、パフォーマンス、Xプログラムやマリーンと価格、サウンド、用途から選ぶことができる。なおスピーカーだけでなく、パワーアンプも豊富で別の機会にご紹介できればと思っている。

  9. “純正スピーカーのまま”、愛車のサウンドを良くする方法とは!? 第2回「“ドア・チューニング”を実施して音質向上!」 画像
    19

    “純正スピーカーのまま”、愛車のサウンドを良くする方法とは!? 第2回「“ドア・チューニング”を実施して音質向上!」

    カーオーディオ

    愛車の音質向上を、“純正スピーカーのままで”に成し遂げる方法をご紹介している。前回は、今備わっているシステムのままで音を良くする、「サウンドチューニング・テクニック」を伝授した。それに引き続き今回は、「ドア・チューニング」について解説していく。

  10. ダイハツ純正オプションスピーカー『DIATONE SOUND SPEAKER』を聴く!  後編 インプレッション・リポート 画像
    20

    ダイハツ純正オプションスピーカー『DIATONE SOUND SPEAKER』を聴く! 後編 インプレッション・リポート

    カーオーディオ

    実力カーオーディオブランド“ダイヤトーン”から、新たなダイハツ純正オプションスピーカーがリリースされた。その名は『DIATONE SOUND SPEAKER』シリーズ。これを搭載したデモカー『コペン』を、試聴取材する機会を得た。

デイリーランキング21〜30位

  1. 21

    コンプリートウーファーBOXの実力を探る! #1: 基礎編

    カーオーディオ

    カーオーディオをステップアップさせようと思った時、“低音強化”はとても有効な作戦の1つだ。そしてそれをお手軽に行おうとするなら、“コンプリートウーファーBOX”がおすすめ。

  2. 22

    DIATONE 『DS-G500』実力・魅力を大検証! プロ・ショップに訊く #10: car audio factory K-sound(広島県)

    カーオーディオ

    注目のダイヤトーン・ニューミドルグレードスピーカー『DS-G500』。その実力・魅力を探るべく、全国の実力インストーラーの方々にお話をお聞きしている当連載も、いよいよ今回で最終回だ。トリを務めてくださるのは、広島県の実力ショップ・Kサウンドの石井さん。石井さんは『DS-G500』をどう評価しているのだろうか…。

  3. 23

    【プロに直撃!】『DIATONE SOUND.NAVI・NR-MZ200シリーズ』は、どう進化しているのか…。<後編>

    カーオーディオ

    2016年、もっとも話題を集めたカーオーディオアイテムの1つである、ハイエンドオーディオ&カーナビゲーションシステム『DIATONE SOUND.NAVI・NR-MZ200シリーズ』。その能力の確かさは、すでに各所で評判となっているのだが…。

  4. 24

    ダイハツ純正オプションスピーカー『DIATONE SOUND SPEAKER』を聴く! 前編 特長解説

    カーオーディオ

    新たなダイハツ純正オプションスピーカー、『DIATONE SOUND SPEAKER』シリーズが登場した。その名のとおり、国産ハイエンド・カーオーディオブランドである“ダイヤトーン”が新開発した、車種専用のスペシャルスピーカーシステムである。

  5. 25

    スマホを簡単にワンタッチホールドするスマホホルダー新発売

    カーオーディオ

    スマホを簡単にワンタッチホールドするスマホホルダー新発売

  6. 26

    カーオーディオセオリー講座“ドアの音響学” #4: エンクロージャーとは何だ!?

    カーオーディオ

    これまで3回にわたって、ドア内部の音響的なコンディションの整え方について、その基本セオリーのいくつかを解説してきた。

  7. 27

    祝・通算開催“100回”達成! 記念大会となった『ACG2017 in 東北』に集った力作車両を、詳細リポート! Part.2

    カーオーディオ

    7月30日に開催された『ACG2017 in 東北』の、イベントリポートの後編をお届けする。通算開催100回目という記念大会となった同会。心配された天候も大崩れすることなく、上々のコンディションの中で盛大に行われた。

  8. 28

    話題のBMW専用スピーカーキット『FOCAL・ES 100 K for BMW』の装着現場に密着! ビフォー/アフターを体験!!

    カーオーディオ

    7月に発表されたばかりのBMW専用スピーカーキット『FOCAL・ES 100 K for BMW』が、BMWオーナーの間で大きな注目を集めている。この話題の製品の実力を探るべく、装着の現場を訪ねた。取り付け作業の実際を見ながら、装着前/後のサウンドの違いを体験してきた。

  9. 29

    カロッツェリア・カーナビで検証! 車内エンタメを充実させる、最新・スマホ連携スタイル!

    カーオーディオ

    スマホをナビに繋げて、ソースユニットとして活用している人は多いだろう。その際に問題となるのが、「カーナビとどう繋げるか」である。どうせならば、使い勝手が良く、高音質な連携方法を選びたいところだ。では、最新カーナビでは、どのような連携方法が可能なのか…。

  10. 30

    【スズキ スイフト RSt 試乗】“スポーツ”と一線画す洗練の走りは「ベストバイ」…島崎七生人

    自動車

    新旧の比較で、全長と全高はそれぞれ10mm小さく(全幅は1695mmをキープ)なった。だからなのか、今までよりずっと饒舌なグラフィックながら“別のクルマになってしまった感”はない。コロンとコンパクトな佇まいが守られていて、ひと安心した次第。

page top