最新ニュース・まとめ(2 ページ目) | Push on! Mycar-life

最新ニュース(2 ページ目)

【三菱 エクリプスクロス PHEV 新型試乗】迫力のマスクは、デリカD:5が成功した証…九島辰也 画像
試乗記

【三菱 エクリプスクロス PHEV 新型試乗】迫力のマスクは、デリカD:5が成功した証…九島辰也

三菱『エクリプスクロス』にプラグインハイブリッドを意味する「PHEV」が追加された。2.4リットル直4ガソリンエンジンを搭載し、前後のアクスルにひとつずつモーターを取り付けたシステムである。

教えて、プロショップ! カーオーディオの“始め方” Part1「スピーカー交換」の方法論 その3 画像
特集記事

教えて、プロショップ! カーオーディオの“始め方” Part1「スピーカー交換」の方法論 その3

「ドライブに音楽は欠かせない」そう思っている方の胸の中には、その音楽をさらに良い音で聴きたいという思いが少なからずあるはずだ。当特集では、そう思ったときのアクションの仕方をレクチャーしている。

キャデラック初のコンパクトSUV『XT4』日本上陸…価格は570万円より 画像
ニュース

キャデラック初のコンパクトSUV『XT4』日本上陸…価格は570万円より

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、キャデラック初のコンパクトSUV『XT4』を日本市場に導入、1月16日より販売を開始した。

【DS 3 クロスバックE-TENSE 新型試乗】乗れば居心地よし、走れば「普通」…中村孝仁 画像
試乗記

【DS 3 クロスバックE-TENSE 新型試乗】乗れば居心地よし、走れば「普通」…中村孝仁

新しい電気自動車を『E-TENSE(Eテンス)』と名付けたDSオートモビルの根幹を成すフィロソフィーについて、発表会の冒頭にとても熱心に語ってくれた広報氏にまずは感謝!

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN MARCH(オーナー・上田昌功さん) by  BREEZE 画像
特集記事

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN MARCH(オーナー・上田昌功さん) by  BREEZE

愛車のマーチでスポーツ走行を楽しんでいる上田さん。同時に音の良いオーディオにも魅せられインストールを実施。そのために奈良県のBREEZEと相談して軽量なユニット選びや取り付け位置を厳選。高い走行性能と高音質を両立したクルマが完成した。

キャデラック、新型ミドルセダン『CT5』を日本市場に導入…価格は560万円より 画像
ニュース

キャデラック、新型ミドルセダン『CT5』を日本市場に導入…価格は560万円より

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、キャデラックの新型ミドルセダン『CT5』を日本市場に導入、1月16日より販売を開始する。

ブリッツの“やりすぎない”GRヤリスに注目! 新型レヴォーグも足回りから開発がスタート 画像
ニュース

ブリッツの“やりすぎない”GRヤリスに注目! 新型レヴォーグも足回りから開発がスタート

スポーティなトヨタ『GRヤリス』をベースに、足まわり&吸排気系のチューニングを施したブリッツ。開発中のパーツ群も含めた現時点でのアップデートバージョンが完成したので取材に出かけた。ヘビーになりすぎないメニューが現実的なブリッツの最新仕様を見てみよう。

【プジョー 2008 新型試乗】GTラインとアリュールを比較、どこを取っても破綻なし…中村孝仁 画像
試乗記

【プジョー 2008 新型試乗】GTラインとアリュールを比較、どこを取っても破綻なし…中村孝仁

プジョー『SUV 2008』が、ぐっと都会派になって戻ってきた。以前のモデルは個人的にSW(ステーションワゴン)の市場を引き継ぐものだから、SUVってのはどうよ?と思っていた。そんな空気を察したのか、メーカーは新たに4ケタの数字の前にわざわざSUVと付けた。

ブランド名鑑・2021 第1回「ダイヤトーン」編 画像
特集記事

ブランド名鑑・2021 第1回「ダイヤトーン」編

あまたある世界中のカーオーディオメーカーの中から特に注目したいブランドについて、それぞれの特色や現行ラインナップを分析する新連載を開始する。第1回目となる当回では、国産人気ブランド“ダイヤトーン”にスポットを当て、その特長や魅力を浮き彫りにしていく。

レイズ ボルクレーシングから、心惹かれる注目の新製品が続々登場!TE37SAGAの最新モデルを筆頭に3モデルをご紹介 画像
ニュース

レイズ ボルクレーシングから、心惹かれる注目の新製品が続々登場!TE37SAGAの最新モデルを筆頭に3モデルをご紹介PR

レイズのボルクレーシングから立て続けにニューモデルが登場。それぞれの開発にはこだわり満載。最新のスポーツモデルの背景やCセグメントの車両との関わりなど、スポーツホイールにまつわる最新事情をボルクレーシングのプロデューサーである山口さんに語っていただいた。

【レクサス IS 新型試乗】影武者のように働くセッティングは「見事」…九島辰也 画像
試乗記

【レクサス IS 新型試乗】影武者のように働くセッティングは「見事」…九島辰也

レクサス『IS』がマイナーチェンジした。言うなればビッグマイナー。キープコンセプトではあるが、ひとつひとつ丁寧に見ていくとかなり手が入っているのがわかる。フルモデルチェンジと言わないのは基本骨格となるプラットフォームは継続されるからだ。

追求するほど楽しさ倍増! カーオーディオの“こだわりポイント”を大解説 Part1 スピーカー編 その4“取り付け方”にこだわる! 前編 画像
特集記事

追求するほど楽しさ倍増! カーオーディオの“こだわりポイント”を大解説 Part1 スピーカー編 その4“取り付け方”にこだわる! 前編

カーオーディオをより深く楽しもうと思うのなら、さまざまな部分に“こだわり”を注ぐべきだ。当特集では、その“こだわりポイント”を個別に掘り下げている。今回は、ミッドウーファーの“取り付け方”に関するポイントを解説していく。

【レクサス RC 改良新型】剛性アップで乗り味進化…RC350 Fスポーツ[詳細画像] 画像
ニュース

【レクサス RC 改良新型】剛性アップで乗り味進化…RC350 Fスポーツ[詳細画像]

レクサスの2ドアスポーツクーペ『RC』が2020年9月に一部改良。改良新型では、新型『IS』とともにレクサス独自の乗り味「Lexus Driving Signature」をより高い次元へと昇華させることを目指し、優れた操縦性や安定性、乗り心地の向上を実現した。

メルセデスベンツ GLB、高性能モデル「AMG GLB35 4マチック」を追加 価格は737万円 画像
ニュース

メルセデスベンツ GLB、高性能モデル「AMG GLB35 4マチック」を追加 価格は737万円

メルセデス・ベンツ日本は、コンパクトSUV『GLBクラス』に高性能モデル「メルセデスAMG GLB35 4マチック」を追加し、1月12日より予約注文の受付を開始した。

今さら訊けない“カーオーディオ”の素朴な疑問 Part5「メインユニット編」その2「純正メインユニットを活かす方法とは?」 画像
特集記事

今さら訊けない“カーオーディオ”の素朴な疑問 Part5「メインユニット編」その2「純正メインユニットを活かす方法とは?」

カーオーディオのことを“分かりづらい”と感じているドライバー諸氏に向けて、その“分かりづらい”ポイントを1つ1つ解説している当特集。今回は、純正メインユニットを外せないクルマにおいての「システム発展術」について説明していく。

【スズキ ソリオ バンディット 新型】二段構えのヘッドライト&深みある内装で差別化[詳細画像] 画像
ニュース

【スズキ ソリオ バンディット 新型】二段構えのヘッドライト&深みある内装で差別化[詳細画像]

車体サイズの拡大、安全性能の強化、快適性の向上など全方位で進化した新型スズキ『ソリオ』と『ソリオ バンディット』。デザイン面でも上質さが表現された新型だが、ソリオ バンディットはダイナミックさを取り入れソリオと大きく差別化した。

【三菱 エクリプスクロスPHEV 新型試乗】電動化の落としどころはここ!だと思う…中村孝仁 画像
試乗記

【三菱 エクリプスクロスPHEV 新型試乗】電動化の落としどころはここ!だと思う…中村孝仁

◆どでかい「EV」のエンブレムに思うこと ◆『アウトランダーPHEV』とほぼ同じ重量でも走りに違い ◆電動化の落としどころは当面PHEVで良い

car audio newcomer!  トヨタ プリウス(オーナー:坂本猛流さん) by  custom&car Audio PARADA 後編 画像
特集記事

car audio newcomer! トヨタ プリウス(オーナー:坂本猛流さん) by  custom&car Audio PARADA 後編

通勤車として導入したプリウスにDAPを高音質に接続したくてはじめたシステムアップ。DSP+パワーアンプ導入による高音質化に感銘を受けたオーナーの坂本さんは、さらなる高音質を目指して福井県のcustom&car Audio PARADAとスピーカー交換の相談を開始する。

品質を極める深冷処理技術ハイパー・サブゼロ・トリートメント(SE)を施した車両用フューズ発売 画像
新製品情報

品質を極める深冷処理技術ハイパー・サブゼロ・トリートメント(SE)を施した車両用フューズ発売

オーディオ専用の超極低温処理「ハイパー・サブゼロ・トリートメント」を手掛けるサブゼロ処理研究所は、さらに品質を極める深冷処理技術「Hyper Sub-zero Fuse(SE)」を施工した車両用フューズを1月12日より発売する。

BMW 2シリーズ アクティブツアラー 次期型、最新プロトから見えた新LEDとワイドグリル 画像
スクープ

BMW 2シリーズ アクティブツアラー 次期型、最新プロトから見えた新LEDとワイドグリル

BMWのコンパクトミニバン『2シリーズ アクティブツアラー』次期型の最新プロトタイプを、鮮明にカメラが捉えた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 10
  9. 20
  10. 30
  11. 40
  12. 50
  13. 最後
Page 2 of 1,081
page top