最新ニュース・まとめ(2 ページ目) | Push on! Mycar-life

最新ニュース(2 ページ目)

【トヨタ ハリアー 新型試乗】見事に正常進化、大成功です…九島辰也 画像
試乗記

【トヨタ ハリアー 新型試乗】見事に正常進化、大成功です…九島辰也

◆サーキットと変わらない自然な走り ◆高速性能と、ターボのニーズ ◆従来のイメージをキープしながら見事に正常進化

「サウンドユニット」の“チョイスのキモ”を徹底解析! Part5・ユニットサブウーファー編 その5 「個々の特徴」について 画像
特集記事

「サウンドユニット」の“チョイスのキモ”を徹底解析! Part5・ユニットサブウーファー編 その5 「個々の特徴」について

カーオーディオ製品を選ぼうとするときに参考になる情報を多角的に紹介している当コーナー。現在は「ユニットサブウーファー」の選び方のコツを解説している。今回は、「個々の特徴」について考察していく。

マツダ CX-5 後継モデルは「CX-50」が濃厚!? FR&直6搭載で全面刷新か 画像
スクープ

マツダ CX-5 後継モデルは「CX-50」が濃厚!? FR&直6搭載で全面刷新か

マツダのベストセラー・クロスオーバーSUV『CX-5』後継モデルの情報を、スクープサイト「Spyder7」が海外エージェントから入手した。情報によると、その車名は『CX-50』となる可能性があるという。

car audio newcomer!  マツダ CX-5(オーナー:圓鍔一貴さん) by  Warps 後編 画像
特集記事

car audio newcomer! マツダ CX-5(オーナー:圓鍔一貴さん) by  Warps 後編

ヘッドユニットやスピーカーのレベルアップに加えて、サブウーファーまでをシステムに取り入れることにしたオーナーの圓鍔さん。広島県のWarpsと相談しシステムやインストールスタイルを決め、愛車のCX-5を狙い通りのオーディオカーへと進化させた。

【三菱 eKクロススペース 新型試乗】このキャラ立ち、「デリカD:1」への改名もアリ?…島崎七生人 画像
試乗記

【三菱 eKクロススペース 新型試乗】このキャラ立ち、「デリカD:1」への改名もアリ?…島崎七生人

日産『ルークス』の“ハイウェイスター相当”のシリーズが、この『eKクロススペース』だ。ラインアップにはターボとNAが用意され、2WD/4WDの両駆動方式が用意される。

カーオーディオ・インストレーション百科 Part4「メインユニット」編 その4・電源強化について l 画像
特集記事

カーオーディオ・インストレーション百科 Part4「メインユニット」編 その4・電源強化について l

カーオーディオユニットのインストール法についてさまざまな情報を紹介している当コーナー。現在は「メインユニット」の取り付けに関連した話題をピックアップしている。今回は、“電源強化”について考察していく。

メルセデスベンツ Gクラス、専用色にブラックアクセントを組み合わせた特別仕様車発表 画像
ニュース

メルセデスベンツ Gクラス、専用色にブラックアクセントを組み合わせた特別仕様車発表

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツ『G350d』およびメルセデスAMG『G63』に特別仕様車「マヌファクトゥーア・エディション」を設定し、7月27日より受注を開始する。納車は8月以降を予定。

ソースユニットにこだわると、カーオーディオはもっと楽しくなる!? 第1回「AV一体型ナビ」で楽しむ! 画像
特集記事

ソースユニットにこだわると、カーオーディオはもっと楽しくなる!? 第1回「AV一体型ナビ」で楽しむ!

カーオーディオを満喫したいと思ったとき、こだわるべきポイントはさまざまあるが、「ソースユニットに何を使うか」も、当然ながら吟味すべきポイントの1つだ。今回からスタートする当短期集中特集では、そこのところを深掘りし解説していく。

レイズだからこそ可能にした“デザイン性を高める”特許技術を知る 画像
ニュース

レイズだからこそ可能にした“デザイン性を高める”特許技術を知るPR

ボルクレーシングやグラムライツ、ホムラなど数多くのヒットブランドを持つレイズ。リアルレーシングホイールにルーツを持つ軽量・高剛性なハイスペックホイールの製造で業界をリードする存在だ。

『ザ・サウンドチューニング』 第3章・クロスオーバー編 その7 ツイーターとミッドウーファー間での調整方法 l 画像
特集記事

『ザ・サウンドチューニング』 第3章・クロスオーバー編 その7 ツイーターとミッドウーファー間での調整方法 l

車内での音響的不利要因に対処できるサウンドチューニング。当コーナーでは、そのあらましから操作方法までを解説している。今回からは、フロント2ウェイスピーカーのツイーターとミッドウーファー間の「クロスオーバー」調整について説明していく。

【トヨタ ハイランダー 番外試乗】この理屈抜きの心地よさを日本でも味わいたい…島崎七生人 画像
試乗記

【トヨタ ハイランダー 番外試乗】この理屈抜きの心地よさを日本でも味わいたい…島崎七生人

◆『RAV4 PHV』に受け継がれたプラットフォーム ◆アメリカ車の快適な走りの味をモノにしている ◆理屈抜きで心地いい乗用車にこそ乗りたい

「スピーカー交換」からの「バージョンアップ大作戦」公開! Part3 「外部パワーアンプを追加して“制御能力”を向上!」 画像
特集記事

「スピーカー交換」からの「バージョンアップ大作戦」公開! Part3 「外部パワーアンプを追加して“制御能力”を向上!」

「スピーカー交換」を実行したその後の“バージョンアップ”について考察する短期集中特集をお届けしている。今回テーマに据えるのは“外部パワーアンプ”。これを用いることでどんなメリットが得られるのか、そして実践の際のコツまでを詳細にリポートしていく。

BMW M3セダン&M4クーペ 新型プロトタイプを同時スクープ!巨大グリルの威圧感を見よ 画像
スクープ

BMW M3セダン&M4クーペ 新型プロトタイプを同時スクープ!巨大グリルの威圧感を見よ

BMWは9月に、高性能Mモデルの代表格『M3セダン』と『M4クーペ』新型をワールドプレミアする予定だが、その最新プロトタイプを同時にカメラが捉えた。

【トヨタ RAV4 PHV 新型試乗】一般道でも変わらぬ「一格上」の感覚…島崎七生人 画像
試乗記

【トヨタ RAV4 PHV 新型試乗】一般道でも変わらぬ「一格上」の感覚…島崎七生人

現在、一時的に受注がストップされているという『RAV4 PHV』。訊けば新しいバッテリーの生産、供給の事情というが、もちろん再開に向けて対応中とのことなので、トヨタのホームページ等でそのアナウンスがあるのを心待ちにしたい。

ポルシェ 911ターボ…実用とラグジュアリーと高性能を同義語に[フォトヒストリー] 画像
ニュース

ポルシェ 911ターボ…実用とラグジュアリーと高性能を同義語に[フォトヒストリー]

ポルシェジャパンは7月16日より、新型ポルシェ『911』のターボモデル、「911ターボ」および「911ターボカブリオレ」の予約受注を開始した。ポルシェ911ターボは、過去45年間に渡って実用性を備えた高性能スポーツカーであり続けてきた。

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN IMPUL NOTE(オーナー・月井咲良さん) by lc sound factory 後編 画像
特集記事

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN IMPUL NOTE(オーナー・月井咲良さん) by lc sound factory 後編

兄の影響を受けてオーディオ好きになった妹の月井咲良さん。兄から譲り受けたユニットを含め、こだわりのシステムを愛車のノートに詰め込む。インストールを手がけた栃木県のlc sound factoryとも相談してフロントスピーカーはロックフォードT4を選ぶ。

日産 ローグ 新型は エクストレイル 次期型か[フォトヒストリー] 画像
ニュース

日産 ローグ 新型は エクストレイル 次期型か[フォトヒストリー]

日産自動車(Nissan)6月15日、北米市場向けSUVの『ローグ』の新型を発表した。新型は3代目となり、先代は日本市場の『エクストレイル』と兄弟車だったので、日本でエクストレイルのモデルチェンジも近いのではないかと噂されている。

【ポルシェ カイエンターボクーペ 新型試乗】もはや、SUVというジャンルを超越している…木下隆之 画像
試乗記

【ポルシェ カイエンターボクーペ 新型試乗】もはや、SUVというジャンルを超越している…木下隆之

◆SUVの特徴とも言えるユーティリティを犠牲にする異端さ ◆強烈なパワーを発生させるV型8気筒4リットルツインターボ ◆時に優しく特に鋭くドライブさせる

【プロショップ訪問記】サウンドステーション AVカンサイ宝塚店(兵庫県)シンプルなセットからハイエンドDSPまで豊かな経験と高い技術で応えてくれる 画像
ショップ訪問記

【プロショップ訪問記】サウンドステーション AVカンサイ宝塚店(兵庫県)シンプルなセットからハイエンドDSPまで豊かな経験と高い技術で応えてくれる

サービスの向上のため5年前、神戸から移転。サウンドステーション・AVカンサイ宝塚店(兵庫県伊丹市荻野6-65)をご紹介しよう。

【日産 ルークス 新型まとめ】広さと使い勝手、プロパイロットに自負…価格や安全性能、試乗記 画像
ニュース

【日産 ルークス 新型まとめ】広さと使い勝手、プロパイロットに自負…価格や安全性能、試乗記

全面改良が施されたスーパーハイト軽自動車である『ルークス』。『デイズルークス』改め、ルークスと名前を変えた新型は、大人4人がゆとりをもって過ごせる広い室内空間や軽ならではの使い易さ、進化したプロパイロットが特徴だ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 10
  9. 20
  10. 30
  11. 40
  12. 50
  13. 最後
Page 2 of 1,052
page top