試乗記のニュース記事一覧(20 ページ目) | 自動車 | Push on! Mycar-life

自動車 試乗記ニュース記事一覧(20 ページ目)

【トヨタ プリウスPHV 試乗】EVとHVの良さを併せ持つ遠出も安心のPHV…青山尚暉 画像
試乗記

【トヨタ プリウスPHV 試乗】EVとHVの良さを併せ持つ遠出も安心のPHV…青山尚暉

『プリウスPHV』は「HVでもっとEV走行できないものか」、「EVじゃまだ長距離移動に向かず、出先での充電事情が不安」

【メルセデスベンツ Gクラス 試乗】快適さだけがクルマの面白さじゃない…齋藤聡 画像
試乗記

【メルセデスベンツ Gクラス 試乗】快適さだけがクルマの面白さじゃない…齋藤聡

ゲレンデヴァーゲンは、いまや古き良きクルマの味わいを残す数少ないクルマの1台だ。なにしろ『Gクラス』がデビューしたのは1979年。1989年に1度大きめのマイナーチェンジを行ったものの、39年間基本レイアウトを変えることなく作り続けられてきたのだ。

【ルノー メガーヌGT 試乗】4WSからして、すでに尖っている…中村孝仁 画像
試乗記

【ルノー メガーヌGT 試乗】4WSからして、すでに尖っている…中村孝仁

とかく尖がったイメージの強い日本におけるルノーというブランドイメージ。勿論好対照の『カングー』なんていうクルマもあるし、『トゥインゴ』だって存在するが、イメージとしては個人的には尖がっているわけである。

【レクサス ES 海外試乗】「脱・地味路線」の声高な叫びを感じる…木下隆之 画像
試乗記

【レクサス ES 海外試乗】「脱・地味路線」の声高な叫びを感じる…木下隆之

これまでのレクサス『ES』は、日本を除く世界各地で販売されてきており、今年デビューする新型で7代目となる。これまでの総販売台数は218万台に達するというから、レクサスの主力モデルに違いない。 

【メルセデスベンツ Eクラスカブリオレ 試乗】4名で快適なオープンカー、が謳い文句だけど…岩貞るみこ 画像
試乗記

【メルセデスベンツ Eクラスカブリオレ 試乗】4名で快適なオープンカー、が謳い文句だけど…岩貞るみこ

オープンカーは、後席のほうが楽しい。運転席(前席)にいると見える景色は、屋根があろうとなかろうとそれほど変わらないのだ。けれど、後席は違う。目の前の景色が断然違う。

【ボルボ XC60ディーゼル 新型試乗】完全なバーゲンプライスと言って差し支えない…中村孝仁 画像
試乗記

【ボルボ XC60ディーゼル 新型試乗】完全なバーゲンプライスと言って差し支えない…中村孝仁

昨年、日本のカーオブザイヤーを獲得し、弟分となる『XC40』は既に2018年分が完売しているという絶好調のボルボ。カーオブザイヤーを獲得した『XC60』に待望のディーゼルが追加された。

【メルセデスベンツ GLE350d 試乗】6年経ってもまだまだバリバリ一線級…中村孝仁 画像
試乗記

【メルセデスベンツ GLE350d 試乗】6年経ってもまだまだバリバリ一線級…中村孝仁

『Mクラス』として華々しくデビューしたのは1997年のことで、もう20年以上もたつ。しかもこれは初のアメリカ製メルセデスとして脚光を浴びたものだ。

【VW up!GTI 試乗】“GTIらしさ”あふれるファインチューン…島崎七生人 画像
試乗記

【VW up!GTI 試乗】“GTIらしさ”あふれるファインチューン…島崎七生人

GTIと聞いただけで心ときめく…というクルマ好きの方は多いのでは? かく言うレポーターもそんな1人で、なので今回『up!GTI』の導入を知った時には「本当に!? やるなぁ、VW!」と思った次第。

【ルノー カジャー 試乗】プラットフォームは同じでもエクストレイルとは一味違う…中村孝仁 画像
試乗記

【ルノー カジャー 試乗】プラットフォームは同じでもエクストレイルとは一味違う…中村孝仁

君は『カジャー』を知っているか?…なんて、のっけから恐縮。勿論、知っている読者に対しては失礼千万。しかし、正直言ってモータージャーナリストの僕が良く知らなかったのだから、多くの読者は良く知らないのではないかと思う。

【アストンマーティン DB11 AMR 海外試乗】“スーパースポーツ”か、否か…山崎元裕 画像
試乗記

【アストンマーティン DB11 AMR 海外試乗】“スーパースポーツ”か、否か…山崎元裕

レース活動から得られたインスピレーションやエンジニアリングを強く反映させた、より運動性能にフォーカスしたモデルをプロデュースすることが、このサブ・ブランド、AMRの目指すところだ。

トヨタ カローラハッチバック 新型はVWゴルフに迫れるか、HVモデルの実力は【VR試乗】 画像
試乗記

トヨタ カローラハッチバック 新型はVWゴルフに迫れるか、HVモデルの実力は【VR試乗】

「アクセル、ブレーキ、ステアリング、操作系の自然さは“ハイブリッドじゃない”みたい!!」

【トヨタ カローラハッチバック 試乗】運動性能は異次元の進化を遂げた…中村孝仁 画像
試乗記

【トヨタ カローラハッチバック 試乗】運動性能は異次元の進化を遂げた…中村孝仁

何でも発表は今月中旬ごろだとか。だからまだ、ハッチバックというのも仮称だし、基本的にプロトタイプだ。そんなクルマに乗せてもらった。仮の名前ながら、トヨタ『カローラハッチバック』という。

【イヴォークコンバーチブル ディーゼル 試乗】爽快の極み!オープンSUV、意外とアリだ…中村孝仁 画像
試乗記

【イヴォークコンバーチブル ディーゼル 試乗】爽快の極み!オープンSUV、意外とアリだ…中村孝仁

目線の高いコンバーチブル。それは『イヴォークコンバーチブル』の大きな特徴だ。2年前にこのクルマが登場した時、これはこれで有りだと感じた。そのイヴォークコンバーチブルにディーゼルエンジンが搭載された。

トヨタ カローラハッチバック MT車に最速試乗!自動ブリッピングの性能は【VR試乗】 画像
試乗記

トヨタ カローラハッチバック MT車に最速試乗!自動ブリッピングの性能は【VR試乗】

6月26日に正式発表となる、トヨタの新型『カローラハッチバック』。そのプロトタイプに桂伸一氏が最速試乗。「クルマ本来の楽しさ」を追求したという新型は、どのような走りを見せるのか。

日本車はもはや敵ではない…のか!? VW ポロ 新型をサーキットで試す【VR試乗】 画像
試乗記

日本車はもはや敵ではない…のか!? VW ポロ 新型をサーキットで試す【VR試乗】

コンパクトの定義に異変!!『ポロ』と言う名から想像する可愛いイメージは半減して、堂々のおとなのボディサイズと相変わらずの質感の高さ、路面をヒターッと捉える足回りの完成度に、もはやこのクラスの日本車は太刀打ちできない…のか!?

【ベントレー ベンテイガV8 試乗】V12以上に別世界を感じるスムーズネスとフラット感…中村孝仁 画像
試乗記

【ベントレー ベンテイガV8 試乗】V12以上に別世界を感じるスムーズネスとフラット感…中村孝仁

最新の『ベンテイガV8』を目のあたりにして、思わず広報氏に「ベンテイガ乗るのこれが初めてなんです」などと口走った。いやいやウソでしょう、ちょうど1年前に乗っているじゃないですか…。

【ジャガー E-PACE 試乗】ダイレクトな爽快さが持ち味…島崎七生人 画像
試乗記

【ジャガー E-PACE 試乗】ダイレクトな爽快さが持ち味…島崎七生人

『F-PACE』に対し全長(ー330mm)、全幅(ー35mm)、全高(ー15mm)がひと回り以上小さく、ホイールベースも195mm短い『E-PACE』。車重差は30kg(250psガソリン車)程度だが、走りっぷりは“軽快”なものだ。

【マツダ CX-5 2.2リットルディーゼル 試乗】ここまでコスパの高いSUVを僕は知らない…中村孝仁 画像
試乗記

【マツダ CX-5 2.2リットルディーゼル 試乗】ここまでコスパの高いSUVを僕は知らない…中村孝仁

3列シートの『CX-8』がデビューし、そこに新しい2.2リットルディーゼルが搭載されていた時点で、『CX-5』にもその新しいディーゼルが搭載されるであろうことは容易に想像が付いたが、ガソリンの2.5リットルが新しくなるのを機に、それが搭載された。

【ダイハツ ムーヴキャンバス 400km試乗】“可愛いからいいのだ”で押し通せる…井元康一郎 画像
試乗記

【ダイハツ ムーヴキャンバス 400km試乗】“可愛いからいいのだ”で押し通せる…井元康一郎

ダイハツ工業の軽トールワゴン『ムーヴキャンバス』で北関東を400kmほどドライブする機会があったので、ロードインプレッションをお届けする。

【光岡 ヒミコ 試乗】クラシカルなスタイリングだけにこだわって何が悪い…諸星陽一 画像
試乗記

【光岡 ヒミコ 試乗】クラシカルなスタイリングだけにこだわって何が悪い…諸星陽一

カスタムモデルを得意とする光岡自動車が製造する、クラシックスポーツモデルをモチーフとする『ヒミコ』がフルモデルチェンジし2代目となった。

  1. 先頭
  2. 10
  3. 15
  4. 16
  5. 17
  6. 18
  7. 19
  8. 20
  9. 21
  10. 22
  11. 23
  12. 24
  13. 25
  14. 30
  15. 40
  16. 50
  17. 最後
Page 20 of 77
page top