car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー:河口将人さん) by  サウンドステーション ジパング 後編 | Push on! Mycar-life

car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー:河口将人さん) by  サウンドステーション ジパング 後編

スピーカーをはじめとして高音質ナビの導入などで愛車をグレードアップし続ける河口さん。自分の好みの音に仕上げるためにインストールを手がけた鳥取県のサウンドステーション ジパングで調整を繰り返し、どんどんオーディオの魅力に引き込まれている毎日だ。

カーオーディオ 特集記事
car audio newcomer!  日産 エクストレイル(オーナー:河口将人さん) by  サウンドステーション ジパング 後編
  • car audio newcomer!  日産 エクストレイル(オーナー:河口将人さん) by  サウンドステーション ジパング 後編
  • car audio newcomer!  日産 エクストレイル(オーナー:河口将人さん) by  サウンドステーション ジパング 後編
  • car audio newcomer!  日産 エクストレイル(オーナー:河口将人さん) by  サウンドステーション ジパング 後編
  • car audio newcomer!  日産 エクストレイル(オーナー:河口将人さん) by  サウンドステーション ジパング 後編
  • car audio newcomer!  日産 エクストレイル(オーナー:河口将人さん) by  サウンドステーション ジパング 後編

スピーカーをはじめとして高音質ナビの導入などで愛車をグレードアップし続ける河口さん。自分の好みの音に仕上げるためにインストールを手がけた鳥取県のサウンドステーション ジパングで調整を繰り返し、どんどんオーディオの魅力に引き込まれている毎日だ。

愛車を好みの音にするために
好きな音を伝えて再調整を実施

先輩の影響でオーディオのグレードアップをはじめたオーナー。女性ボーカルを心地良く聴くというテーマで選んだスピーカーのディナウディオ・エソテックがお気に入り。以前乗っていたクルマからエクストレイルに乗り換えてユニットをそっくり移設しても、その印象は変わることが無かった。

ただし、愛車のサウンドは少しずつ自分流で煮詰めていって完成形を作って来たのもオーナー流のやり方だった。インストールを実施してから何度かショップに調整持ち込んで再調整をしている。それは自分好みのサウンドを作るには欠かせない作業だった。

「最初の頃は安室奈美恵の声がちょっと耳についたんです。それをショップで話したところ、すぐに再調整してくれてすごくスムーズになりました。それからは細かな部分まで自分の好みを話して、調整してもらっています。ひとつひとつ自分が話したことに反応して、それに合わせた音に調整してくれるので満足しています」。

ショップとの会話の中で好きな音の方向性を話し、それに対してインストーラーが調整を施す。そんな作業の繰り返しで少しずつ自分の好きな音に愛車を仕上げてきた。オーナーとショップとの信頼関係もこうしてでき上がってきたと言えるだろう。

ヘッドユニットを最新の高音質ナビに
交換してさらなる高音質を目指した

エクストレイルのシステムはヘッドユニットとしてカロッツェリアのDEH-P01を用いていたのだが、スピーカーのレベルアップで大きくサウンドが向上したこともあって「次はヘッドユニットを交換してさらに音質をアップさせよう」と新たなシステムアップの計画が始まった。

「その時にまわりにいたオーディオの仲間ではダイヤトーン・サウンドナビを使っているクルマが多かったんです。そこで実際にその音を聴かせてもらったんですが、すごく良かったんです。僕がそれまで持っていた先入観では“ナビの音はそれほどでもない……”だったんですが、それが一気に覆る高音質でした」。

仲間のクルマの試聴で高音質ナビのポテンシャルの高さを経験したオーナーは、これを決め手として現在使っているヘッドユニットからの変更を決めたのだった。

高音質ナビを選ぶ際もテーマにしたのは女性ボーカル。いくつかのモデルを試聴して好みの一台をセレクトしたという。

「高音質ナビに変更するにあたって、好きな女性ボーカルを試聴することにしました。具体的にはJUJUや安室奈美恵です。これらのボーカルやサウンドが一番心地良かったのがカロッツェリアのサイバーナビXシリーズだったんです。以前使っていたヘッドユニットに比べても、より声がリアルに聞こえるなど、いくつも良いところが見つかりました。ヘッドユニットを交換したときにも愛車の音の進化を強く感じました」。

自宅では難しい大音量が楽しめる
カーオーディオの環境をフルに楽しむ

こうしてオーディオのシステムを徐々にグレードアップしてきたオーナー。オーディオの音が良くなると大きく変わってきたのが普段聞くオーディオの“音量”だという。

「オーディオの音が良くなってからは大音量で聴くことが多くなりました。自宅では大きな音で音楽を聴くことができないのですが、クルマだと自由なのが良いですね。大音量で聴くとすごく心地良いんです。音楽を聴きながらドライブするのも楽しみのひとつになっています。自宅から大山方面に行くルートもお気に入りで、ことあるごとにこのルートを走って大音量で音楽を楽しんでます」。

もうひとつの変化が聴く曲の方向性だという。

「女性ボーカルなど好きな曲は今も変わりが無いんですが、それまで聴いたことが無かったアーティストの曲を積極的に聴くようになったのも大きな変化ですね。例えばエンヤなどもその代表的な例です。オーディオにこだわってから良く聴くようになりました。最近では音の良い音源を探して買ったりもします。あの曲は音が良いと聞いたら、自分のクルマで聴いたらどうなるんだろうってすごく興味が沸いてきて、ついついいろいろな音源を買ってしまいます」。

スピーカーや高音質ナビで音をレベルアップしてきたオーナー。今後は以前から懸案だったサブウーファーやパワーアンプの追加を考えているという。

「ついこの前、後輩がパワーアンプを追加したんです、“先を越された~”と思いました。すぐに聴かせてもらったんですが、予想通り音の厚みが全然違っていてすごく良いんです。これがきっかけで自分もパワーアンプを追加したいとあらためて思っています」。

マイペースでシステムアップを進めオーディオの聴き方やクルマの楽しみ方もどんどん進化中のオーナー。今後もますます自分流でオーディオの楽しみ方を開拓していくことだろう。

《土田康弘》

特集

page top