【オーディオ教養強化辞典】パワーアンプの使い方(3) | Push on! Mycar-life

【オーディオ教養強化辞典】パワーアンプの使い方(3)

外部パワーアンプのセッティング。上手な使い方、そして性能を引き出すテクニックをかいつまんでご紹介したい。

カーオーディオ 特集記事

外部パワーアンプのセッティング。上手な使い方、そして性能を引き出すテクニックをかいつまんでご紹介したい。

外部パワーアンプといえば、トランクまたはラゲッジに装着するというイメージがあるだろうが、この10年、インストーラーやメーカーの方向性が変化しつつある。まず実用面では、トランクやラゲッジのスペースを損ないたくないという風潮が見え隠れする。シート下、ほかグローブボックスの中などに装着する人もいる。パワーアンプのボディサイズは以前と比べると非常に小型になり、性能もアップしているのが現状だ。

例えばシート下にパワーアンプを装着。ナビやヘッドユニットからのRCAケーブル、パワーアンプの出力からフロントスピーカーに繋ぐ配線は、短いほど信号ロスを低く抑えることができる。双方のケーブルも長さが半分になればコストの面でも有利だ。

これらの小型高性能パワーアンプは大型パワーアンプと比べ、性能面では遜色がないほど、よくなってきた。しかし実質的なパワー感や音質面では比較試聴をしないと判断できないと思っている。

フロントまわりにすべてのコンポーネントを纏めることができればパワーアンプの性能を高めることができることは間違いない。メンテナンス性ではどうか。シート下、ラゲッジ、どちらが有利か。この問いかけはケースバイケースといえよう。いずれにしてもクルマの使い勝手に合わせたベターな装着法を考えるユーザーが多い。最後に取り付けスペースに余裕がありルックスを追求した創作力あふれるインストール。これもカーオーディオの愉しみ方。ワン&オンリーの創作はプロショップならではだ。

《永松巌》

特集

関連ニュース

page top