カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUBARU LEGACY OUTBACK(オーナー:東尾さん) by EAST | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUBARU LEGACY OUTBACK(オーナー:東尾さん) by EAST

ラゲッジ全体を使ったフラットインストールを実施した東尾さんのレガシィ・アウトバック。シンフォニ・クワトロリゴのサウンドに魅了され、スピーカー&パワーアンプを統一。ラゲッジ&コクピットは大阪府のEASTによる手の込んだカスタム処理も見どころ。

カーオーディオ 特集記事
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUBARU LEGACY OUTBACK(オーナー:東尾さん) by EAST
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUBARU LEGACY OUTBACK(オーナー:東尾さん) by EAST
  • 愛車のレガシイ・アウトバックに気に入ったユニットだけを詰め込み、好きな方向性のサウンドを極めている。
  • ラゲッジはフラットインストールされてシンフォニ・クワトロリゴのパワーアンプとサブウーファーをバランス良く配置する。
  • スクエアなレイアウトで全ユニットを見せるデザインも美しい。アイボリー系のパネル色にシルバーのパワーアンプが映える。
  • シンフォニ・クワトロリゴのパワーアンプであるPrecision twoをインストール。そのサウンドにオーナーも魅了されている。
  • サブウーファーにもフロントスピーカー同様にシンフォニ・クワトロリゴのユニットをチョイス。音の統一感を図ってる。
  • ラゲッジ細部には手の込んだカスタムが施される。パワーアンプの回りはパネルの切り欠き処理を実施、外周にはイルミ処理を施す。
  • Aピラーにミッドレンジを納める。脇にはポッドを使ってより車体の外側にツイーターを取り付けることに成功している。

ラゲッジ全体を使ったフラットインストールを実施した東尾さんのレガシィ・アウトバック。シンフォニ・クワトロリゴのサウンドに魅了され、スピーカー&パワーアンプを統一。ラゲッジ&コクピットは大阪府のEASTによる手の込んだカスタム処理も見どころ。

艶っぽい音を追求していく中で
たどり着いたシンフォニのシステム

愛車のレガシィ・アウトバックに気に入ったユニットだけを詰め込み、好きな方向性のサウンドを極めている。愛車のレガシイ・アウトバックに気に入ったユニットだけを詰め込み、好きな方向性のサウンドを極めている。

ラゲッジはフラットインストールされてシンフォニ・クワトロリゴのパワーアンプとサブウーファーをバランス良く配置する。ラゲッジはフラットインストールされてシンフォニ・クワトロリゴのパワーアンプとサブウーファーをバランス良く配置する。

スクエアなレイアウトで全ユニットを見せるデザインも美しい。アイボリー系のパネル色にシルバーのパワーアンプが映える。スクエアなレイアウトで全ユニットを見せるデザインも美しい。アイボリー系のパネル色にシルバーのパワーアンプが映える。

シンフォニ・クワトロリゴのユニットが奏でるサウンドに惚れ込んだオーナーの東尾さん。スピーカー群に加えてパワーアンプまでをフルシンフォニで揃え、好みのサウンドを徹底した。

オーナーがシンフォニの美点と感じているのは「エロい音」だという。「ドロッとした深みのある艶っぽい音、これが良いところなんです。自分では“エロい音”って表現しています。ボリュームを上げて聴いているとノってくる感じ、それこそがシンフォニに惚れ込んだポイントですね」

インストールのカスタムレベルもかなり高い。ラゲッジにはシンフォニ・クワトロリゴのパワーアンプとサブウーファーをフラットにインストール。アイボリーのパネル生地に対してシルバーのフェイスパネルを持つパワーアンプが美しいコントラス。ブラックの振動板を持つサブウーファーがアイキャッチにもなっている。

フラットに組まれているためプロテクションボードを被せれば実用的なラゲッジが現出するのもこのインストールの見どこ。通常の状態ではこのラゲッジにヘビーなシステムがインストールされていることを感じさせない。

ボードに融合するパワーアンプや
アクリル&間接照明でショーアップ

シンフォニ・クワトロリゴのパワーアンプであるPrecision twoをインストール。そのサウンドにオーナーも魅了されている。シンフォニ・クワトロリゴのパワーアンプであるPrecision twoをインストール。そのサウンドにオーナーも魅了されている。

サブウーファーにもフロントスピーカー同様にシンフォニ・クワトロリゴのユニットをチョイス。音の統一感を図ってる。サブウーファーにもフロントスピーカー同様にシンフォニ・クワトロリゴのユニットをチョイス。音の統一感を図ってる。

ラゲッジ細部には手の込んだカスタムが施される。パワーアンプの回りはパネルの切り欠き処理を実施、外周にはイルミ処理を施す。ラゲッジ細部には手の込んだカスタムが施される。パワーアンプの回りはパネルの切り欠き処理を実施、外周にはイルミ処理を施す。

パワーアンプにはシンフォニ・クワトロリゴのPrecision twoをチョイス。ヘリックスのプロセッサーであるDSP PRO MK2を組み込んだシステムデザインで各スピーカー群をドライブする。サブウーファーにもシンフォニのユニットをインストールしてサウンドの統一感を図っている。とことんシンフォニ・クワトロリゴを中心としたシステムなのが見て取れるシステムに仕上がっている。

そんなラゲッジには各部に美しい作り込みが施されているのも見どころ。各ユニットがインストールされるパネル面にはアイボリー系の人工スエードを使った処理が施され、ビルトインされる各ユニットを上質に引き立てている。さらにパネルの外周部にはアクリル処理+イルミを施すカスタム処理も加える。

間接照明でフロアパネルを照らし出すことでも各ユニットを美しく見せる効果を発揮。ただのフラットインストールじゃ無いところを見せつけているカスタムスタイルだ。

さらに細部を見るとシンフォニのパワーアンプのボディ形状に合わせて細かな造形が施されているのもわかる。ピタリとパワーアンプのアウトラインに合わせたボード形状とし、パネル面とパワーアンプの一体感を感じさせるのもこのラゲッジならではの見どころとなっている。

ツイーターをAピラーの外側に
突き出す構造でステージの幅を稼ぐ

Aピラーにミッドレンジを納める。脇にはポッドを使ってより車体の外側にツイーターを取り付けることに成功している。Aピラーにミッドレンジを納める。脇にはポッドを使ってより車体の外側にツイーターを取り付けることに成功している。

フロント3ウェイにはシンフォニ・クワトロリゴのTempoシリーズを用いる。ミッドバスはアウターバッフル取り付けとする。フロント3ウェイにはシンフォニ・クワトロリゴのTempoシリーズを用いる。ミッドバスはアウターバッフル取り付けとする。

コクピットのオーバーヘッドにはヘリックスのダイレクターをビルトイン。操作性の良さとカスタムレベルの高さを両立する。コクピットのオーバーヘッドにはヘリックスのダイレクターをビルトイン。操作性の良さとカスタムレベルの高さを両立する。

シンフォニ・クワトロリゴの奏でる音が好みのサウンドだったことからフルシステムを組んだオーナーの東尾さん。満足度も高い。シンフォニ・クワトロリゴの奏でる音が好みのサウンドだったことからフルシステムを組んだオーナーの東尾さん。満足度も高い。

フロントスピーカーにもシンフォニ・クワトロリゴのTempoシリーズの3ウェイを投入。狙い通りの艶っぽいサウンドを引き出すにはピッタリのスピーカーとしてオーナーもお気に入りのユニットだ。

ツイーターはAピラーの外側にブラケットを使用して外側に突き出すようにして取り付けているのが特徴。これはミッドレンジよりもツイーターを外側に配置することで音の広がりをより強く感じさせるためのアイデア。見た目にもカスタム色満点でメカニカルな仕上がりとなった。

ミッドバスはドアにアウターバッフルでインストール。こちらはドアポケットを使える形状でデザインされ、スピーカーのポテンシャルを引き出すとともに、クルマの実用面をスポイルしないという両面をクリアした取り付けスタイルと言える。

ヘリックスのダイレクターはオーバーヘッドにビルトイン取り付けするなど、各部のパーツも簡単にポン付けすること無く、適材適所のカスタムを施して内装デザインに融合させているのも質が高い。

オーディオコンペにも積極的に参加するオーナー。年々音に磨きをかけ続けサウンドは高い完成度を誇っている。今後もオーナー好みのサウンドを追求してレベルアップを続けていく予定だ。

《土田康弘》

特集

関連ニュース

page top