カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! DAIHATSU WAKE(オーナー・塩沢慎太郎さん) by  SOUND WAVE 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! DAIHATSU WAKE(オーナー・塩沢慎太郎さん) by  SOUND WAVE 後編

ラゲッジに超ハイレベルなカスタムインストールを込めた塩沢さんのウェイク。当然のようにキャビン側のカスタムも超絶。しかもカロッツェリアのRSスピーカーを使ったフロント3ウェイで高音質も同時に手に入れるという贅沢仕様。その仕上がりをご覧あれ。

カーオーディオ 特集記事
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  DAIHATSU WAKE(オーナー・塩沢慎太郎さん) by  SOUND WAVE 後編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  DAIHATSU WAKE(オーナー・塩沢慎太郎さん) by  SOUND WAVE 後編
  • カロッツェリアのRSスピーカーをフロント3ウェイで用いるこのクルマ。ミッドバスはデュアル構成で中低域の厚みを演出。
  • ドアの造形は圧巻。人工スエードをベースに、オレンジのステッチを加えてアクセントに。さらにアクリル、アルミの造形も施す。
  • ドアを閉めた状態でもアクリル、アルミの造形が見える設計。ミッドバスのデュアルもイルミで照らし出される。
  • Aピラーにツイーター、ミッドレンジの2ウェイを埋め込みビルトイン。無理の無いデザインでデザイン性を高めている。
  • ダイヤカットのアクリルを使ったデザインも要所要所で使用。Aピラー上部にもアルミ素材と融合させてデザインを施した。
  • コクピットは全面を人工スエードを使って張り替え処理。さらにアクセントにはカーボンを用いるコンビもクオリティが高い。
  • センタークラスターの下部にはヘリックスDSPの操作部であるダイレクターをビルトイン。使い勝手でも絶好の取り付け位置とした。

ラゲッジに超ハイレベルなカスタムインストールを込めた塩沢さんのウェイク。当然のようにキャビン側のカスタムも超絶。しかもカロッツェリアのRSスピーカーを使ったフロント3ウェイで高音質も同時に手に入れるという贅沢仕様。その仕上がりをご覧あれ。

デュアルミッドバスを採用して
ドアのカスタムインパクトは最上級

カロッツェリアのRSスピーカーをフロント3ウェイで用いるこのクルマ。ミッドバスはデュアル構成で中低域の厚みを演出。

カロッツェリアのRSスピーカーをフロント3ウェイで用いるこのクルマ。ミッドバスはデュアル構成で中低域の厚みを演出。

ドアの造形は圧巻。人工スエードをベースに、オレンジのステッチを加えてアクセントに。さらにアクリル、アルミの造形も施す。

ドアの造形は圧巻。人工スエードをベースに、オレンジのステッチを加えてアクセントに。さらにアクリル、アルミの造形も施す。

ドアを閉めた状態でもアクリル、アルミの造形が見える設計。ミッドバスのデュアルもイルミで照らし出される。

ドアを閉めた状態でもアクリル、アルミの造形が見える設計。ミッドバスのデュアルもイルミで照らし出される。

ラゲッジにハイレベルなカスタムインストールを施した塩沢さんのウェイク。一方のコクピットもラゲッジに負けず劣らず音質とカスタムを両立させた超ド級の仕上がりとなった。「フロントは音質のこだわって3ウェイシステムを組んだ」というオーナー。チョイスしたのはカロッツェリアのハイエンドスピーカーTS-Z1000RS+TS-S1000RSだ。魅せるオーディオのみならず、音質面でも一切妥協しないがオーナーが望んだインストールスタイルだった。

もちろん各部には万全のカスタム要素を込めているのもこのクルマならでは。ドアへのミッドバスはデュアルで組まれているのがその代表例だろう。厚みのある中低域を再生し、狙い通りの豊かなサウンドを再現する。ドア内張りやバッフル面には人工スエードを使い、スピーカー周囲にはアクリルのリングを使ったイルミ処理も加える。

デザイン面でも人工スエード、アクリル、アルミといった複数の素材を組み合わせて使う手の込んだインストールがコクピットまわりのテーマ。ドアには人工スエード+オレンジのステッチを使った張り替え処理に加え、アルミ+アクリルを使った造形を施す点も見どころ。特にドア後部のパンチング処理を施したアルミとアクリルの組み合わせは圧巻。ドアを空けた際のインパクトは最上級となった。

限られたスペースに2ウェイをビルトイン
中高域スピーカーの取り付けも見どころ満載

Aピラーにツイーター、ミッドレンジの2ウェイを埋め込みビルトイン。無理の無いデザインでデザイン性を高めている。

Aピラーにツイーター、ミッドレンジの2ウェイを埋め込みビルトイン。無理の無いデザインでデザイン性を高めている。

ダイヤカットのアクリルを使ったデザインも要所要所で使用。Aピラー上部にもアルミ素材と融合させてデザインを施した。

ダイヤカットのアクリルを使ったデザインも要所要所で使用。Aピラー上部にもアルミ素材と融合させてデザインを施した。

コクピットは全面を人工スエードを使って張り替え処理。さらにアクセントにはカーボンを用いるコンビもクオリティが高い。

コクピットは全面を人工スエードを使って張り替え処理。さらにアクセントにはカーボンを用いるコンビもクオリティが高い。

愛車にオーディオをインストールする当初、オーナーは「オーディオはフロントのみで完結させる」と思っていたほどフロントステージへの思い入れは強い(実際にはバランスを考慮してラゲッジを含めて内装全体のインストールへ発展している)。それだけに高音質化のための3ウェイ導入は絶対的な要素だった。カロッツェリアのハイエンドスピーカーであるRSスピーカーを用いてサウンド面でのトップレベルを狙った。

先ほど紹介したドアのミッドバスに加えて、Aピラーにはツイーター、ミッドレンジの2ウェイをインストール。ウェイクの限られたサイズのピラーに2ウェイを埋め込んでいるのだが、ピラーの加工も含めてスマートな作り込みが完成した。スピーカーユニットに合わせてピラーを膨らませる加工で周囲とのフィット感を出し、人工スエード+ステッチによるフィニッシュでインテリアとの統一感も図っている。ツイーター、ミッドレンジの振動板を同一面にセットすることで中高域のバランスを整えているのもこだわりの仕上げ。

さらにピラー上部にはコクピットまわりのカスタムテーマのひとつになっているアルミ+アクリルを使った造形が施される。オレンジのダイヤモンドカットされたアクリルを用い、バフ仕上げされたアルミでアウトラインをデコレート。アクリルを使って間接照明で周囲を浮かび上がらせるイルミ効果も絶品の仕上げだ。

パネル加工やワンオフコンソールで
多数のユニットを見せるデザインを完成

センタークラスターの下部にはヘリックスDSPの操作部であるダイレクターをビルトイン。使い勝手でも絶好の取り付け位置とした。

センタークラスターの下部にはヘリックスDSPの操作部であるダイレクターをビルトイン。使い勝手でも絶好の取り付け位置とした。

ワンオフしたセンターコンソールにはDAP(ウォークマンMW-ZX2)をインストール。カーボンを使った周辺処理も美しく決まる。

ワンオフしたセンターコンソールにはDAP(ウォークマンMW-ZX2)をインストール。カーボンを使った周辺処理も美しく決まる。

コクピットのフロア面を盛り上げてヘリックスDSP-PROの本体をビルトイン。コクピットの済む済みにまでカスタムが行き渡る。

コクピットのフロア面を盛り上げてヘリックスDSP-PROの本体をビルトイン。コクピットの済む済みにまでカスタムが行き渡る。

憧れだったカスタムオーディオを超ハイレベルな形で仕上げた塩沢さん。デザインはもちろん高音質にも強いこだわりがあったという。

憧れだったカスタムオーディオを超ハイレベルな形で仕上げた塩沢さん。デザインはもちろん高音質にも強いこだわりがあったという。

コクピットまわりはベースとなるパネル面はすべて人工スエードで張り替え処理、さらに要所にはカーボンを用いた加工を行うなど、統一感のあるデザインが見どころ。このコンビネーションはオーナーもお気に入りのポイントだ。さらに各部分にはストックには無い造形を加えているところもポイント。そのひとつがセンターコンソール下部に、ヘリックスDSP-PROの操作&表示部であるダイレクターを埋め込み設置している部分だ。さらにその下のフロア側にはDSP-PRO本体をインストール。アクリル+カーボン+人工スエードを使った処理でユニットをアピールするのも見どころだ。

ワンオフされるセンターコンソールはシート座面のレベルまで持ち上げて造形されているのも独特。ここにはオーディオプレイヤーとして使うウォークマンMW-ZX2をビルトイン。手を伸ばせば操作できる位置にオーディオプレイヤーを設置する使い勝手の良さと、内装カスタムの質を上げる点を両立させるインストールした。ここにもカーボンを使った処理を施して徹底した統一感を引き出している。

スピーカーユニットのチョイス、インストールなどによる高音質化、さらには人工スエードやカーボンを使ったデザイン性をハイレベルで融合させたウェイク。オーディオカスタムはもちろん、外装カスタムも含めてトータルでカスタムレベルの高いクルマに仕上がっているのが写真からも伝わってくるだろう。約3年の歳月をかけて作り上げたオーナー渾身のカスタムがここに完結した。

《土田康弘》

特集

page top