car audio newcomer! マツダ アクセラスポーツ(オーナー:森上達弥さん) by  Warps 前編 | Push on! Mycar-life

car audio newcomer! マツダ アクセラスポーツ(オーナー:森上達弥さん) by  Warps 前編

会社の同僚に連れられて初めてやって来たプロショップで、オーディオをインストールすることを決めた森上さん。愛車のアクセラスポーツにエアサスなどのカスタムと合わせて、スピーカーの交換を実施。そして一気にオーディオの魅力に引き込まれていく。

カーオーディオ 特集記事
car audio newcomer!  マツダ アクセラスポーツ(オーナー:森上達弥さん) by  Warps 前編
  • car audio newcomer!  マツダ アクセラスポーツ(オーナー:森上達弥さん) by  Warps 前編
  • car audio newcomer!  マツダ アクセラスポーツ(オーナー:森上達弥さん) by  Warps 前編
  • car audio newcomer!  マツダ アクセラスポーツ(オーナー:森上達弥さん) by  Warps 前編
  • car audio newcomer!  マツダ アクセラスポーツ(オーナー:森上達弥さん) by  Warps 前編
  • car audio newcomer!  マツダ アクセラスポーツ(オーナー:森上達弥さん) by  Warps 前編
  • car audio newcomer!  マツダ アクセラスポーツ(オーナー:森上達弥さん) by  Warps 前編
  • car audio newcomer!  マツダ アクセラスポーツ(オーナー:森上達弥さん) by  Warps 前編

会社の同僚に連れられて初めてやって来たプロショップで、オーディオをインストールすることを決めた森上さん。愛車のアクセラスポーツにエアサスなどのカスタムと合わせて、スピーカーの交換を実施。そして一気にオーディオの魅力に引き込まれていく。

友人の付き添いで行ったショップで
オーディオのグレードアップを決意

オーナーの森上さんと同じアクセラに乗っている友人が会社の同期にいた。カスタムのことにも詳しくて、いろいろとクルマの話をする仲だった。そのためカスタムのテクニックやスタイルなども教えてもらうことも多く、良いクルマ仲間となっていた。

「その友人がショップに行ってカスタムをするというので、一緒に行くことにしたんです。その時に行ったのが今回オーディオを組むことにしたWarpsでした」。

ショップのことはほとんど何も知らずに友人の付き添いで行ったオーナーだったが、Warpsを訪れたことで、その後の愛車のカスタムが大きく動き出すことになる。

「ショップに行ってはじめてそこがオーディオの専門店だと言うことを知ったんです。友人はオーディオを組む相談をしていました。そんな話を聞いているうちに、自分もカスタムをしたくなってきたんです。最初は友人の付き添いだったのに自分もカスタムのプランを相談することにしたんです」。

もともと興味のあったカスタムだが、現実にショップに行くと急激に自分のクルマをカスタムしたくなってきたオーナー。ずっと暖めていたカスタムプランの相談をはじめた。

「ホイールやエアサス、さらには友人が組むと言ってたオーディオもプランに入れてカスタムをオーダーすることにしたんです」。

当初は予想していなかったカスタムのスタートだったが、トントンとカスタムプランの相談も進んで、オーディオのシステム選びにまで発展していった。

オーディオのレベルアップに
選んだのはフロントスピーカーの交換

オーディオの知識が当時あまりなかったオーナーは、オーディオシステムを決める際には少し迷ったという。

「好みの音楽は何かと聞かれたのでロックやEDMを良く聴いていることを説明しました。するとショップでオススメされたのがヴァイブオーディオだったんです」。

まずは最も重要なフロントスピーカーをグレードアップして音のレベルアップを目指すことにした。選んだのはショップの薦めもあってヴァイブオーディオのブラックデス6C-V6に決定。インストールに関してもそれほどの知識が無かったオーナーは基本的にはショップにお任せで進めてもらうことにした。

しばらくしてオーディオを含めた愛車のカスタムが完成したという知らせを受けてショップに行ったオーナーは、愛車と驚きの対面を果たす。

「ショップに行ってでき上がった自分のクルマを見たらAピラーにトゥイーターが埋め込まれていたんです。もともとそんな話は無かったのにショップでプラスアルファの加工としてやってくれていたんです。知らされていなかったのもあってこれにはすごくビックリしました。内装がグレードアップするし、オーディオカーらしいインテリアデザインになるので、すごく嬉しかったです」。

前に出てくる迫力ある音へと進化し
サウンド面の満足感もハイレベル

愛車を見た瞬間にAピラーのデザインで驚いたオーナーだったが、次にその音を聴いたときにはさらに感動したという。

「すぐに運転席に座って音を聴きはじめたんです。すると出てきた音に感動しました。曲のサビの部分の迫力が断然良くなってるのを感じました。バーンと前に出てくる音になってる感じなんです、これには驚いたし、すごく満足しました」。

さらにオーナーが感心した点は他にもあった。

「大きな音量で聴いても快適なのも気に入りました。純正の時は大音量にするとうるさく感じていたんですが、スピーカーを変えた状態で聴くと、まったく快適で良い音です。逆に小さなボリュームで聴いても良い音のままなのにも驚きました。朝の通勤時は音量を下げ気味で聴くのでその点も良いな~と感じました」。

一緒にショップに行った友人はフォーカルを選んで取り付けた。愛車のオーディオの音もすごく良くなったが友人のクルマもしっかりレベルアップを果たしていたことを確認。それぞれのクルマが良い音になったのを現実に見て聴いたオーナーは「オーディオってすごく良いもんだな」と感じたという。

こうしてオーディオをインストールしてからはWarpsに出かけることも多く、週末になれば必ずショップに顔を出すほどだという。ショップで出会ったオーディオ仲間もどんどん増えていき、ますますオーディオの楽しさを深めていった。

友人の付き添いから始まったオーディオインストール。次回は普段のカーライフの変化や次のオーディオイベントへの思いなどについて紹介していくこととしよう。

《土田康弘》

特集

page top