car audio newcomer! VWビートル・ターボ(オーナー:しまむらさん) by サウンドステーション クァンタム 後編 | Push on! Mycar-life

car audio newcomer! VWビートル・ターボ(オーナー:しまむらさん) by サウンドステーション クァンタム 後編

愛車のスピーカー交換を実施して音の激変ぶりに驚いたオーナーのしまむらさん。いろいろな曲を聴き込む中でカーオーディオならではの楽しみ方を見つけ出している。製作ショップである茨城県のサウンドステーション クァンタムの技術力にも高い信頼を置く。

カーオーディオ 特集記事
car audio newcomer! VWビートル・ターボ(オーナー:しまむらさん) by サウンドステーション クァンタム 後編
  • car audio newcomer! VWビートル・ターボ(オーナー:しまむらさん) by サウンドステーション クァンタム 後編
  • car audio newcomer! VWビートル・ターボ(オーナー:しまむらさん) by サウンドステーション クァンタム 後編
  • car audio newcomer! VWビートル・ターボ(オーナー:しまむらさん) by サウンドステーション クァンタム 後編
  • car audio newcomer! VWビートル・ターボ(オーナー:しまむらさん) by サウンドステーション クァンタム 後編
  • car audio newcomer! VWビートル・ターボ(オーナー:しまむらさん) by サウンドステーション クァンタム 後編
  • car audio newcomer! VWビートル・ターボ(オーナー:しまむらさん) by サウンドステーション クァンタム 後編
  • car audio newcomer! VWビートル・ターボ(オーナー:しまむらさん) by サウンドステーション クァンタム 後編

愛車のスピーカー交換を実施して音の激変ぶりに驚いたオーナーのしまむらさん。いろいろな曲を聴き込む中でカーオーディオならではの楽しみ方を見つけ出している。製作ショップである茨城県のサウンドステーション クァンタムの技術力にも高い信頼を置く。

カーオーディオならではの
“凝縮感”のある音を見つけ出す

プロショップでスピーカー交換を実施して、サウンドの向上をリアルに感じたオーナー。ユニット選び、そして取り付けや調整がいかに大切かを感じていた。音楽が大好きで幅広いジャンルを聴くオーナーは、ここから手持ちの音源をどんどん聴き込んで、自分のクルマの音と向きあって行くことにした。いろんな曲を聴くと次々と発見があり、ますます楽しくなったオーナーはカーオーディオの魅力をあらためて感じることになる。

「いろいろな曲を聴いていくと“カーオーディオならではの鳴り方”があるんだと言うことがわかってきました。そのひとつがホームオーディオは音像がすごく明確で良いけど、カーオーディオは音がまとまっている感じがすごく良いです。凝縮感がある音がカーオーディオのひとつの魅力なんだと感じたんです。ホームオーディオじゃ鳴らない音があるのも事実です。ホームオーディオもヘッドホンもこれまでいろいろ試して楽しんできましたが、カーオーディオはそれとは別もの。自分にとっては3つめの音楽体験だと感じています」。

多彩なジャンルの曲を幅広く聴き込んでいるオーナー。石原裕次郎の曲も好きでよく聴くことがあり、スピーカー交換後に再生して印象的な一曲になったという。

「石原裕次郎の曲を再生したときのインパクトが強烈でまさに目の前で歌っている感じがしました。これは凄いと思いました。リアル感がある、声が立っている、目の前に本人がいる、そんな体験がクルマの中でできるとは思ってもいませんでした。」

さらに大滝詠一もオーナーお気に入りのアーティストの一人。ここでも新しい音楽体験をしたという。

「スピーカー交換後の愛車で聴くと音数がすごく増えているのがすぐにわかりました。元々ハッキリした音像が出にくい曲調なんですが、それを心地良く聴かせるのも良いところです。またピーター・ポール&マリーの曲で印象的だったのはベースの音です。すごく気持ち良くってリアル、演奏しているアーティストが近い感覚です。ホームオーディオよりも良いんじゃ無いかと思いました」。

“好きな曲をもっと良く聴きたい”を
具現化してくれるプロショップの魅力

今回のスピーカーインストールでカーオーディオの可能性の高さを思い知ったオーナー。その音質改善にはプロショップの技術力、提案力が欠かせなかったとも思っているという。

「今回、クァンタムでスピーカーを取り付けるまではプロショップは敷居が高いと思っていたんですが、実際にショップに行ってみるとそうじゃないことがわかりました。最初は探り探りでしたが、どうせスピーカー交換するならプロショップに頼みたいと思ったのは正解でした」

またプロショップにはプロショップにしかない魅力が多くあることも実際に来店して感じたという。

「オーディオに関する、突っ込んだ会話ができるのもプロショップの良いところです。私はホームオーディオも知っていることもあって、ある程度オーディオの知識があったので、より深い話ができたのも楽しかったポイントです。ショップと長く付き合っていくにはそんな要素も大切だと感じました」。

さらに前編でもお伝えしたように、複数のスピーカーユニットから自分の好みのモデルを選び出すサポートをしてくれるのもプロショップならではの魅力だとオーナーは感じている。

「決まったユニットを取り付けるだけではなく、プロショップは選択肢の幅がとにかく広いんです。どんな方向性だって選べる懐の深さがある感じですね。また“どう鳴らしたいのか”も聞いてくれて、それを実現してくれるのも信頼性が高いです。ショップからの提案も複数あって選べるのも良いところです。“自分が好きな曲をもっと良く聴きたい”と思っていた私にはプロショップはぴったりの環境でした。」

一方でプロショップは柔軟性も高く、いろいろな相談にも乗ってくれるところもオーナーのお気に入りとなった。

「“こうしなければダメ”と言わないところも好感が持てました。しかし一方では“ダメなものはダメ”とズバリと指摘してくれるところも明快でわかりやすかったです。そういった意味でプロショップの良いところを体感したスピーカー交換になりました。」

音質改善の方向性を見極めたオーナー
今後は新たなシステムアップを検討中

スピーカー交換後、通勤や普段使いに大活躍しているビートル。特に通勤には1時間程度クルマに乗るというオーナーなのでオーディオが不可欠となっている。

「ビートルは外板も厚くて車外の音があまり入ってこないのが良いところです。以前乗っていた軽カーやコンパクトカーと比べるとベースとなる音がすごく良いと感じています。スピーカー交換の満足度も高くて、毎日の通勤や音楽を聴くためにちょっと出かけるドライブも存分に楽しんでいます。」

先にも紹介した通り、多彩な音楽ジャンルを楽しむオーナー。ロックからポップス、歌謡曲、演歌まで幅広い音楽を聴く。ライブラリーは実に2万曲以上で、気分に合わせて車内で楽しんでいる。

「特に今の状態の音は60年代の音楽にすごく合っていると感じています。今後はさらに良い音にするためのシステムアップも徐々に考えていこうと思っています。」

密かに計画中のシステムアップについては自分でもその方法を調べて、どんなユニットを追加するかなどを常に考えている。

「カーオーディオのシステムやユニットのこともある程度調べて知識は少し付いてきました。次は高音質ナビやDSPを導入してみたいと考えているところです。もっとクリアな音でフォーカスもクッキリさせる方向で音を進化させていきたいです。」

スピーカー交換でカーオーディオの底知れぬポテンシャルを感じたオーナー。自分の好きな曲をもっと良く聴くための高音質化への探求はまだまだ続いていく。

《土田康弘》

特集

page top