カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN SKYLINE(オーナー・高根澤秀征さん) by lc sound factory 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN SKYLINE(オーナー・高根澤秀征さん) by lc sound factory 後編

前編では箱載せスタイルから劇的な進化を果たしたトランクを紹介した高根澤さんのスカイライン。コクピットまわりにも栃木県のlc sound factoryによるハイレベルなカスタムが施される。イメージカラーのグリーンを効果的に使ったカスタム処理が見どころだ。

カーオーディオ 特集記事
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN SKYLINE(オーナー・高根澤秀征さん) by lc sound factory 後編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN SKYLINE(オーナー・高根澤秀征さん) by lc sound factory 後編
  • 内外装、足まわりなどをカスタム進行中のスカイライン。近年はオーディオにも力を入れてグレードアップを続けている。
  • フロントまわりの見どころはなんと言ってもアウターバッフル。テーマカラーのグリーンで彩られたバッフルが美しく映える。
  • 純正ドアにぴったりフィットするバッフル形状で純正インテリアとのデザイン上の融合感も抜群。
  • バッフルとスピーカーユニットの間にはリング状のアクリルを配してイルミ効果を狙う。薄い光源が上質な雰囲気を出している。
  • トゥイーターはドア反撮り部分にある純正位置にビルトイン。インテリアのデザインを損なうことのないスマートな取り付けだ。
  • スピーカーはロックフォードのセパレート2ウェイであるT2652-Sをチョイス。グリル部分にはロックフォードのロゴを配した。
  • 内装カスタムのとっかかりはAピラーだった。オーナー自らがDIYで張り替えたという力作。このグリーンイメージが内装を統一する。

前編では箱載せスタイルから劇的な進化を果たしたトランクを紹介した高根澤さんのスカイライン。コクピットまわりにも栃木県のlc sound factoryによるハイレベルなカスタムが施される。イメージカラーのグリーンを効果的に使ったカスタム処理が見どころだ。

デザイン性豊かなアウターバッフルは
オーナーが望んだデザイン&カラーを投入

内外装、足まわりなどをカスタム進行中のスカイライン。近年はオーディオにも力を入れてグレードアップを続けている。

内外装、足まわりなどをカスタム進行中のスカイライン。近年はオーディオにも力を入れてグレードアップを続けている。

フロントまわりの見どころはなんと言ってもアウターバッフル。テーマカラーのグリーンで彩られたバッフルが美しく映える。

フロントまわりの見どころはなんと言ってもアウターバッフル。テーマカラーのグリーンで彩られたバッフルが美しく映える。

純正ドアにぴったりフィットするバッフル形状で純正インテリアとのデザイン上の融合感も抜群。

純正ドアにぴったりフィットするバッフル形状で純正インテリアとのデザイン上の融合感も抜群。

バッフルとスピーカーユニットの間にはリング状のアクリルを配してイルミ効果を狙う。薄い光源が上質な雰囲気を出している。

バッフルとスピーカーユニットの間にはリング状のアクリルを配してイルミ効果を狙う。薄い光源が上質な雰囲気を出している。

イベントで見かけたオーディオカーに影響を受けて、愛車のスカイラインに本格的なオーディオをインストールすることを決意したオーナーの高根澤さん。前編で紹介したトランクルーム同様、コクピットまわりにもイメージカラーであるグリーンを効果的に使ったカスタムインストレーションが施されているのが見どころとなった。

フロントスピーカーに選んだのはロックフォードのT2652-S。オーディオに詳しくなかった頃から知っていたというロックフォード・ブランド、オーディオを付けるなら同ブランドのユニットと考えたいたのでトランクルームのサブウーファー、パワーアンプと合わせてフロントスピーカーもロックフォードのユニットで統一することにした。

ミッドバスはドアにアウターバッフルで取り付ける。高音質化の効果はもちろんデザイン性も重視したオーナーは「カッコいいデザイン」「大好きなグリーンを取り入れたカラーリング」をアウターバッフルのデザインとしてショップにリクエスト。こうしてでき上がったのがこのバッフルだった。アウター化によってロックフォードT2のマグネットを余裕で収めることができ、高音質スピーカーのポテンシャルを発揮するにも十分な構造とした。

デザイン面ではバッフル面をグリーンで処理。スピーカーとの間にはアクリルを設置してイルミによるドレスアップ効果も加えている。またドアポケットなどを残すなど純正ドアの大部分を残し、スピーカーグリルまわりのみを加工するスタイルでありながら、ドアとのライン合わせ、デザインの統一感も抜群に仕上げているのも見どころのひとつだ。

トゥイーターは純正位置にビルトイン
AピラーはDIYによる張り替え処理

トゥイーターはドア反撮り部分にある純正位置にビルトイン。インテリアのデザインを損なうことのないスマートな取り付けだ。

トゥイーターはドア反撮り部分にある純正位置にビルトイン。インテリアのデザインを損なうことのないスマートな取り付けだ。

スピーカーはロックフォードのセパレート2ウェイであるT2652-Sをチョイス。グリル部分にはロックフォードのロゴを配した。

スピーカーはロックフォードのセパレート2ウェイであるT2652-Sをチョイス。グリル部分にはロックフォードのロゴを配した。

内装カスタムのとっかかりはAピラーだった。オーナー自らがDIYで張り替えたという力作。このグリーンイメージが内装を統一する。

内装カスタムのとっかかりはAピラーだった。オーナー自らがDIYで張り替えたという力作。このグリーンイメージが内装を統一する。

ロックフォードT2のトゥイーターはドア上部の純正位置にビルトインされる。グリル部分にはロックフォードのバッジを取り付けることでしっかり存在感を出しているのもこだわり。

一方、Aピラーはグリーンの人工スエードを使って張り替え処理されている。このカスタム処理は実はオーナーのハンドメイドによるもの。インテリアカスタムの手はじめとして、オーナーが好きなグリーンの生地を用意してDIYで作業を実施したもの。その後にインストールしたオーディオ関連の加工には、このグリーンに合わせて生地が選ばれインテリアの統一感を出している。

今後はインテリアを全面張り替えするカスタムを計画中のオーナー。ドアのデッドニングなども合わせて実施する予定で、ますますインテリアカスタム、オーディオの両面でのレベルアップを図っていく予定だという。

純正オーディオ+ブルートゥースを使った
ライトなシステムで使いやすさを追求

純正オーディオを使ったシステムは使いやすさを追求してのこと。ブルートゥースでスマホを接続するスタイルで音楽を楽しむ。

純正オーディオを使ったシステムは使いやすさを追求してのこと。ブルートゥースでスマホを接続するスタイルで音楽を楽しむ。

コクピットまわりには要所にグリーンのカスタムを配置しているのが特徴。今後もインテリアカスタムは進化させていく予定だ。

コクピットまわりには要所にグリーンのカスタムを配置しているのが特徴。今後もインテリアカスタムは進化させていく予定だ。

オーディオにすっかり魅了されたオーナーの高根澤さん。「全開で鳴らした時の重低音が最高」とサウンドにも満足している。

オーディオにすっかり魅了されたオーナーの高根澤さん。「全開で鳴らした時の重低音が最高」とサウンドにも満足している。

スマホに保存した音源を再生することが多いというオーナー。純正オーディオに対してブルートゥースで接続して再生するという手軽なスタイルを好んで用いている。普段聴いている音楽ファイルをそのままクルマに持ち込むという意味では、もっともシンプルで使いやすいミュージックプレイヤー環境と言えるだろう。

それを可能にしているのはロックフォードのプロセッサーであるDSR1だ。純正オーディオのハイレベル出力をインプットしてディレイやイコライザーなどの調整機能を駆使することができる。こうして詳細な調整を施した音声信号を2台のパワーアンプに対して出力するという充実のシステムを構築した。これなら純正オーディオを使っていても十分な調整を施すことができ、なおかつ外部アンプなどのシステム発展性も十分なのだ。

イベントで見かけたオーディオカーがきっかけでインストールをはじめたオーナー。当初の箱載せスタイルでも存分に楽しみ、ステップアップを楽しんでいる最中だ。今後もますますオーディオ面のグレードアップを実施していく予定だという。

《土田康弘》

特集

page top