カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN SKYLINE(オーナー・高根澤秀征さん) by lc sound factory 前編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN SKYLINE(オーナー・高根澤秀征さん) by lc sound factory 前編

スカイラインのカスタムを手がける中でオーディオの楽しさを見つけた高根澤さん。箱載せのライトなスタイルからスタートして、トランク全面をカスタムするヘビーカスタムへと進化させてきた。栃木県のlc sound factoryによるレベルの高いカスタムをご覧あれ。

カーオーディオ 特集記事
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN SKYLINE(オーナー・高根澤秀征さん) by lc sound factory 前編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN SKYLINE(オーナー・高根澤秀征さん) by lc sound factory 前編
  • スカイラインをカスタムする中でオーディオに出会ったオーナー。トランク、フロントまわりとフルカスタムが完成した。
  • トランクルームの仕上がりはかなりヘビー。サブウーファー×2発に加え中高域用のスピーカーやパワーアンプなどを詰め込む。
  • 両サイドの2ウェイスピーカーのバッフルはわずかに角度が付けられているのがわかる。立体的なデザインも独特だ。
  • サブウーファーにはお気に入りのロックフォードをチョイス。パンチシリーズの12インチで迫力の低音を響かせる。
  • フロアにはアンプラックを設置。パワーアンプ×2台とキャパシターをインストールして、見せるデザインを施した。
  • 中高域用のスピーカーとしてロックフォードのT2をチョイス。大きなバッフル面は弧を描くデザインで個性的なフォルムを持つ。
  • フロア右サイドにはロックフォードのパワーアンプ・T600-4、左サイドには同じくロックフォードのT1500-1dbcpをインストール。

スカイラインのカスタムを手がける中でオーディオの楽しさを見つけた高根澤さん。箱載せのライトなスタイルからスタートして、トランク全面をカスタムするヘビーカスタムへと進化させてきた。栃木県のlc sound factoryによるレベルの高いカスタムをご覧あれ。

イベントで出会ったオーディオカーに
影響を受けてカスタムオーディオをスタート

スカイラインをカスタムする中でオーディオに出会ったオーナー。トランク、フロントまわりとフルカスタムが完成した。

スカイラインをカスタムする中でオーディオに出会ったオーナー。トランク、フロントまわりとフルカスタムが完成した。

トランクルームの仕上がりはかなりヘビー。サブウーファー×2発に加え中高域用のスピーカーやパワーアンプなどを詰め込む。

トランクルームの仕上がりはかなりヘビー。サブウーファー×2発に加え中高域用のスピーカーやパワーアンプなどを詰め込む。

両サイドの2ウェイスピーカーのバッフルはわずかに角度が付けられているのがわかる。立体的なデザインも独特だ。

両サイドの2ウェイスピーカーのバッフルはわずかに角度が付けられているのがわかる。立体的なデザインも独特だ。

愛車のスカイラインに対してさまざまなカスタムを手がけていた高根澤さん。あるとき出かけたUS系のカーイベントでクオリティの高いオーディオインストールを施したクルマを見て魅了された。

「すごくかっこいいなと思いました。ローライダー系のガッツリカスタムした、魅せるオーディオを組んで目立たせたいと思ったのもこのときイベントで見たオーディオカーがきっかけでした」。

早速オーディオのインストールを計画したオーナー、まずは取り付けるユニットのブランドを決める。それがロックフォードだった。

「ロックフォードは以前から名前は知っていてイメージもすごく良かったのでオーディオを付けるならばロックフォードを使いたいと思っていたんです。そのため、迷うことなくユニットはロックフォードで決定しました」。

まずはウーファーボックスを組んでトランクルームに設置する、いわゆる“箱載せ”のスタイルからスタート。ロックフォード・P1の12インチサブウーファーを2発組んで、これまで体験したことのない低音の鳴りっぷりを体験する。あまりの心地良さから2年間はこの状態でオーディオの鳴りを楽しむことになる。しかし徐々に中高域の物足りなさを感じるようになりリメイクを計画する。それが今回のトランクルーム全面を使ったカスタムとなったのだ。

サブウーファーに加え中高域スピーカーを
両サイドに設置して帯域バランスを整える

サブウーファーにはお気に入りのロックフォードをチョイス。パンチシリーズの12インチで迫力の低音を響かせる。

サブウーファーにはお気に入りのロックフォードをチョイス。パンチシリーズの12インチで迫力の低音を響かせる。

フロアにはアンプラックを設置。パワーアンプ×2台とキャパシターをインストールして、見せるデザインを施した。

フロアにはアンプラックを設置。パワーアンプ×2台とキャパシターをインストールして、見せるデザインを施した。

中高域用のスピーカーとしてロックフォードのT2をチョイス。大きなバッフル面は弧を描くデザインで個性的なフォルムを持つ。

中高域用のスピーカーとしてロックフォードのT2をチョイス。大きなバッフル面は弧を描くデザインで個性的なフォルムを持つ。

トランクカスタムの特徴のひとつは既存の“箱載せスタイル”で使っていたサブウーファーのエンクロージャーを利用して、左右に中高域用のスピーカー、フロアにパワーアンプなどのオーディオラックを追加設置した点。しかも既存のエンクロージャーはトランクないのオーディオパネルに見事に一体化されて、どこからが新規設計なのかが見分けが付かない。既存のインストールをムダにすることなく、新規設計のラックと一体化したカスタム処理が独特だ。

前面のウォールにはロックフォードP1の12インチサブウーファーを2発インストール。鳴りっぷりの良さからオーナーもお気に入りのユニットだ。そしてトランクオープンして鳴らしているときに不足を感じていた中高域を補うのが両サイドに設置されたロックフォードT2の2ウェイスピーカー。トランクルームに溶け込むラウンドするバッフルデザインを取り入れ、クルマとオーディオとのデザイン的な融合も見事にこなすデザイン上のポイントでもある。

さらにフロアにはロックフォード・パワーシリーズのパワーアンプ×2台と、キャパシターをビルトイン。新たにワンオフしたアンプラックを設け、トランクルームのすべての面にオーディオユニットを敷き詰めるというデザインを完成させた。

グリーンで統一されたデザイン処理
オーナーお気に入りのカスタムが完成

フロア右サイドにはロックフォードのパワーアンプ・T600-4、左サイドには同じくロックフォードのT1500-1dbcpをインストール。

フロア右サイドにはロックフォードのパワーアンプ・T600-4、左サイドには同じくロックフォードのT1500-1dbcpをインストール。

フロアの中央分にはロックフォードのキャパシター・RFC10HBをインストール。デザイン的な統一感でもピタリと決まる処理だ。

フロアの中央分にはロックフォードのキャパシター・RFC10HBをインストール。デザイン的な統一感でもピタリと決まる処理だ。

サブウーファーの両サイドにある中高域スピーカーのバッフルは、アールを使って美しくデザインされているのが見て取れる。

サブウーファーの両サイドにある中高域スピーカーのバッフルは、アールを使って美しくデザインされているのが見て取れる。

フルリメイクが施されたトランクルームは以前の箱載せスタイルとはまったく異なるレベルの高いカスタムデザインとなった。デザイン上のキーワードになるのはそのカラーリングだ。オーナーが好きだというグリーンをイメージカラーに採用しスピーカーのバッフル面、パワーアンプの取り付けパネルなどに使用。このグリーンはコクピットまわりにも差し色として使うなど、クルマ全体を統一するポイントになっている。

さらに細部を見ると手の込んだ作り込みも随所に見られる。フロアのアンプラックはボックス内をグリーンに処理、パワーアンプの裏側から間接照明を使ってライトアップすることでユニットを浮き立たせている。さらにラックのベース部はブラックのレザー、アクリルを用いた中央のカバー部分はグリーンで処理することでメリハリを付けているのもデザイン上のこだわりだ。

さらにサブウーファーの両サイドに設けられた2ウェイスピーカーのバッフル面にも注目。バッフル全体は弧を描くデザインで作られ、なおかつやや内向きにバッフル面をスラントさせた独特のデザインを採用。加えて周囲のパネル面をやや盛り上げることで間接照明を仕込みグリーンのバッフルを美しく照らし出しているのも個性的な光の演出になっている。

手の込んだカスタムを随所に込めたトランクルーム。オーナーの狙い通りのデザイン、カラーリングそしてサウンドに仕上がった。次回の後編ではトランク同様にレベルの高いコクピットまわりのカスタムを紹介するのでこうご期待。

《土田康弘》

特集

page top