カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN TEANA(オーナー・吉福利諒さん) by asu.company 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN TEANA(オーナー・吉福利諒さん) by asu.company 後編

カーオーディオ 特集記事

フロントスピーカーにスーパーハイエンドのZRスピーカーをチョイスした超弩級システムを組んだ吉福さん。最上級のユニット群を福岡県のasu.companyが高度な技術力でインストール&調整を施し、超ハイエンドなサウンドが楽しめるカスタムとなった。

◆試聴会で魅了されたZRスピーカーをチョイス

トランクルームもコクピットも高音質に似つかわしいシックなデザインを施したティアナ。落ち着いたインストールが重厚だ。

《トランクルームもコクピットも高音質に似つかわしいシックなデザインを施したティアナ。落ち着いたインストールが重厚だ。》

バッフル面を大きく取ったアウターバッフルを組んだドア。純正ポケットを撤去したことでインストールの幅がぐっと広がっている。

《バッフル面を大きく取ったアウターバッフルを組んだドア。純正ポケットを撤去したことでインストールの幅がぐっと広がっている。》

スピーカーそのものの存在感があるZRスピーカーだけに、ムダな小細工は無用。落ち着いたインストールで高級感を引き出す。

《スピーカーそのものの存在感があるZRスピーカーだけに、ムダな小細工は無用。落ち着いたインストールで高級感を引き出す。》

以前はデジタル系のシステムを組んでいたという吉福さん。ZRスピーカーの試聴会に参加したときに聴いた音に惚れ込み、システム変更を決断したのだという。とにかくZRスピーカーのサウンドは他とは比べられない“オーナー好みの音”だった。試聴会の後まもなくグラウンドゼロのパワーアンプでドライブし、最上級のサウンドを狙うシステムのインストールをオーダーしたのだという。

フロントスピーカーはZRスピーカーのZR Entry 18MWと25Tの2ウェイでシステムを構築。スピーカーそのものに強烈な存在感があるZRスピーカーだけに、しっかりとスピーカーの素材を見せるデザインを施す。しかしイメージはあくまでもシックに、落ち着いたコクピットをデザインするのがテーマになった。

ドアは純正のポケットを撤去して広い面を確保したアウターバッフルをインストールする。スピーカーには保護グリルを取り付け周囲にはLEDテープを使ったイルミ処理も施されている。さらに周辺パネルにはトランクルームでも使った毛足のある生地をピンルーターで格子状にスリット加工する独自のデザインを施したのもポイント。インテリアの統一感を生地の加工というアイデアで図っているのもこのクルマの見どころだ。


◆トランクスルー全面を使って異形エンクロージャーを製作

Aピラーもシンプルにトゥイーターを埋め込み処理を施す。イルミ処理もアクリルを使った落ち着いたデザインで仕上げる。

《Aピラーもシンプルにトゥイーターを埋め込み処理を施す。イルミ処理もアクリルを使った落ち着いたデザインで仕上げる。》

トゥイーターに取り付けられている目の粗い純正グリルも個性的なデザインに一役買っている。

《トゥイーターに取り付けられている目の粗い純正グリルも個性的なデザインに一役買っている。》

リアのトランクスルーを全面使って異形のエンクロージャーを設置。十分な容量のシールドボックスを組んで低音を響かせる。

《リアのトランクスルーを全面使って異形のエンクロージャーを設置。十分な容量のシールドボックスを組んで低音を響かせる。》

ZRスピーカーのトゥイーター(ZR Entry 25T)はAピラーにシンプルにインストールされる。保護グリルを用いた取り付けスタイルは奇をてらったデザイン処理はないものの存在感は抜群。アクリルリングを使ってイルミを間接照明で用いるデザインで魅せる効果も引き出している。

サブウーファーはグラウンドゼロのGZHW30Xをトランクにインストール。リアシートを倒せば振動板が現れる構造で車室内に直接音を響かせる設定とした。またエンクロージャーはトランクスルーのスペースにぴったりとはまる異形デザインで製作。十分な低音再生が可能なエンクロージャー容量を確保した。ZRスピーカーのフロントスピーカーを引き立てる、質の高い低音を響かせるのには十分なユニット&インストールとなった。

フロント2ウェイをドライブするパワーアンプにはグラウンドゼロのGZPA Reference4SYM、サブ-ファー用には同じくグラウンドゼロのGZNA 1,2550DXIIをシステムする。トルクのあるパワーアンプで2ウェイ+サブウーファーのスピーカー群を見事にドライブしたこのクルマ、スーパーハイエンドならではの定位感やクリアなサウンドなど、他では味わえないサウンドにオーナーも大満足だ。

◆DAPによるデジタル音源を用いプロセッサーで高度な調整を施す

コクピットはあくまでも高級感を高めるインストールを施した。シンプルでシックなデザインがテーマになった。

《コクピットはあくまでも高級感を高めるインストールを施した。シンプルでシックなデザインがテーマになった。》

ヘッドユニットにはDAPのFiioX3を用いる。サウンド調整にはグラウンドゼロのプロセッサーを用いてコントロール性を高めた。

《ヘッドユニットにはDAPのFiioX3を用いる。サウンド調整にはグラウンドゼロのプロセッサーを用いてコントロール性を高めた。》

ヘッドユニットにチョイスしたのはFiioのX3。外部DACを介して光デジタル出力に変換し、グラウンドゼロのプロセッサーであるGZDSP 6-8Xに入力するというシステムを組む。グラウンドゼロの操作部はセンターコンソール後部に埋め込み設置するなど、操作性とシンプルで上質なデザインを兼ね備えた。

20歳にしてハイエンドなカーオーディオの世界に魅了されてしまったオーナー。「もっと良い音」「もっと自分好みの音」を追求していく中で見つけ出したスピーカーやパワーアンプ。ひとつひとつのセレクトにこだわり、なおかつインストールデザインにこだわって作り上げたこのクルマには思い入れもたっぷり。最上級のサウンドに似つかわしい高級感溢れるデザインを兼ね備えたことも、オーナーの自慢のポイントとなった。
《土田康弘》

特集

page top