早春の恒例イベント「イースセミナー & ショー2017」が大開催! コンテスト参加車両リポート! Part.2 | Push on! Mycar-life

早春の恒例イベント「イースセミナー & ショー2017」が大開催! コンテスト参加車両リポート! Part.2

カーオーディオ 特集記事

グラウンドゼロの超巨大サブウーファー『The  GERMANATOR』も展示された。ちなみに、横に並んでいるサブウーファーは30cmモデル。
  • グラウンドゼロの超巨大サブウーファー『The  GERMANATOR』も展示された。ちなみに、横に並んでいるサブウーファーは30cmモデル。
  • レクサス・NX by カーオーディオクラブ
  • レクサス・NX by カーオーディオクラブ
  • レクサス・NX by カーオーディオクラブ
  • レクサス・NX by カーオーディオクラブ
  • レクサス・NX by カーオーディオクラブ
  • レクサス・NX by カーオーディオクラブ
  • レクサス・NX by カーオーディオクラブ
2017年、3月14日、15日の2日間にわたり、沼津卸商社センター(静岡県駿東郡清水町)にて盛大に開催された、「イースセミナー & ショー2017」。そこで繰り広げられた各種コンテストにエントリーした、当サイトの登録店の注目車両をご紹介している。

今回は、その後編として、優秀オーディオカー計8台を、一気に掲載する。


レクサス・NX by カーオーディオクラブ

レクサス・NX by カーオーディオクラブ
レクサス・NX by カーオーディオクラブレクサス・NX by カーオーディオクラブレクサス・NX by カーオーディオクラブレクサス・NX by カーオーディオクラブレクサス・NX by カーオーディオクラブレクサス・NX by カーオーディオクラブ
大阪府から参加したカーオーディオクラブは、レクサス・NXを「サウンド3ウェイクラス」にエントリーさせた。主要な使用ユニットは以下のとおり。フロントスピーカーは、スーパーハイエンドブランド、RSオーディオのマスター3。パワーアンプにはロックフォード・フォズゲートのT1000-4を使い、サブウーファーにもロックフォードを採用している。ラゲッジスペースのカスタムもなかなかのインパクト。実用性を考慮してフラットにインストールしつつも、LEDとアクリルを効果的に使って、エレガントなルックスを獲得している。サウンドもサスガのクオリティ。音色がふくよかで緻密。とにもかくにも耳当たりが心地良い、リッチなサウンドが楽しめた。

トヨタ・プリウス by ルロワ

トヨタ・プリウス by ルロワ
トヨタ・プリウス by ルロワトヨタ・プリウス by ルロワトヨタ・プリウス by ルロワトヨタ・プリウス by ルロワトヨタ・プリウス by ルロワ
愛知県のルロワはプリウスで、「デモカークラス」、「サウンド2ウェイクラス」、「FDSクラス」に参戦した。搭載システムは、クラリオン・フルデジタルサウンドの基本ラインナップ、フルデジタルサウンドプロセッサー(サウンドプロセッサー/ツィーター/コマンダー)『Z3』、フルデジタルスピーカー『Z7』、フルデジタルサブウーファー『Z25W』×1発という構成。音質を最優先させたインストールがされているのだが、ルックスも秀逸。品良く、スタイリッシュに仕上げられている。試聴してみると、圧巻のHi-Fiサウンド。情報量が多く、きめ細やかで、コクがある。それでいてクリアで見通しが良い。充実感の高い、リッチなサウンドを満喫できた。

スバル・レガシィアウトバック by アークライド

スバル・レガシィアウトバック by アークライド
スバル・レガシィアウトバック by アークライドスバル・レガシィアウトバック by アークライドスバル・レガシィアウトバック by アークライドスバル・レガシィアウトバック by アークライドスバル・レガシィアウトバック by アークライド
千葉県のアークライドは、レガシィアウトバックで参加した。エントリーしたクラスは「サウンド2ウェイクラス」。その2ウェイシステムは、トゥイーターがRSオーディオのRS Revelation HAC、ミッドウーファーも同・RS Revelation MB165 HAC。サブウーファーにも同・RS A12DVCが2発採用されていた。これらのポテンシャルを最大限引き出すことを目標に、十分に手をかけて各スピーカーをインストール。さらにはパワーアンプにも、RSオーディオの実力モデル、RS Revelation A20が3台もおごられていた。また、電源強化にも抜かりナシとのことだった。その音は、質感の良さがまずは印象的。その上で深みがあり、伸びもある。ハイレベルなサウンドを堪能できた。

スズキ・イグニス by イースト

スズキ・イグニス by イースト
スズキ・イグニス by イーストスズキ・イグニス by イーストスズキ・イグニス by イーストスズキ・イグニス by イースト
大阪府から参加したイーストは、イグニスで「サウンド2ウェイクラス」と「FDSクラス」にエントリーした。搭載システムは、クラリオンのフルデジタルサウンドプロセッサー『Z3』、フルデジタルスピーカー『Z7』、フルデジタルサブウーファー『Z25W』×1発という構成だ。インストールスタイルは、至って現実的な仕様。トゥイーターをミラー裏にカスタムインストールしつつも、ミッドウーファーはインナーバッフルで装着。サブウーファーも、ラゲッジの積載性を犠牲にしないフラットインストールが敢行されている。聴いてみると、タイトで反応の速い、パンチの効いた低音が心地良く、全体的には、スムーズで緻密。フルデジタルらしからぬ温かみのあるテイストにも好感が持てた。

トヨタ・bB by サウンドウェーブ

トヨタ・bB by サウンドウェーブ
トヨタ・bB by サウンドウェーブトヨタ・bB by サウンドウェーブトヨタ・bB by サウンドウェーブトヨタ・bB by サウンドウェーブトヨタ・bB by サウンドウェーブ
茨城県のサウンドウェーブは、トヨタ・bBで、「デモカークラス」、「サウンド2ウェイクラス」、「FDSクラス」の3クラスにエントリー。システムは、クラリオンのフルデジタルサウンドプロセッサー『Z3』、フルデジタルスピーカー『Z7』、フルデジタルサブウーファー『Z25W』×1発というラインナップ。インストールにおいてのハイライトは、ミッドウーファーの搭載スタイル。角度を振って、スピーカーが発する情報をロスなく聴けるようにしてあるのだ。物理的なチューニングを追い込むことで、機械的な調整機能の使用を最小限にとどめることができている。その音を試聴してみると、雑味がなくクリア。かつ、1音1音の充実感の高さにも唸らされた。

BMW・320d by エスイズ

BMW・320d by エスイズ
BMW・320d by エスイズBMW・320d by エスイズBMW・320d by エスイズBMW・320d by エスイズBMW・320d by エスイズ
岡山県のエスイズは、BMW・320dで参加した。エントリーしたのは「FDSクラス」。搭載システムは、クラリオンのフルデジタルサウンドプロセッサー『Z3』、フルデジタルスピーカー『Z7』、フルデジタルサブウーファー『Z25W』×1発という顔ぶれだ。ミッドウーファーは、スピーカーの性能を十分に引き出すべくアウターバッフルで取り付けた。サブウーファーについては、トランクフロアにボックスを埋め込み、積載性を損なわないインストレーションが実行されている。また、コマンダーが純正チックに収まっているところも注目点だ。その音は、高域が繊細でスムーズ、中域にはハリがあり、低域は伸びやかでかつほどよくタイト。完成度の高いFDSサウンドが展開されていた。

フォルクスワーゲン・ゴルフ5 by モービルサウンドテクノロジー

フォルクスワーゲン・ゴルフ5 by モービルサウンドテクノロジー
フォルクスワーゲン・ゴルフ5 by モービルサウンドテクノロジーフォルクスワーゲン・ゴルフ5 by モービルサウンドテクノロジーフォルクスワーゲン・ゴルフ5 by モービルサウンドテクノロジーフォルクスワーゲン・ゴルフ5 by モービルサウンドテクノロジー
東京都のモービルサウンドテクノロジーは、ゴルフ5を「デモカークラス」、「サウンド2ウェイクラス」、「FDSクラス」の計3部門にエントリーさせた。使用ユニットは、クラリオンのフルデジタルサウンドプロセッサー『Z3』、フルデジタルスピーカー『Z7』、そして、フルデジタルサブウーファー『Z25W』を2発搭載している。各ユニットは音質を最優先させて取り付けてあり、ドアのスピーカーはデッドニングを入念に行いながら、角度も振って十分な情報量を確保。なお、サブウーファーは果敢に2発を搭載しながらも、積載性もしっかりキープされている。試聴してみると、まずは低域のふくよかさ、弾力感に惹き付けられた。全体的にも躍動感が高く、生き生きとしたサウンドが味わえた。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント by マイスター一宮店

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント by マイスター一宮店
フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント by マイスター一宮店フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント by マイスター一宮店フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント by マイスター一宮店フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント by マイスター一宮店フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント by マイスター一宮店フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント by マイスター一宮店
愛知県のマイスターは、パサートヴァリアントで「サウンド3ウェイクラス」にエントリーした。主要ユニットは以下のとおり。フロントスピーカーはグラウンドゼロの、GZPT Reference28、GZPM Reference80、GZMW Reference180。サブウーファーにもグラウンドゼロを採用している。これらを鳴らすパワーアンプもすべてグラウンドゼロで統一してある。GZPA Reference2T、GZPA Reference4SYM、GZPA 1.4K-HCXという珠玉のラインナップとなっている。なおプロセッサーにはレインボウをチョイス。メインのソースユニットにはDAPを活用していた。その音には躍動感があり、かつリアルで生々しく立体感も申し分ない。ハイレベルなサウンドを心ゆくまで楽しめた。
《太田祥三》

特集

page top