【DIATONE NR-MZ60】実力を検証する! #1: 純正スピーカーでも高音質? その仕組みを知る | Push on! Mycar-life

【DIATONE NR-MZ60】実力を検証する! #1: 純正スピーカーでも高音質? その仕組みを知る

『ハイエンドソースユニット+ナビ』という新機軸ユニット、「DIATONE SOUND.NAVI」。

カーオーディオ 特集記事
【DIATONE NR-MZ60】実力を検証する!

『ハイエンドソースユニット+ナビ』という新機軸ユニット、「DIATONE SOUND.NAVI」。

この製品の大きな見どころである、『ハイエンドソースユニットとしての実力』について、マイカーライフではいろいろと掘り下げてご紹介してきた。しかし実はこの製品、ハイエンドユニットとして高い実力を誇る裏側で、もう1つのエポックな開発コンセプトが隠されている。当コーナーでは、そこのところに深く切り込んでみたい。

さて。「DIATONE SOUND.NAVI」には2機種がラインナップされている。NR-MZ60PREMIとNR-MZ60の2モデル。この2つでの大きな違いは、調整機能の内容。当サイトをご覧のカーオーディオフリークの方々には、迷いなくPREMIをおすすめしたいところ。音楽信号のきめ細やかさ、調整機能の充実ぶり、どこをとっても、最高レベルのソースユニットに仕上げられていることは疑う余地はない。


(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)



三菱電機「DIATONE SOUND.NAVI」NR-MZ60の実力を検証する! #1: 純正スピーカーでも高音質? その仕組みを知る#1
三菱電機「DIATONE SOUND.NAVI」NR-MZ60の実力を検証する! #1: 純正スピーカーでも高音質? その仕組みを知る#2


では、スタンダードグレードのNR-MZ60の存在意義は何なのか。とりあえずの低価格モデル、と思ってはいけない。実は、このモデルには、『一般ユーザーの音への価値観を変える』という願いが込められている。純正のカーオーディオ環境の中にこのモデルを投入してもらうことで、「音が良いことは、こんなにも気持ちいいものなのか」という気づきを促そう、というコンセプトが隠されているのである。

カーオーディオをたしなんでいる方なら、「カーオーディオは総合力。ソースユニットだけが良くても、スピーカーの質、取り付け方法、デッドニング、パワーアンプ、これらの何か1つでも欠けたら、理想的な音は得られない」とお考えだと思う。これは真実だ。ところが、NR-MZ60は、『純正スピーカーのままでも、ハイエンドオーディオの音世界を感じることができる』ユニットなのである。

理由は2つある。

1つめは、『音楽信号が抜群にきめ細かいから』。それは、例え純正スピーカーであっても違いとなって現れるレベル。逆のことを考えてほしい。超高級なスピーカーを付けていたとしても、音楽信号の質が低いと、そのままの音しか聴こえてこない。スピーカーには、送られてきた信号の質を変化させる(向上させる)能力はないのだ。


(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)



三菱電機「DIATONE SOUND.NAVI」NR-MZ60の実力を検証する! #1: 純正スピーカーでも高音質? その仕組みを知る#3
三菱電機「DIATONE SOUND.NAVI」NR-MZ60の実力を検証する! #1: 純正スピーカーでも高音質? その仕組みを知る#4


2つめは、ダイヤトーン独自の『マルチウェイタイムアライメント』機能があるから。通常、タイムアライメントを理想的に運用しようと思ったら、マルチアンプシステムが必須となる。2ウェイであったら、ツイーター、ミッドベース、それぞれに個別のタイムアライメントをかけたい。そのためには、各スピーカーを別chで鳴らす必要がある。DSPで帯域分割を行った後に、それぞれの信号に個別のタイムアライメントをかける。その上で、個別のパワーアンプのchを使って増幅。これが理想的なタイムアライメントのかけ方だ。

ところが、NR-MZ60では、パッシブネットワークを使っていても、あらかじめそれぞれのスピーカーが受け持つ音楽信号に、個別のタイムアライメントをかけることができる。純正スピーカーのままでも、配線加工やパワーアンプの追加なしで、理想的なタイムアライメントを適用させることができるのだ。これは画期的なことである。

音にこだわりはあるが、ドアのデッドニングを行ったり、スピーカーを替えるということまでは行おうとしていない人(純正スピーカーのままでいい、と考える人)対して、本格システムでしか実現できない音響条件を、いとも簡単に提供できる。

『信号の質が高い』『理想的なタイムアライメントの適用』この2つがあれば、純正スピーカーのままでも、以前とは見違える音に変化させることができるのである。

美味しい料理を食べて初めて、もっと美味しいものが食べたくなるもの。NR-MZ60はまさに、『美味しい料理の味を知らなかった人に、美味しいことの感動を教えてくれる』ユニットなのである。

これを多くの人が使って、良い音への気づきが促されたとしたら、カーオーディオ愛好家は、必ずや増えていくはずだ。本当の意味で、カーオーディオ業界の底辺を広げるユニットになるかもしれないのである。

それを、リーズナブルな価格で実現させてくれる、NR-MZ60。次回は、このユニットがどのくらいリーズナブルなのか、という点について細かく検証していこうと思う。

《太田祥三》

特集

関連ニュース

page top