[音の“極め方”研究]ドアスピーカーの性能を十二分に引き出せる特別な“取り付け方”がある!? | Push on! Mycar-life

[音の“極め方”研究]ドアスピーカーの性能を十二分に引き出せる特別な“取り付け方”がある!?

当特集では「音を極めたい!」と思ったときの効果的な、かつ本格的なやり方を紹介していこうと試みている。今回は、ドアスピーカー(ミッドウーファー)の大胆な取り付け方をクローズアップする。

カーオーディオ カーオーディオ特集記事

当特集では「音を極めたい!」と思ったときの効果的な、かつ本格的なやり方を紹介していこうと試みている。今回は、ドアスピーカー(ミッドウーファー)の大胆な取り付け方をクローズアップする。

「アウター化」を実行すると、音情報のロスがなくなる!?

早速本題に入ろう。交換する(した)ドアスピーカーの性能を可能な限り引き出したいと思ったときには、効果てきめんな方法がある。それは、「アウター化」だ。

これがどのようなものなのかを簡単に説明すると以下のとおりだ。「ドアスピーカーの取り付け面をドアパネル面まで立ち上げる取り付け方」だ。ドアスピーカーは普通はドアの内張りパネルの内部に装着されるので、車室内から振動板は見えない。対して「アウター化」では、スピーカーの振動板が見える。

で、「アウター化」が音に効く理由は至ってシンプルだ。それはズバリ、「振動板から放たれる音情報がダイレクトに車室内に放たれるから」だ。

対してドアスピーカーを内張りパネル内に収める取り付け方をした場合には、多少なりとも音情報が内張りパネル内に回り込む。もっとも「カーオーディオ・プロショップ」にて取り付ける場合には、そうなりにくいようにいくつかの工夫が凝らされるので、音を出したときに不満に思うことはない。スピーカーの性能はしっかりと発揮され、純正スピーカーの音とは見違える良音を楽しめる。

しかし、そこから「アウター化」へと変更すると、さらに音質が上がる。それほど「アウター化」は音に効くのだ。

「アウター化」はコストがかかる。純正状態にも戻し難い…。

ただし、「アウター化」はハードルが高い。ちなみに前回の記事にて説明した「ツイーターのカスタムインストール」も、パネルの改造を伴うハードな取り付け方だ。しかし「アウター化」と比べると、難易度は低い。パネルを加工する範囲が狭く、特にドアミラー裏に取り付ける場合にはそもそもパネル自体が小さい。なので純正状態に戻そうとするときの出費もそれほど多くはかからない。

対して「アウター化」は、改造する範囲がそこそこ広い。さらには構造が複雑で手間もかかる。なので取り付け工賃も相応に高くなる。また純正状態に戻そうとするときの出費もかさむ…。

とはいえ、高級スピーカーが選ばれる際には「アウター」が実行されることが多い。具体的には、スピーカーの価格が10万円を超えてくると「アウター化」が検討されることが増えてくる。ましてや30万円を超えるような高級スピーカーがチョイスされる場合には、「アウター化」が実行される確率はかなり高まる。せっかく高級機を使うのなら、その性能を可能な限り引き出したい、そうしないともったいない。そう考える愛好家が多いのだ。

やり方はさまざまある。コストと効果を秤(はかり)にかけて検討を!

ところで「アウター化」は手間がかかると説明したが、実際はどのようにして行われるのかも説明しておこう。さまざまなやり方があるが、スタンダードなのは以下のような方法だ。

普通ドアスピーカーは、「インナーバッフル」と呼ばれるパーツを土台としてドアの鉄板に装着される。「アウター化」を行う際には、その「インナーバッフル」が厚く作られてスピーカーが立ち上げられる。そうして取り付け面とドアパネル面の高さが揃えられる。

その上で内張りパネルとスピーカーとが一体化しているように仕上げていくのだが、そのやり方は大きく2つある。1つは一体化しているように見えて実は別体のままにしておくやり方で、もう1つはスピーカーの取り付け面にボードを噛ませてそのボードと内張りパネルとを接合するやり方だ。なお後者の実行の仕方も2とおりある。1つはボードとドアパネルとを完全に一体化させるやり方で、もう1つは2ピース構造とするやり方だ。

ちなみにいうと、ボードと内張りパネルとを完全に一体化させた方がパネルの強度が上がるので音質的には有利だ。しかし手間もかかるのでコストも上がる。さらに言うと細かくはさまざまなやり方がある。なのでどのようなやり方で仕上げるかは、効果とコストとを秤にかけて、ショップとじっくり相談の上で決定しよう。

ともあれ、どのようなやり方をするにしても「アウター化」は音を極めようとするときに大きなアドバンテージを発揮する。貴方もいつかはぜひともトライを。

《太田祥三》

特集

関連ニュース

page top