Pro Shop インストール・レビュー スズキ ハスラー(オーナー・秋月直美さん) by  EAST | Push on! Mycar-life

Pro Shop インストール・レビュー スズキ ハスラー(オーナー・秋月直美さん) by  EAST

シンフォニ クワトロリゴの3ウェイスピーカーを導入するレベルの高いシステムデザインを込めた秋月さんのハスラー。取り付けはいたってシンプルでDSPやアンプをシート下に納める。大阪府のEASTで使い勝手と音質を両立させた仕様を完成させた。

カーオーディオ 特集記事
Pro Shop インストール・レビュー スズキ ハスラー(オーナー・秋月直美さん) by  EAST
  • Pro Shop インストール・レビュー スズキ ハスラー(オーナー・秋月直美さん) by  EAST
  • シンフォニ クワトロリゴのテンポシリーズをフロントスピーカーとして選んだ。Aピラーにはミッド&ツイーターを美しくセット。
  • ピラーの加工は純正形状を大きく逸脱しないスマートな仕上げとした。ミッドレンジもバランス良く収まっている。
  • 普段使いするクルマなので使い勝手も大切。Aピラーの加工が見どころとなったがドアなどはインナー取り付けとしている。
  • シンフォニ クワトロリゴ・テンポシリーズのミッドバスをドアにインナー取り付け。高品質スピーカーを手軽に利用する例だ。
  • ラゲッジの隅にはキッカーのパワードサブウーファーであるHS10を設置した。10インチユニットによるよる余裕の低音を響かせる。
  • オーディオプレイヤーとしてはケンウッドのナビを利用する。操作性も高くハイレゾ再生にも対応するのが魅力だ。
  • シート下にはDSPやパワーアンプを凝縮してインストール。パネルの上面にはヘリックスのDSP3をインストールしているのが見える。

シンフォニ クワトロリゴの3ウェイスピーカーを導入するレベルの高いシステムデザインを込めた秋月さんのハスラー。取り付けはいたってシンプルでDSPやアンプをシート下に納める。大阪府のEASTで使い勝手と音質を両立させた仕様を完成させた。

クワトロリゴ・テンポの3ウェイを導入
ピラーのミッド&ツイーター取り付けが絶品

シンフォニ クワトロリゴのテンポシリーズをフロントスピーカーとして選んだ。Aピラーにはミッド&ツイーターを美しくセット。シンフォニ クワトロリゴのテンポシリーズをフロントスピーカーとして選んだ。Aピラーにはミッド&ツイーターを美しくセット。

ピラーの加工は純正形状を大きく逸脱しないスマートな仕上げとした。ミッドレンジもバランス良く収まっている。ピラーの加工は純正形状を大きく逸脱しないスマートな仕上げとした。ミッドレンジもバランス良く収まっている。

オーディオ好きなダンナさんの影響を受けて、奥さんもマイカーであるハスラーにオーディオのインストールをスタートした。フロント3ウェイ+サブウーファー、さらにはDSPや外部アンプをシステム。好きなユニットを厳選して理想のサウンドを作り上げた。

サウンド面でターゲットに定めたのは“音の広がり”“迫力を出すこと”だった。そのために選んだフロントスピーカーはシンフォニ クワトロリゴのテンポシリーズの3ウェイだ。その音色やサウンドの方向性がオーナーのイメージにぴったりはまった。

取り付け面で見どころとなったのはツイーター/ミッドレンジをAピラーにインストールした点だろう。オーナーもお気に入りとなったのが取り付けデザイン、ミッドレンジを無理なくピラー内にビストインした造形は見事。ツイーターとミッドレンジを縦に並べてインストールしているが、違和感を感じさせないスタイルはもちろん、スピーカーロケーションとしても非常に優秀な設置となった。

ラゲッジにはハイクオリティで定評の
パワードサブウーファーを設置

普段使いするクルマなので使い勝手も大切。Aピラーの加工が見どころとなったがドアなどはインナー取り付けとしている。普段使いするクルマなので使い勝手も大切。Aピラーの加工が見どころとなったがドアなどはインナー取り付けとしている。

シンフォニ クワトロリゴ・テンポシリーズのミッドバスをドアにインナー取り付け。高品質スピーカーを手軽に利用する例だ。シンフォニ クワトロリゴ・テンポシリーズのミッドバスをドアにインナー取り付け。高品質スピーカーを手軽に利用する例だ。

ラゲッジの隅にはキッカーのパワードサブウーファーであるHS10を設置した。10インチユニットによるよる余裕の低音を響かせる。ラゲッジの隅にはキッカーのパワードサブウーファーであるHS10を設置した。10インチユニットによるよる余裕の低音を響かせる。

テンポシリーズの3ウェイを用いたことで濃密で心地良いサウンドを実現した。中低域の厚みも十分で、オーナーの望み通りのサウンドを再現。見せる効果も満点となったAピラーの加工に対して、ミッドバスはドアの純正位置にシンプルにインストールしている。取り付けはインナーバッフルとして、実用性も十分な仕様としている点もオーナーならではのこだわりポイントだ。

そんなシンフォニ クワトロリゴ・テンポシリーズの3ウェイのさらに低域側を補っているのはキッカーのパワードサブウーファーであるHS10だ。パワードサブウーファーとしてサウンドクオリティの高さに定評がある同モデル。薄型&スクエアボディで取り付け性も高い。このクルマではラゲッジの右隅に設置。振動板などはむき出しにすること無くプロテクションを備えているので少々の荷物ならそのまま乗せてしまえる手軽さも良い。

こうして3ウェイ+サブウーファーのスピーカーシステムを完成させたハスラー。優れた高域特性はもとより、中域の厚みを存分に発揮しつつ、低音のクオリティにもこだわるという、オーナーならではの低域~高域までのバランスの良いサウンドを完成させた。

シート下にはDSPやパワーアンプを設置
無駄を省いたスペース効率の高い取り付け

オーディオプレイヤーとしてはケンウッドのナビを利用する。操作性も高くハイレゾ再生にも対応するのが魅力だ。オーディオプレイヤーとしてはケンウッドのナビを利用する。操作性も高くハイレゾ再生にも対応するのが魅力だ。

シート下にはDSPやパワーアンプを凝縮してインストール。パネルの上面にはヘリックスのDSP3をインストールしているのが見える。シート下にはDSPやパワーアンプを凝縮してインストール。パネルの上面にはヘリックスのDSP3をインストールしているのが見える。

シート下のオーディオボードは2層構造になっていて、下段にはアルパインのパワーアンプ・KTP-500を2台インストールする。シート下のオーディオボードは2層構造になっていて、下段にはアルパインのパワーアンプ・KTP-500を2台インストールする。

秋月さんの普段の足として活躍するハスラー。ダンナさんの影響からオーディオのグレードアップを開始して高音質化を果たした。秋月さんの普段の足として活躍するハスラー。ダンナさんの影響からオーディオのグレードアップを開始して高音質化を果たした。

ヘッドユニットにはケンウッドのカーナビを利用するのも使いやすく手軽な仕様を目指したため。音楽再生やナビ操作といった普段使いもシンプルで、扱いやすいシステムとなっているのも大きな特徴だ。使いやすさは奥さまのデイリーユースには欠かせない要素だ。

シート下にはDSPとパワーアンプ×2台がインストールされる。シート下を見るとわかるのだがスペース効率を考慮して、デッドスペースをうまく活用して複数のユニットをインストールしている。

DSPとしてチョイスしたのはヘリックスのDSP.3。調整機能の詳細さとコストパフォーマンスが両立したモデルとして評価も高い。シート下の空きスペースに収められるコンパクトさも魅力だ。

そのDSPを取り付けているベースパネルは積層構造になっていて、DSPを設置したパネルの下段にはアルパインのパワーアンプ・KTP500を2台納めている。小型アンプとは言え、このスペースに4チャンネルパワーアンプを2台納めるというのはかなり効率の良い取り付けと言えるだろう。

オーナーが日常ユースで使うクルマだけに、使い勝手はスポイルせずに高音質化を図るためのアイデアがあちこちに見られる。望みだった広がり&迫力のあるサウンドを実現し、毎日のドライブがますます楽しくなったという。

土田康弘|ライター
デジタル音声に関わるエンジニアを経験した後に出版社の編集者に転職。バイク雑誌や4WD雑誌の編集部で勤務。独立後はカーオーディオ、クルマ、腕時計、モノ系、インテリア、アウトドア関連などのライティングを手がけ、カーオーディオ雑誌の編集長も請負。現在もカーオーディオをはじめとしたライティング中心に活動中。

《土田康弘》

特集

関連ニュース

page top