car audio newcomer! ホンダ ストリーム(オーナー:中嶋亮太さん) by  custom&car Audio PARADA 前編 | Push on! Mycar-life

car audio newcomer! ホンダ ストリーム(オーナー:中嶋亮太さん) by  custom&car Audio PARADA 前編

遠方のライブに行くためにクルマを買い換えたのを機会に本格的なオーディオのインストールをスタートさせた中嶋さん。知人に紹介された福井県のcustom&car Audio PARADAでインストールを実施し、その音の進化ぶりに驚くことになる。その過程をご紹介しよう。

カーオーディオ 特集記事
car audio newcomer!  ホンダ ストリーム(オーナー:中嶋亮太さん) by  custom&car Audio PARADA 前編
  • car audio newcomer!  ホンダ ストリーム(オーナー:中嶋亮太さん) by  custom&car Audio PARADA 前編
  • car audio newcomer!  ホンダ ストリーム(オーナー:中嶋亮太さん) by  custom&car Audio PARADA 前編
  • car audio newcomer!  ホンダ ストリーム(オーナー:中嶋亮太さん) by  custom&car Audio PARADA 前編
  • car audio newcomer!  ホンダ ストリーム(オーナー:中嶋亮太さん) by  custom&car Audio PARADA 前編
  • car audio newcomer!  ホンダ ストリーム(オーナー:中嶋亮太さん) by  custom&car Audio PARADA 前編
  • car audio newcomer!  ホンダ ストリーム(オーナー:中嶋亮太さん) by  custom&car Audio PARADA 前編
  • car audio newcomer!  ホンダ ストリーム(オーナー:中嶋亮太さん) by  custom&car Audio PARADA 前編

遠方のライブに行くためにクルマを買い換えたのを機会に本格的なオーディオのインストールをスタートさせた中嶋さん。知人に紹介された福井県のcustom&car Audio PARADAでインストールを実施し、その音の進化ぶりに驚くことになる。その過程をご紹介しよう。

ウォークマンやイヤホンに熱中した少年時代
クルマを買ってからはカーオーディオにはまる

子供の頃から音楽好きだった中嶋さん、中学生になるとお小遣いを貯めてウォークマンを買って音楽を聴くことに熱中しはじめる。

「高校生になってからはいろんなイヤホンも出てきて、いろいろと試しているうちにこちらにもはまりました。もともとすごく音楽好きだったのもあってオーディオにも興味を持ったんです」

免許を取ってクルマを買うと当然のようにヘッドユニットとスピーカーをDIYで交換する。初めてのクルマは軽自動車だったが、車内で音楽を楽しむスタイルを徐々に魅力に感じ始めた。

「その頃からクルマでライブに出かけることも多くなっていました。かなり遠くまでライブのために遠征することもあって、もっとお大きなクルマが欲しいと思っていたんです。そうして買ったのが今乗っているストリームです。クルマを乗り換えたのを機会に本格的なオーディオを組みたくなったのがインストールのきっかけでした」

もともと音楽好きでオーディオ好きのオーナー、クルマの中でも高音質で音楽を聴くために、いつかは本格的なオーディオインストールをしてみたいと思っていた。そしてクルマの乗り換えがそのタイミングとなった。さらにそのタイミングでオーディオ好きの後輩がオーディオユニットを下取りに出すという話を聞き、そのユニットを使ったシステムアップを考えることになった。

プロショップでの取り付けにこだわり訪問
ショップの後押しもありインストールを開始

インストールをお願いするとすればオーディオ専門店であるプロショップと考えていたオーナー。知人が出入りしていた福井県のパラダを紹介され行くことにした。

「プロショップは初体験だったので最初は心配でした。それで紹介してくれた知人に付き添いにもらって二人で行ったんです。でも、行ってみるとスタッフはいろいろと気さくに話してくれて思った以上に接しやすいと感じました。当初、プロショップはハードルが高いと思ったんですが、行ってみて話をすると、ぜんぜん入りやすいってことがわかりました」

ショップで最初に相談したのは下取りしたユニットを取り付けてもらえるのかだった。後輩の持っているユニットの内容などを切り出した相談をスタートさせたオーナー。

「下取り話があってそのユニットを使ってインストールをしてもらえないかと相談をはじめたんです、するとショップのスタッフもすごく応援してくれて“やってみましょう、応援するよ!”って言ってもらえてすぐにお願いしたんです」

こうしていくつかのユニットを持ち込んでプロショップでのインストールが始まる。具体的にはスピーカーはロックフォードのT3、パワーアンプは同じくロックフォードのパンチシリーズの4チャンネル、パワードサブウーファーにはミューディメンションのBlackBox、そしてプロセッサーにはヘリックスのDSP PROといずれもクオリィの高いユニットが揃っていた。

完成後の試聴では引き締まった低音や
キレのある音にプロショップの技術を感じる

当時のオーナーは音楽は大好きだけど音に詳しいわけでは無く、プロショップで音の方向性を細かくオーダーすることはできなかった。しかし、こうしたいという方向性だけは伝えることにした。

「音のことはあまり詳しくなかったので、とにかくすべてのユニットをちゃんと鳴らして欲しいとお願いしたんです。音のニュアンスとしては解像度うんぬんではなく、楽しく聴けるサウンドにして欲しいとオーダーしました」

インストール面ではショップを紹介してくれた知人のクルマがAピラーへのツイーターの埋め込みを実施していたのに影響されて、ツイーターはAピラーへのビルトインをオーダー。一方のドアのミッドバスはインナー取り付けとするスタンダードなスタイルに決定。パワーアンプやパワードサブウーファーはシート下に設置するシンプルな取り付けを実施することにした。

間もなく完成した愛車を聴いたオーナーのファーストインプレッションを聞いてみた。

「完成して最初に聴いた瞬間にDIYとの音の違いを痛感しました。全然違うんです。一番強く感じたのは低音がボワッとしていない、スゴく引き締まった低音で気持ち良いんです。また全体的にキレのあるシャープな音に仕上がっているのも好みでした。こんなに音が変わるなんて、ちょっと感動したのを今でも憶えています」

オーディオ仲間から手に入れたユニットを使ってプロショップで取り付けを実施したオーナー。その音の進化ぶりに満足することになる。次回の後編ではカーオーディオの醍醐味をより深く知っていくその後のオーディオライフの変化について紹介して行こう。

《土田康弘》

特集

関連ニュース

page top