“カーオーディオ・プロショップ”に訊きました! 『入門者向けお薦めプラン』ミドル級編 Part1「“スピーカー中心”作戦」ll | Push on! Mycar-life

“カーオーディオ・プロショップ”に訊きました! 『入門者向けお薦めプラン』ミドル級編 Part1「“スピーカー中心”作戦」ll

カーオーディオシステムのグレードアップに興味を持つ音楽好きなドライバーに向けて、『入門者向けお薦めプラン』を紹介している当特集。前回からはミドル級編に突入し、予算20万円という設定で実力プロショップ直伝の推奨セットを開示している。

カーオーディオ 特集記事
ダイヤトーン・DS-G300
  • ダイヤトーン・DS-G300
  • フォーカル・PS 165 FE

カーオーディオシステムのグレードアップに興味を持つ音楽好きなドライバーに向けて、『入門者向けお薦めプラン』を紹介している当特集。前回からはミドル級編に突入し、予算20万円という設定で実力プロショップ直伝の推奨セットを開示している。

今回は次の3店舗に協力を要請した。広島県福山市の“アミューズ”、福岡県粕屋町の“エモーション”、兵庫県伊丹市の“AVカンサイ宝塚店”。今回もとっておきの『入門者向けお薦めプラン』をピックアップしてもらっている。じっくりとお読みいただきたい。

手軽で満足度の高い人気“スピーカー交換プラン”に、お薦めのオプションを追加!

最初に、広島県福山市の人気店“アミューズ”の岡本さんに訊いた話から紹介する。

「初めてスピーカー交換をされる方へのご提案とのことですので、手軽なプランを考えてみました。1つは当店でご用意している『ウェルカムプラン』にオプションを加えるというもので、もう1つはそこにさらにパワードサブウーファーも足すという作戦です。前者なら税抜で12万円そこそこで、後者では18万円くらいで収まります(それぞれ車種による変動あり)。

『ウェルカムプラン』とは、4種類のスピーカーの中からお好きなモデルをお選びいただき、それにデッドニング等と取付工賃も含めて10万円(税抜)でご提供しているものです。スピーカーの顔ぶれは次のとおりです。ブラムの『L 165 S』(税抜価格:5万8000円)、ヘリックスの『P62C』(税抜価格:5万8000円)、フォーカルの『PS 165 FE』(税抜価格:5万円)、JLオーディオの『C2-650』(税抜価格:5万4000円)この4機種です。

そしてそれに加えるオプションというのは、カロッツェリアの『ハイブリッド メタルダイキャスト インナーバッフル』(税抜価格:9000円~1万3000円)とM&Mデザインのアルミスペーサー『PCD-1』(税抜価格:1万2000円)のセットです。これらは耐久性が高く、かつドアの剛性も上がります。交換するスピーカーの性能を一層引き出せます。

そして余った予算でもう1つ何かをということでしたら、パワードサブウーファーをお薦めしたいですね。工賃込みでざっと6万円くらいで収まるお薦めモデルがいくつかあります。パワードサブウーファーは導入した効果をはっきりと確認できるところも利点です。実行したことで得られる利点がストレートに伝わった方が感動が大きくなると思うんです。

お近くでしたら当店までぜひお気軽にお越しください。ご予算、ご要望に合わせたプランをいろいろとご提案できると思います。お待ちしています」

より高性能なスピーカーを確実な“ドア防振”を施してしっかり鳴らす!

続いては、福岡県粕屋町の実力店“エモーション”の橋本さんに教えてもらったプランを紹介する。

「ご予算が20万円でスピーカー中心ということでしたら、次の3モデルを推薦したいと思います。ディナウディオの『MD-102』+『MW-162』(税抜価格:10万2000円)、JLオーディオの『C5-650』(税抜価格:12万7000円)、フォーカルの『ES 165 KX2』(税抜価格:11万円)。

それぞれの特長をひと言で言うと以下のとおりです。クリアな美音を好まれるならフォーカルが、中音域の明瞭感を重視されるならJLオーディオが、厚みと余韻をしっかり出せてかつ低音のアタック感を求められる方にはディナウディオが向いています。

ちなみにスピーカーとパワーアンプは、価格が上がっていくほどに性能がどんどん向上していきます。物量(コスト)が音にシンプルに反映されていくからです。ですので例えば、20万円の製品に匹敵する性能を有する5万円のモデルは有り得ません。残念ながらその逆は希に有り得るのですが。

スピーカーの場合は、8万円の声を聞くとガラリと音が変わってきます。そして10万円を超えてくるとまたぐんと良くなります。ご予算が許すのであればこのクラスのモデルに手を伸ばされると、大きな満足度が得られます。

そして、当店で人気No.1のドア防振プラン『PAC1(パックワン)』(税抜価格:3万9000円)を施工し、スピーカーケーブルの交換も行います。スピーカーが11万円のモデルでちょうど、工賃込みで20万円(税抜)で収まります(車種による変動あり)。

ドア防振はこれよりもお手軽なプランがもう1つありますので、そちらならもう少しお安くなります。ちなみにドア防振は、リーズナブルなスピーカーを選ばれる際にも必ず何らかはやるべきだと考えています。スピーカーが純正であっても施工すればはっきり効果が現れますから。

ご来店いただけたら、さまざまなプランをご提案いたします。また、各製品の特長も詳しくご紹介いたします。ぜひお気軽にお越しください」

スピーカーごとで性能を最大限引き出せるインストール方法を実行!

最後は、兵庫県伊丹市の“AVカンサイ宝塚店”の西村さんお薦めのセットを紹介する。

「ご予算が20万円でしたら、次の3製品が良いのではないでしょうか。ダイヤトーンの『DS-G300』(税抜価格:8万円)、イートンの『RSE-160』(税抜価格:11万円)、ディナウディオの『エソタン232』(税抜価格7万円)、この3機です。

ダイヤトーンの『DS-G300』は、どんなジャンルの音楽でもそつなく鳴らせます。また取り付け性が高いことも利点です。総費用は、当店のスタンダードデッドニング(税抜価格:4万円~)とインナーバッフル(税抜価格:2万円)、ケーブル代約1万円、そして取り付け工賃の約1万円を足して、約16万円で収まります(車種による変動あり)。

なお、ケーブルにはM&Mデザインの『SN-MS1800』(税抜価格:1200円/m)をお薦めすることが多いです。で、当機のパッシブクロスオーバーネットワークはバイアンプ接続に対応していますのでその実行も推奨しています。ケーブルの必要本数は増えますが、音はグンと良くなりますから。

対してイートンの『RSE-160』は、より滑らかで中域が充実しているところが特長です。総費用は計19万円くらいです(車種による変動あり)。

ディナウディオの『エソタン232』は、女性ボーカルを鳴らすのが上手いです。しっとりとした曲やクラッシックを聴くことが多い方には特に向いていると思います。なお、当機にはツイーターのマウントが付属されていませんので、Aピラーへの埋め込み加工(税抜価格:4万円~)が必要となります。しかし埋め込むと、高さと角度の制約がなくなり理想的なセッティングを行えます。結果、最終的な出音は1ランク上がります。製品代も併せた総額は19万円くらいです(車種による変動あり)。

これら以外にも個人的に好きなスピーカーもありますし、いろいろなプランをご案内できると思います。たくさんの方のご来店を心よりお待ちしています」

《太田祥三》

関連ニュース

特集

string(13) "pages/article"
array(8) {
  ["id"]=>
  int(1)
  ["name"]=>
  string(21) "カーオーディオ"
  ["url_name"]=>
  string(8) "caraudio"
  ["disp_order"]=>
  int(100)
  ["is_hidden_adsense_ads"]=>
  bool(false)
  ["is_hidden_other_ads"]=>
  bool(false)
  ["top_url"]=>
  string(19) "/category/caraudio/"
  ["url"]=>
  string(26) "/category/caraudio/latest/"
}
string(8) "caraudio"
page top