カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUZUKI SWIFT Sport(オーナー・磯部智昭さん) by レジェーラ | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUZUKI SWIFT Sport(オーナー・磯部智昭さん) by レジェーラ

セカンドカーのスイフトスポーツにフォーカル・ユートピアMのスピーカー群をチョイス。オーナーの磯部さんが大好きな女性ボーカルを気持ち良く聴くためのシステムを作り上げた。インストールを手がけた静岡県のレジェーラが魅せるスピーカー取り付けを実践。

カーオーディオ 特集記事
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  SUZUKI SWIFT Sport(オーナー・磯部智昭さん) by レジェーラ
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  SUZUKI SWIFT Sport(オーナー・磯部智昭さん) by レジェーラ
  • セカンドカーのスイフトスポーツは音とデザインにこだわりつつ、ヘビーになりすぎないシステム&インストールを心がけたという。
  • コクピットを見るとドアのアウターバッフル、Aピラーのトゥイータービルトインが印象的。魅せるスピーカー取り付けを実践する。
  • 最大の見どころなのはドアスピーカーのアウターバッフル化。メッシュグリルを使った処理なども存在感満点。
  • Aピラーへのツイーターのビルトインも魅せるスピーカー取り付けの一環。ユートピアMのトゥイーターを巧みに取り付ける。
  • ピラーの周辺デザインもしっかり加工を施してサウンド的にも考慮されたAピラー。オーナーお気に入りのサウンドを引き出した。
  • シート下にはフォーカルのパワーアンプFPX4.400SQとプロセッサーであるFSP-8を積み重ねるようにしてコンパクトに設置。
  • フォーカルFSP-8の操作部はコクピットまわりに設置して操作性にも考慮。使い勝手の良いシンプルシステムとした。

セカンドカーのスイフトスポーツにフォーカル・ユートピアMのスピーカー群をチョイス。オーナーの磯部さんが大好きな女性ボーカルを気持ち良く聴くためのシステムを作り上げた。インストールを手がけた静岡県のレジェーラが魅せるスピーカー取り付けを実践。

シンプルシステムで高音質化
選んだスピーカーはユートピアM

セカンドカーのスイフトスポーツは音とデザインにこだわりつつ、ヘビーになりすぎないシステム&インストールを心がけたという。

セカンドカーのスイフトスポーツは音とデザインにこだわりつつ、ヘビーになりすぎないシステム&インストールを心がけたという。

コクピットを見るとドアのアウターバッフル、Aピラーのトゥイータービルトインが印象的。魅せるスピーカー取り付けを実践する。

コクピットを見るとドアのアウターバッフル、Aピラーのツイータービルトインが印象的。魅せるスピーカー取り付けを実践する。

最大の見どころなのはドアスピーカーのアウターバッフル化。メッシュグリルを使った処理なども存在感満点。

最大の見どころなのはドアスピーカーのアウターバッフル化。メッシュグリルを使った処理なども存在感満点。

セカンドカーとして手に入れたスイフトスポーツに、ライトで音の良いオーディオシステムを組みたいと思ったオーナーの磯部さん。真っ先に選んだのはスピーカーだった。これまで使ってこなかったブランドであるフォーカルをあえて選び、さらに発売されたばかりだったユートピアMをチョイス。女性ボーカルにもフィットするという事前情報も得ていたのもセレクトの理由だったという。

今回のインストールは、とにかくシンプルなシステム&インストールでクルマの普段使いをスポイルしないで高音質を発揮するのが狙い。ヘッドユニットにはディーラーオプションのナビをそのまま使い、フォーカルのプロセッサーにインプットするというシステムデザインとしているのもそんな狙いからだ。

しかしスピーカーの取り付けには徹底してこだわった。以前乗っていたクルマのドアはインナー取り付けとしていたが、今回はアウターバッフルにして“魅せる仕様”にこだわった。ドア下部を加工して作り上げたアウターバッフルは、純正のドアデザインを踏襲したスマートなデザイン。しかもユートピアMのメッシュグリルをデザインに取り入れることでプロテクション効果も同時に引き出した。

Aピラーへのツイーター設置も含め
スピーカー取り付けはインパクトを重視

Aピラーへのツイーターのビルトインも魅せるスピーカー取り付けの一環。ユートピアMのトゥイーターを巧みに取り付ける。

Aピラーへのツイーターのビルトインも魅せるスピーカー取り付けの一環。ユートピアMのツイーターを巧みに取り付ける。

ピラーの周辺デザインもしっかり加工を施してサウンド的にも考慮されたAピラー。オーナーお気に入りのサウンドを引き出した。

ピラーの周辺デザインもしっかり加工を施してサウンド的にも考慮されたAピラー。オーナーお気に入りのサウンドを引き出した。

スピーカー取り付けにこだわったオーナー。ドアのアウターバッフル化に加えて、ツイーターはAピラーにビルトイン加工される。オーナーが、このように各スピーカーの取り付けを“魅せる仕様”で作り込んだのにはわけがある。それはオーナーが以前イベントに出た際に見た目のインパクトは非常に大切なことを感じたから。以前はインナー取り付けでスピーカーを目立たないようにしたのとは正反対に、スピーカーを積極的に魅せてアピールするのが今回の狙いのひとつとなった。

ツイーターをビルトインしたAピラーもアピール度満点のデザイン。やや大型の異形ボディを持つユートピアMのツイーターに合わせてAピラーは細かく造形されている。ツイーターを違和感なくピラー形状に融合させ、一体のデザインとした作り上げているのが見どころ。グレーの人工スエードを使ってフィニッシュしたピラーデザインもインテリアに見事に溶け込んでいる。

ナビヘッドを使ってプロセッサーで
フロント2ウェイをコントロール

シート下にはフォーカルのパワーアンプFPX4.400SQとプロセッサーであるFSP-8を積み重ねるようにしてコンパクトに設置。

シート下にはフォーカルのパワーアンプFPX4.400SQとプロセッサーであるFSP-8を積み重ねるようにしてコンパクトに設置。

フォーカルFSP-8の操作部はコクピットまわりに設置して操作性にも考慮。使い勝手の良いシンプルシステムとした。

フォーカルFSP-8の操作部はコクピットまわりに設置して操作性にも考慮。使い勝手の良いシンプルシステムとした。

ヘッドユニットはディーラオプションのナビをそのまま利用。曲セレクトなどの操作性も考慮した普段使い優先の選択だ。

ヘッドユニットはディーラオプションのナビをそのまま利用。曲セレクトなどの操作性も考慮した普段使い優先の選択だ。

メインカーではヘビーなオーディオを組む磯部さんだがセカンドカーはライトシステムを狙った。その高音質には満足度も高い。

メインカーではヘビーなオーディオを組む磯部さんだがセカンドカーはライトシステムを狙った。その高音質には満足度も高い。

シンプルなシステムを目指したオーナー、ディーラーオプションのナビをヘッドユニットに使い、フォーカルのプロセッサーであるFSP-8にインプット。さらにフォーカルの4チャンネルアンプであるFPX4.400SQを使ってユートピアMのツイーター&ミッドバスをドライブするシステムを構築。サブウーファーレスでフロント2ウェイ完結のシステムを作り上げた。

スピーカー群は魅せるデザインを徹底したが、その他のユニットはシンプル&コンパクトに収めるのが狙い。そのためプロセッサーとパワーアンプはシート下に設置されてる。しかもシート下への取り付けでは下部にパワーアンプを設置し、その上にパネルをワンオフして上部にプロセッサーを重ねて設置するという省スペースな取り付けとしているのも特徴的。

あくまでもクルマの性能や使い勝手をスポイルせずに高音質なオーディオシステムを組むのがオーナーの狙いだったが、オーダー通りのインストールができ上がってきたためオーナーも満足感も高い。さらにサウンド面ではオーナーが望んでいたとおり女性ボーカルの良さをうまく引き出ているのもオーナーのお気に入りポイント。澄んだきれいな音を響かせるスピーカー群によって気持ち良く音楽が聴ける環境ができ上がった。女性ボーカル好きのオーナーも大満足のオーディオシステムが完成した。

《土田康弘》

特集

page top