カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA TANK(オーナー・赤平誉也さん) by  LEROY(ルロワ) | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA TANK(オーナー・赤平誉也さん) by  LEROY(ルロワ)

サブウファーとエアサスタンクをビルトインしたラゲッジボックスや、DSPの操作部やDAPを設置するセンターコンソールなど、愛知県のLEROY(ルロワ)が機能的でデザイン性豊かなカスタムを施した赤平さんのタンク。見どころ満載のクルマとなった。

カーオーディオ 特集記事
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  TOYOTA TANK(オーナー・赤平誉也さん) by  LEROY(ルロワ)
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  TOYOTA TANK(オーナー・赤平誉也さん) by  LEROY(ルロワ)
  • 充実のオーディオシステムとエアサスなどのカスタム要素をフル注入して完成させた愛車のタンク。
  • ラゲッジに設置されたボックスは上部にJLオーディオのサブウーファー、下段にエアサス・タンクを見せるインストールを施した。
  • サブウーファーにはJLオーディオのTW3をインストール。薄型ユニットでクオリティの高い低音再生を可能にするユニットだ。
  • フロントスピーカーにはブラムのシグネチャーシリーズをチョイス。ミッドバスはドアにアウターバッフルで取り付ける。
  • Aピラーにブラムのツイーターとミッドレンジをインストール。リスナーとの距離を稼ぎ出す取り付け位置なのも見どころ。
  • シート下に収まるのは小型パワーアンプのモスコニATOM2。4台のユニットをズラリと並べることができるのも小型モデルならでは。
  • ワンオフしたセンターコンソールにビルトインしたヘリックのダイレクター。操作性にも優れた取り付けだ。

サブウファーとエアサスタンクをビルトインしたラゲッジボックスや、DSPの操作部やDAPを設置するセンターコンソールなど、愛知県のLEROY(ルロワ)が機能的でデザイン性豊かなカスタムを施した赤平さんのタンク。見どころ満載のクルマとなった。

エアサスを含めたカスタム色と
高品質なオーディオシステムを融合

充実のオーディオシステムとエアサスなどのカスタム要素をフル注入して完成させた愛車のタンク。充実のオーディオシステムとエアサスなどのカスタム要素をフル注入して完成させた愛車のタンク。

ラゲッジに設置されたボックスは上部にJLオーディオのサブウーファー、下段にエアサス・タンクを見せるインストールを施した。ラゲッジに設置されたボックスは上部にJLオーディオのサブウーファー、下段にエアサス・タンクを見せるインストールを施した。

サブウーファーにはJLオーディオのTW3をインストール。薄型ユニットでクオリティの高い低音再生を可能にするユニットだ。サブウーファーにはJLオーディオのTW3をインストール。薄型ユニットでクオリティの高い低音再生を可能にするユニットだ。

コンペまでを見据えたクオリティの高いオーディオシステムとエアサスなどのカスタム要素をオールインワンしたのが赤平さんのタンクだ。まずは見せ場となるのがラゲッジだ。リアゲートを開けるとラゲッジいっぱいに美しいデザインのボックスを組んで魅せるインストールを意識した作りとなった。

ボックスのトップ面にはJLオーディオのサブウーファーをインストール。バッフル面はブルーの人工スエードで処理し、周辺はアクリルを切り欠いたデザイン処理でフィニッシュ。間接照明を用いることでもアピール度抜群のデザインとした。薄型サブウーファーである同モデルなので、取り付けの汎用性も高く収まりも良い。振動板はオープンな環境に向けられ、サウンド面でも万全の環境。

さらにボックスの下段にはエアサスのタンクを納めるのもこのクルマらしい点。下に行くほど左右幅を狭めるフォルムのボックスデザインはラゲッジの形状に合わせた作り。その下段のスペースにアクリルを施してエアサスタンクをディスプレイする。スペースにピタリとフィットする設置スタイルも美しく決まった。

Aピラーの大胆加工などを経て
充実のフロント3ウェイを構築

フロントスピーカーにはブラムのシグネチャーシリーズをチョイス。ミッドバスはドアにアウターバッフルで取り付ける。フロントスピーカーにはブラムのシグネチャーシリーズをチョイス。ミッドバスはドアにアウターバッフルで取り付ける。

Aピラーにブラムのツイーターとミッドレンジをインストール。リスナーとの距離を稼ぎ出す取り付け位置なのも見どころ。Aピラーにブラムのツイーターとミッドレンジをインストール。リスナーとの距離を稼ぎ出す取り付け位置なのも見どころ。

オーディオコンペでも勝てる仕様を目指したオーナー。フロントスピーカーに選んだのはブラムのシグネチャーシリーズ。フロント3ウェイシステムを投入して充実のサウンドを手に入れた。

インストール面で見どころとなったのはAピラーだ。前後に分割したピラー構造を持つタンクだが、あえて前方のピラーを加工してツイーター+ミッドレンジをインストール。リスナーから音源までの距離を確保することでサウンド面でのメリットを享受できる仕様を狙ったのだという。細めのピラーながらミッドレンジも違和感なく納めているのも巧みなデザイン性のなせる技だ。

ミッドバスはドアの純正位置にアウターバッフル化してインストール。こちらはラゲッジでも使われているインテリアのテーマカラーでもあるブルーを効果的に使ったデザイン。バッフル面にブルーの人工スエードを用いて、純正ドアポケットと一体化するような周辺パネルを製作。ドアの使い勝手はスポイルすること無く、美しいアウターバッフルを作り上げた。

ワンオフしたセンターコンソールなど
使いやすい車内のための加工も積極投入

シート下に収まるのは小型パワーアンプのモスコニATOM2。4台のユニットをズラリと並べることができるのも小型モデルならでは。シート下に収まるのは小型パワーアンプのモスコニATOM2。4台のユニットをズラリと並べることができるのも小型モデルならでは。

ワンオフしたセンターコンソールにビルトインしたヘリックのダイレクター。操作性にも優れた取り付けだ。ワンオフしたセンターコンソールにビルトインしたヘリックのダイレクター。操作性にも優れた取り付けだ。

ウォークマンNW-WM1Zもセンターコンソールにビルトイン設置できる仕組み。周囲のパネルはブルーの人工スエードで処理される。ウォークマンNW-WM1Zもセンターコンソールにビルトイン設置できる仕組み。周囲のパネルはブルーの人工スエードで処理される。

コクピット回りのインストールで注目なのはワンオフしたセンターコンソールだ。運転席と助手席の間に低く設置されたコンソールを製作、ここにヘリックスのダイレクターやウォークマンNW-WM1Zをビルトイン。周辺機器をセンターコンソールに集約し、すっきりとまとまったコクピット回りとしたのがオーナーお気に入りのポイントだ。またパネル面をブルーの人工スエードでフィニッシュし、インテリア各部とイメージをの統一を図っているのも注目だ。

パワーアンプにはモスコニの小型アンプであるATOMO2をチョイス。シート下に4台をインストールして各スピーカー群をドライブする。コンパクトでありながら帯域を分割したマルチチャンネルシステムを構築し質の高いシステムデザインを完成させた。

J-POPを主に聴いているオーナーの赤平さん。ボーカルの声のニュアンスを大切にしたサウンドを追求している。J-POPを主に聴いているオーナーの赤平さん。ボーカルの声のニュアンスを大切にしたサウンドを追求している。

「アーティストの声のニュアンス」をリアルに表現することを目的としたオーナー。ブラム・シグネチャーの3ウェイやモスコニのATOMO2などを用いて狙い通りのサウンドを引き出した。見せる要素と高音質を同時にこなすインストールで満足度満点のタンク、個性的なユニットのコンビネーションで、好きなサウンドを追求したのもオーナーらしいシステムとなった。オーディオコンペからストリートシーンまでフル活躍する一台となった。

《土田康弘》

特集

関連ニュース

page top