カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! DAIHATSU MOVE CUSTOM(オーナー・岡田純次さん) by  ピットハウスコスギ 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! DAIHATSU MOVE CUSTOM(オーナー・岡田純次さん) by  ピットハウスコスギ 後編

フロントにミッドバス×2、トゥイーター×1をビルトインしてカスタムを施した岡田さんのムーヴ・カスタム。見せる&聴かせる仕様を目指しただけにサウンド&カスタムで抜かりなし。製作ショップである香川県のピットハウスコスギが手の込んだ処理を実施した。

カーオーディオ 特集記事
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  DAIHATSU MOVE CUSTOM(オーナー・岡田純次さん) by  ピットハウスコスギ 後編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  DAIHATSU MOVE CUSTOM(オーナー・岡田純次さん) by  ピットハウスコスギ 後編
  • ミッドバス×2、トゥイーター×1をビルトインしたフロントドア。全面を加工&張り替え処理したドアは見せる効果も満点。
  • ドアオープン時に周囲のギャラリーに音を届けるために、鳴りっぷりの良さを追求。ミッドバス×2発の仕様もそんな狙いから。
  • オーディオのみならず人工スエードを使った張り替え処理やアクリル、イルミなど多彩なカスタムを加えたドアは最大の見どころだ。
  • ドアの中央部にはパネルをビルトインしたカスタムを実施。周囲には縁取りの処理、さらにはアクリルを使ったイルミ処理を追加した。
  • アクリルはドアの形状に合わせて独自のデザインでカットされている。純正ラインにはない新たなドアのデザインが構築された。
  • ブルーを使った処理を随所に使うこのクルマ。アームレスト部分にはステッチを加えてアクセントを付けているのも見どころ。
  • ダッシュにもドア同様のブルーの人工スエードを使った処理を施す。内装のイメージを一新するカスタムとなった。

フロントにミッドバス×2、トゥイーター×1をビルトインしてカスタムを施した岡田さんのムーヴ・カスタム。見せる&聴かせる仕様を目指しただけにサウンド&カスタムで抜かりなし。製作ショップである香川県のピットハウスコスギが手の込んだ処理を実施した。

ミッドバス×2発を取り付ける
イベント仕様のフロントドアが完成

ミッドバス×2、トゥイーター×1をビルトインしたフロントドア。全面を加工&張り替え処理したドアは見せる効果も満点。

ミッドバス×2、トゥイーター×1をビルトインしたフロントドア。全面を加工&張り替え処理したドアは見せる効果も満点。

ドアオープン時に周囲のギャラリーに音を届けるために、鳴りっぷりの良さを追求。ミッドバス×2発の仕様もそんな狙いから。

ドアオープン時に周囲のギャラリーに音を届けるために、鳴りっぷりの良さを追求。ミッドバス×2発の仕様もそんな狙いから。

オーディオのみならず人工スエードを使った張り替え処理やアクリル、イルミなど多彩なカスタムを加えたドアは最大の見どころだ。

オーディオのみならず人工スエードを使った張り替え処理やアクリル、イルミなど多彩なカスタムを加えたドアは最大の見どころだ。

ムーヴ・カスタムの内外装カスタムを進める中で、オーディオを本格的に手がけることにしたオーナーの岡田さん。イベント仕様を目指した愛車のオーディオは、ギャラリーを意識してフロントドアをオープンした際にデザイン的なアピール度とサウンド面での鳴りっぷりを追求した仕様とした。

中でもカスタム処理に力を入れたのがフロンドドアだった。前編でも紹介した通り、フロントスピーカーにはサーウィンベガのCVMP6.5とCVMP1.0をチョイス。すべてのスピーカーユニットをフロントドアにまとめてインストールすることで、ドアオープンすると中低域から高域までの幅広い帯域をしっかりと車外に響かせることができるパワフルな外向き仕様を完成させた。

しかも6.5インチ・ミッドバスのCVMP6.5は片側に2発インストールするデュアル仕様なのもこのクルマの特徴。1発は純正位置付近に取り付け、もう1発はドア後方に新たにバッフルを組んでインストールする独特なスタイルを導入。ドアオープン時の音飛びに加えて厚みのある中域サウンドの実現を狙った。まさにイベント仕様のフロントドアとなった。

イルミ処理やアクリルなどを加え
立体的で見どころ満点などあを製作

ドアの中央部にはパネルをビルトインしたカスタムを実施。周囲には縁取りの処理、さらにはアクリルを使ったイルミ処理を追加した。

ドアの中央部にはパネルをビルトインしたカスタムを実施。周囲には縁取りの処理、さらにはアクリルを使ったイルミ処理を追加した。

アクリルはドアの形状に合わせて独自のデザインでカットされている。純正ラインにはない新たなドアのデザインが構築された。

アクリルはドアの形状に合わせて独自のデザインでカットされている。純正ラインにはない新たなドアのデザインが構築された。

ブルーを使った処理を随所に使うこのクルマ。アームレスト部分にはステッチを加えてアクセントを付けているのも見どころ。

ブルーを使った処理を随所に使うこのクルマ。アームレスト部分にはステッチを加えてアクセントを付けているのも見どころ。

さらにドアの細部を見ていくこととしよう。さすが内装カスタムにこだわったクルマだけに、単にスピーカーをインストールしただけではなく、細部に渡って手の込んだ処理が施されているのがわかる。まずはドア下部にはゴールドのパネルがビルトインされ、周辺を赤&青の縁取りで処理されている。この縁取り処理はフロントシートに用いているレカロの限定シートのカラーリングをモチーフにしたもので、インテリアのデザイン的な統一感を引き出すワザでもある。

さらにドアパネルには異形のアクリル処理を施しイルミでショーアップする。スピーカー周辺のリング状のアクリルとも相まって、ドア全体に光りモノによるインパクトを引き出している。オーナーがドアオープン時の見せる効果を狙ったもので、このクルマならではのドアカスタムのアイデアのひとつと言える。

もちろんドアは全面張り替え処理されている。ベースにはホワイトの人工スエードを用いて、上部はブルー、さらにアームレスト上部にはブルーの人工スエードにホワイトステッチを加えた処理を施し、バリエーションに飛んだ処理が加えられる。カラーリングや生地、処理のスタイルなどをパートごとに変更し単調になることのない立体的なドアデザインを作り上げた。

ダッシュやリアドアなども含めて
内装全体のカスタムにも抜かりなし

ダッシュにもドア同様のブルーの人工スエードを使った処理を施す。内装のイメージを一新するカスタムとなった。

ダッシュにもドア同様のブルーの人工スエードを使った処理を施す。内装のイメージを一新するカスタムとなった。

グローブボックスやカップホルダーなど、細部に渡って生地を張る処理を施し個性的なインテリアを作り出している。

グローブボックスやカップホルダーなど、細部に渡って生地を張る処理を施し個性的なインテリアを作り出している。

リアドアにもフロントドアに用いたデザインを踏襲してカスタム。4枚ドアを開けたときのインパクトは十二分だ。

リアドアにもフロントドアに用いたデザインを踏襲してカスタム。4枚ドアを開けたときのインパクトは十二分だ。

内外装のフルカスタムを目指してムーヴ・カスタムをカスタムしているオーナーの岡田さん。オーディオカスタムはさらに進化の予感。

内外装のフルカスタムを目指してムーヴ・カスタムをカスタムしているオーナーの岡田さん。オーディオカスタムはさらに進化の予感。

イベント仕様を目指したクルマだけに、インテリアのカスタムはトコトン手が込んでいる。オーディオまわりで印象的だったドアのカスタムに加えて、ダッシュ、グローブボックス、さらにはリアドアや前後シートなども、すべてがカスタム処理済み。内装に置いてはストック状態のパートが見当たらないほどのフルカスタムがお見事。

ダッシュは全面をブルーの人工スエードを使って処理。ドアにも用いられているカラーリング&素材を使って、ドア上部とのコーディネートを完成させた。さらにダッシュ、フロントドア、リアドアへと続くインテリアデザインの流れを作っているのも見どころ。またグローブボックスなど、コクピットまわりの細部パーツもすべて人工スエードを使った処理が施される。純正のモールやシルバーベゼルなどとの組み合わせで高級感と個性的なカスタム内装の雰囲気を見事に表現している。

さらに、リアドアもフロントドアに合わせて全面張り替え処理を実施。スピーカーは純正をそのまま使っているが、グリル部分をあえて残して他の部分を張り替えた処理でメリハリを付ける。フロントドア同様にカスタムレベルが高いフィニッシュとなった。

徹底して“見せるカスタム”を実施したムーヴ・カスタムのインテリア。オーディオまわりのみならず、インテリア全体を処理した手の込んだカスタムで、イベント仕様ならではのクオリティの高いフィニッシュとした。オーナーは今後もサブウーファーの追加など、ますますオーディオにも力を入れていく予定だという。内装カスタムの進化はまだまだ止まらない。

《土田康弘》

特集

page top