car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー:寺嶋 豊さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編 | Push on! Mycar-life

car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー:寺嶋 豊さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編

クラリオンのFDSをシステムとして取り入れた寺嶋さんのエクストレイル。オーディオコンペの魅力にはまり現在では徐々にシステムアップを続ける日々。千葉県のサウンドエボリューション・ログオンと二人三脚でシステムアップ&音作りを楽しむ日々が続いている。

カーオーディオ 特集記事
car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー:寺嶋 豊さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編
  • car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー:寺嶋 豊さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編
  • car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー:寺嶋 豊さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編
  • car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー:寺嶋 豊さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編
  • car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー:寺嶋 豊さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編
  • car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー:寺嶋 豊さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編
  • car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー:寺嶋 豊さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編
  • car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー:寺嶋 豊さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編
  • car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー:寺嶋 豊さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編

クラリオンのFDSをシステムとして取り入れた寺嶋さんのエクストレイル。オーディオコンペの魅力にはまり現在では徐々にシステムアップを続ける日々。千葉県のサウンドエボリューション・ログオンと二人三脚でシステムアップ&音作りを楽しむ日々が続いている。

◆イベントで見た参加車両に影響を受け
低音増強のためサブウーファーを設置

仲間からの誘いを受けてオーディオイベントに参加した寺嶋さん。参加車両のレベルの高さに衝撃を受けてシステムアップを決意することになったという。真っ先にテーマとなったのは低音の充実だった。
「これまで塚手板パワードタイプではなく、今度はしっかりとボックスを組んでパワーアンプも追加して低音を増強することにしました」。
サブウーファーにはブラムのユニットをチョイス、メインシステムに使っているクラリオンのFDSにもサブウーファーがあるのだが、同じブランドですべて統一するのではなく、あえてサブウーファーだけを別メーカーにして音を差別化をするのも狙いだった。

取り付けにはこだわった。普段は仕事で使い、週末にはウインタースポーツなどにも出かけることが多いためラゲッジはつぶしたくない。またフロア下に埋め込むプランもあったが、レジャーで使用した際に濡れたウェアなどの水分が床下に流れ込む可能性もあったので却下。そこでセカンドシート背面にぴったり沿わせる形でエンクロージャーを設置するスタイルで落ち着いた。加えてギリギリまで小容量で設計してもらうことでラゲッジ面積のスポイルを最小限に抑えたのも狙い通りだった。

ラゲッジへのサブウーファーのインストールが完成して、最初に聴いた印象は「低音の出方が心地良い」だった。しっかりとした低音が響き、普段聴いているお気に入りの曲を聴いてもピタリとはまる低音だと感じたのだとか。
「特に低音が好きなのがオーディオを初めてわかってきました。いろいろなクルマを聴いてみると、まわりのクルマよりもかなり低音を強めに出しているのがわかってきたんです。こっちの方が心地良くて、自分の好きな音なんだと感じています」。

◆アウターバッフルや高音質DAPの導入と
コンペで勝つためのレベルアップを実践

サブウーファーの追加から1年後、更なるレベルアップを図ろうと手がけたのはドアのアウターバッフル化だった。ドアの作りはデザイン的にもサウンド的にも非常に重要なポイントでもあるので徹底してこだわったという。
「いつかはドアを作り込みたいと思っていたんですが、オーディオコンペに出るようになって“優勝したい”と思うようになったのがインストールに踏み切った理由でした」。
それまでも、そこそこ上位の結果を出していたオーナーのクルマだったが、なかなか優勝には至っていなかった。そこで“次こそは1位を取りたい!”という強い思いがアウターバッフル化を後押ししたのだ。

デザイン面ではバッフルに鮮烈な赤を使ったのがポイント。シックな内装に差し色的に赤を使うことで華やかなコクピットデザインを作ることにも成功している。もちろんサウンド面での進化も体感した。
「アウターバッフル化して聴いてみたところ、以前の音と比較してみると、それまでの音は口の前にマスクをして歌っているように感じます。対してアウターバッフル化した音は段違いにクリアな音になっているんです」。

オーナーのシステムアップはその後も続き、音楽プレイヤーとして利用するDAPをiPodからAK300に変更した。これはショップで試聴会があり、その音を実際に聴いたのがきっかけとなった。
「それまで使っていたiPodとは音数が全然違うんです。コンペでは使っている人が多いのは知っていましたけど、実際に聴き比べてみるとその違いにびっくりしました」。

◆インストーラーと二人三脚で作る
システム&サウンド調整の楽しさは格別

順を追ってシステムアップを続けてきたオーナー、現在ではさまざまなオーディオコンペに参加してコンペを心底楽しんでいる様子だ。
「カーオーディオを本格的にはじめるまで、オーディオコンペという世界はまったく知りませんでした。しかし参加してみるとその楽しさにすっかりはまってしまったんです」。
コンペに向けてインストーラーと一緒に音を作り込んでいく楽しみ、さらにはシステムや音の方向性をどうしていくのかのプラン、それらを、インストーラーと二人三脚になって相談して作り上げて行く行程が楽しいのだという。そして、そこまでの努力をコンペ当日に評価されるのがこの上ない醍醐味なのだと語ってくれた。
「何度も何度も調整して作り上げてきた音を、コンペでどのように評価されるのかは本当に楽しみです。コンペは出場する前の準備の段階から楽しめるのが良いところだと思います」。

コンペ出場のもうひとつの良いところは仲間ができる点だという。
「コンペにはショップの仲間と行くのですが、普段もコンペの話で盛り上がれる仲間がいることも楽しいです。お互いのクルマを聴き合ったり、“こっちの方が良いんじゃない”と意見を出し合ったりするのが良い刺激になります。具体的に“もっと低音出すにはどうすれば良いかな?”といった問題点が出てきたときも、仲間と相談して決めることが多くなっています」。
また仲間の音を聴くことでも刺激をもらうという。それぞれのクルマの音を聴くことで自分のクルマのレベルアップにも役立っているという。

そんなオーナーのもっかのテーマは「空気感」「生音の感覚」をリアルに表現することだという。最近は自分でも調整を練習しはじめて、どうすれば良い結果が出るのかを実践中だ。今シーズンのコンペでその成果を見せられるように調整を楽しんでいるのだとか。ますます良い音を追求するコンペの世界を堪能中のオーナー、今シーズンの活躍が楽しみだ。

《土田康弘》

特集

page top