car audio newcomer! トヨタ ヴォクシー(オーナー:関口航平さん) by  レジェーラ 後編 | Push on! Mycar-life

car audio newcomer! トヨタ ヴォクシー(オーナー:関口航平さん) by  レジェーラ 後編

カーショーで見かけたオーディオカーに一目惚れし、本格的にカスタムオーディオをはじめたオーナーの関口さん。ACGへの参戦を機にさらにカスタム熱がヒートアップ、製作ショップである静岡県のレジェーラと共に手の込んだリメイクを実践することになった。

カーオーディオ 特集記事
カーショーで見かけたオーディオカーに一目惚れし、本格的にカスタムオーディオをはじめたオーナーの関口さん。ACGへの参戦を機にさらにカスタム熱がヒートアップ、製作ショップである静岡県のレジェーラと共に手の込んだリメイクを実践することになった。


◆本格的オーディオカーへのリメイクは
ショップとオーナーの二人三脚で進める

カスタムオーディオのカッコ良さに魅了されて、愛車へのオーディオインストールをスタートさせた関口さん。ラゲッジインストールが完成した後は、前回紹介したACG初参戦の他に、いくつかのカスタムイベントにもエントリーした。ACGではレベル差を見せつけられたもののドレスアップ系のイベントでは愛車のカスタムインストールは断然目立ち度が高く注目を浴びる。そんなこともあって「これからはカスタムオーディオをメインにクルマを作っていきたい」とカスタムの方向性が決まった。

ACG参戦で周囲のクルマのカスタムレベルに圧倒されたことから、早速リメイクを考えことは前編でお伝えしたとおりだ。次なるターゲットはカーショーへの出展だった。ラゲッジはコアキシャルスピーカーの追加で中域のレベルアップに加え、リアシートの周辺やコクピットまわりまでをカスタム。一台丸ごとをオーディオカーにするためのカスタムが始まった。
「今回のインストールはラゲッジだけじゃ無く、クルマの内装全体に見るべきところがあるカスタムにしたいと思ったんです」。

カスタム作業が始まるとオーナーは毎日のようにショップに通った。カスタムスタイルの相談をその場でしてレベルアップを図ることも目的だったが、同時にショップのスタッフがオーディオのインストールをしている脇のスペースを借りて、内装のスエード張り作業などをDIYでこなすのも目的のひとつだった。
こうしてショップスタッフとオーナーとの二人三脚でカスタムを仕上げていく日々が続く。目前に迫ったカーショーの日程に合わせて急ピッチでレベルの高いカスタムが生み出されていき、ついには現在の姿が完成したのだった。共に作り上げることでクルマへの愛着もますますわき、カスタムへの満足度も一段と強くなったという。


◆外向きやカスタムオーディオはもちろん
音質系のオーディオカーにも興味津々

すっかりカスタムオーディオに魅了された関口さんだが、オーナーにとってカスタムオーディオの魅力とはどのようなものなのか?
「ショップと協力して考えて作ったカスタムを披露したとき、まわりの仲間やイベントのギャラリーが“すごい!”と言ってくれるのが嬉しいんです。また、オーディオ系のイベントに出るとまわりのクルマがすごくレベルが高いことを実感しました。そんな他のエントラントに負けたくないという気持ちもあって、どんどんカスタムが進化したんです。さらに“もっと音を出したい”“もっと良い音にしたい”と思ったのもACGにイベントに出てから。カスタムに加えてサウンドと、いろんな面に面白さがあるのがカスタムオーディオの魅力だと感じています」。

プロショップに出入りするようになると、オーディオ好きな仲間もできはじめる。関口さんのような外向きやカスタム志向のオーナーはもちろんだが、音質系のオーナーともオーディオの話をするようになったという。
「システムやユニットの話を聞いたりクルマを見せてもらったり、聴かせてもらったりすることも多くなりました。内向きで作った音質系のクルマも良いなーと思ったり、ショップで出会うオーディオ仲間からは、いろんな刺激を受けています。ジャンルは関係なくオーディオって楽しいなと思えるようになったのもそんな仲間の存在があったからこそなんです」。
自宅の近辺にはカスタムカーが集まる有名スポットがあるのだが、そこにも月1回のペースでオーディオ仲間が集まる。ここでもいろんなクルマを見たり聴いたりして楽しんでいる。オーディオを中心とした仲間がどんどん増えているのも楽しみのひとつだ。


◆秘密の場所で思う存分音出しを実施
こだわりの曲セレクトも楽しみのひとつ

パワフルなサウンドを鳴らすことができる外向き仕様を作ったからには、思いっきり鳴らしたいこともある。しかし街中やドレスアップ系のイベントではフルボリュームの音出しは難しい。そこでオーナーが思い立ったのは湖を望む秘密のスポットだ。湖に向かって音を出すことができる環境なので、誰にも迷惑を掛けずに思いっきり鳴らせる場所だ。時間のあるときにぶらっと一人で出かけて本の短い時間だがガンガン鳴らして楽しんでいるのだという。
「自分のオーディオがどのぐらい鳴るのかを、でかいボリュームで試したくなるんですよね~。そんな時には湖沿いのとある場所に行って思いっきり鳴らしてます。再生する曲はEDMやJ-POPが中心ですが、誰に聴かせるわけでもないのですが曲順にもこだわってます。例えばノリの良い曲を中心に持ってきて最後はバラード系で締めるとか、曲の流れを考えて鳴らすのも楽しみなんですよ」。

すでに数度のリメイクを重ねてきたオーナーだが、ますますやりたいことが増えているという。そのメニューは多彩だ。まずは、さらに中域の厚みを増すためにミッドの追加を検討中、車内側の音のグレードアップも狙っている項目のひとつ。また3列目シートを撤去してカスタムをレベルアップすることも計画中、エアサスを見せたりウォールを組むことも考えているいう。いずれは全国規模の大きなカーショーに愛車を出展するという野望も抱いている。
「もっと多くの人に自分のクルマを見て欲しいんです。大きな舞台で映えるカスタム作りを今後も続けていきたいと思ってます」。

カスタムオーディオの魅力にどっぷり浸かったオーナー。どんどん高いステージに向けた愛車のレベルアップが続いていく。今後の進化に注目のカスタムオーディオマシンだ。
《土田康弘》

特集

page top