【連載】“取り付け方”で音が変わる? Part1 ドアスピーカー編 その13「“制振材”を切り出す際のセオリー」 | Push on! Mycar-life

【連載】“取り付け方”で音が変わる? Part1 ドアスピーカー編 その13「“制振材”を切り出す際のセオリー」

カーオーディオ製品の取り付けに関するコツやセオリーを考察している当コーナー。現在は、ドアにスピーカーを取り付ける際のセオリー等々を紹介している。今週は前回に引き続いて、“デッドニング”をDIYで行おうとするときの手順を解説していく。

カーオーディオ 特集記事
サービスホールを塞ぐための“制振材”を貼ろうとしているところ。
  • サービスホールを塞ぐための“制振材”を貼ろうとしているところ。
  • “制振材”を切り出すために、まずは“型紙”を起こそうとしているところ。
カーオーディオ製品の取り付けに関するコツやセオリーを考察している当コーナー。現在は、ドアにスピーカーを取り付ける際のセオリー等々を紹介している。今週は前回に引き続いて、“デッドニング”をDIYで行おうとするときの手順を解説していく。

ここまでは、内張りパネルの外し方、ドア内部のクリーニングの仕方を解説してきた。そしてこのあとにはいよいよ、“制振材”を貼る作業へと進んでいくこととなる。

まずは、サービスホールを塞ぐ作業から始めよう。というわけで最初に、サービスホールを塞ぐための“制振材”を切り出すことから始めたいのだが…。

このとき、いきなり“制振材”を切り始めるのはNGだ。その前に、“型紙”を起こすことから始めるべきなのだ。

その理由は2つある。1つは“制振材”を正確な形に切り出すため、そしてもう1つは、「反対側の“制振材”も同じ大きさ(形)にしたいから」だ。

ホームオーディオのスピーカーを思い出していただきたい。左右のスピーカーは同じ形をしているし、容量も構造もすべて同一だ。しかしもしも左右で形や構造が違っていたらどうだろう。音のバランスは崩れ、正しいステレオイメージは再現できない。ステレオ再生においては、左右のスピーカーのコンディションは同一でなければならないのだ。

であるので、“デッドニング”においてもそのセオリーに100%従う必要がある。左右に貼る“制振材”は、形や大きさを左右で変えてはいけないのである。

ただし、注意点が1つある。それは「反対側の“制振材”を切り出すときには、“型紙”を裏表逆にして使う」というもの。反対側の“制振材”を切り出すときに“型紙”を裏返しにして使わなかったら、切り出した“制振材”は前後が逆になってしまう。くれぐれもご注意を。

“型紙”の起こし方は写真を参考にしていただきたい。サービスホールよりも大きな紙を用意してテープなどで簡易的にとめ、手で触ってサービスホールの形を確認しながら、それよりもひと回り大きな型になるように形をトレースし、その線のとおりにカットすれば完成だ。

今回はここまでとさせていただく。次回も“デッドニング”をDIYで行おうとするときの注意点を解説していく。お楽しみに。
《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top