カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! HONDA STEPWGN(オーナー・高山勇輝さん) by Brain Child 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! HONDA STEPWGN(オーナー・高山勇輝さん) by Brain Child 後編

カーオーディオ 特集記事

大胆なラゲッジカスタムを施したオーナーの高山さん。フロントまわりにも同イメージでカスタムインストールを実施。製作ショップである福岡県のBrain Childが手の込んだドアのカスタム処理などを加えて完成度の高いコクピットまわりを完成させた。

◆ドアオープン時のインパクトを重視曲線使いのカスタム処理が光る

ドアの下部には魅せるカスタム処理が施されている。ドアを開けた際にアピールするインパクト満点のデザインが見どころだ。

《ドアの下部には魅せるカスタム処理が施されている。ドアを開けた際にアピールするインパクト満点のデザインが見どころだ。》

曲線を積極的に使ったフレームワークとパープル系の人工スエードを使った造形が魅力。カスタムレベルをぐんとアップさせた。

《曲線を積極的に使ったフレームワークとパープル系の人工スエードを使った造形が魅力。カスタムレベルをぐんとアップさせた。》

フレームとアクリルとの組み合わせもこのカスタムの特徴。パンチング素材やダイヤ柄のアクリルを融合させるアイデアも見事。

《フレームとアクリルとの組み合わせもこのカスタムの特徴。パンチング素材やダイヤ柄のアクリルを融合させるアイデアも見事。》

インパクト満点のカスタムインストールを施したラゲッジが圧巻の高山さんのステップワゴン。フロントステージにもラゲッジにも負けないこだわり満載のカスタムインストレーションを施した。中でもコクピットまわりのカスタム面でもっとも気を配ったのがフロントドアのカスタム処理だという。

オーナーが「ドアを開けたときのインパクトを出したかった」と言うだけに、スピーカーまわりのみならずドア全体のデザインの完成度はダントツに高い。ポイントとなるのはドア下部後方に魅せる効果満点のカスタム処理だ。曲線を使ったフレームワークに、アクリルをはめ込み、内部にはパンチング素材とダイヤ柄のアクリルを組み合わせるという手の込んだ造形。ドア形状に合わせて大きくラウンドしたフレームはこのクルマのイメージカラーでもあるパープル系の人工スエードで処理される。

さらに スピーカー周辺はドアパネルからバッフル面をやや立ち上げて処理した立体的なデザインが特徴。バッフルにはパープル系の人工スエードを使ってイメージの統一を図っている。スピーカー周辺にはアクリル+LEDイルミによる間接照明を施してスピーカーの振動板を照らし出すことでアピール度も高めている。ドア全体をカスタムしたからできた統一感あるデザインで狙い通りのインパクトを引き出した。

◆中域の厚みや高域の歯切れの良さでロックフォードのT4をチョイス

フロントスピーカーにはロックフォードのT4をチョイス。T5直系のサウンドをに惚れ込んだオーナーお気に入りユニットだ。

《フロントスピーカーにはロックフォードのT4をチョイス。T5直系のサウンドをに惚れ込んだオーナーお気に入りユニットだ。》

バッフル面は異形デザインとして人工スエードで処理、アクリルを使ったイルミ処理などユニットを引き立たせる工夫も満載。

《バッフル面は異形デザインとして人工スエードで処理、アクリルを使ったイルミ処理などユニットを引き立たせる工夫も満載。》

トゥイーターはAピラーに埋め込み加工される。もちろんピラーは全面を張り替え処理、パープル&レザーのツートンで処理される。

《トゥイーターはAピラーに埋め込み加工される。もちろんピラーは全面を張り替え処理、パープル&レザーのツートンで処理される。》

フロントスピーカーにチョイスしたのはロックフォードのT4652-S。スピーカーを選ぶ際にいろいろなスピーカーを聴いたが、T5が装着されたBrain Child のデモカーを聴いて惚れ込み、同系統のT4をセレクトすることになる。そのT4の印象は「パンと前に出る音、中域の厚みなどがすごく良いと感じて決めました」とオーナーお気に入りのユニットだ。ラゲッジでの外向きサウンドも含めてパワフルに鳴らせるクルマを目指していただけに、オーナーが探し求めていたフロントスピーカーとなった。

さらにT4はトゥイーターの鳴りっぷりもオーナーのお気に入り。高域の歯切れの良いサウンドを引き出すT4のトゥイーターでメリハリのあるサウンドを楽しんでいるという。取り付けはAピラーへの埋め込み処理を施した。ピラーの分割部分をパープルの人工スエードとレザーを使ってツートーンで仕上げているのも見どころ。Aピラーにも存在感を引き出すためにカラーリングや素材による工夫を施している。コクピットのデザイン性を高めているポイントの一つだ。

◆天井にも張り替え処理を施しインテリアのトータルカスタムが完成

カロッツエリアのサイバーナビをヘッドユニットには採用。サウンドの良さからヘッドユニットとしてチョイス。

《カロッツエリアのサイバーナビをヘッドユニットには採用。サウンドの良さからヘッドユニットとしてチョイス。》

家族や仲間とのドライブに備えて後席にはフリップダウンモニターを設置。天井の張り替え処理も美しい仕上がりだ。

《家族や仲間とのドライブに備えて後席にはフリップダウンモニターを設置。天井の張り替え処理も美しい仕上がりだ。》

ファミリードライブにもたびたび出かける高山さん+ステップワゴン。今シーズンはイベントへの参加回数も増えそうな予感。

《ファミリードライブにもたびたび出かける高山さん+ステップワゴン。今シーズンはイベントへの参加回数も増えそうな予感。》

ヘッドユニットとしてチョイスしたのはカロッツェリアのサイバーナビ。ミュージックビデオなどを楽しむことも多く、音質に優れたナビの装着は必須となった。パワフルサウンドのシステムを鳴らし切るにも十分な能力を備えているナビには満足感も高いという。

さらに家族とのドライブで欠かせないのがリアモニター。アルパインのフリップダウンモニターを後席天井に取り付けてリアシートでも迫力の映像を楽しめるようにしている。さらに天井をパープル系の人工スエードとレザーを使って張り替えているのも見どころ。インテリアを丸ごと処理することでカスタムレベルを大幅にアップさせているポイントでもある。純正部分を残さずトータルコーディネートを完成させたインテリアが美しい。

サウンドとデザインを両立させることを狙いとしたオーナー。パワフルなサウンドとカスタムインストールのインパクトをどちらも手に入れることに成功したステップワゴン。今シーズンは各地のイベントに愛車を乗り出して存分に楽しむ予定だという。
《土田康弘》

特集

page top