カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA PRIUS(ショップデモカー) by  custom&car Audio PARADA 前編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA PRIUS(ショップデモカー) by  custom&car Audio PARADA 前編

カーオーディオ 特集記事

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  TOYOTA PRIUS(ショップデモカー) by  custom&car Audio PARADA 前編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  TOYOTA PRIUS(ショップデモカー) by  custom&car Audio PARADA 前編
  • プリウスで新しいスタイルのカスタム提案を行ったcustom&car Audio PARADA。やり過ぎないカスタムがテーマだ。
  • ラゲッジはフラットにデザインされている。広いスペースにサブウーファー×2、アンプ×2で十分なボリューム感を感じさせる。
  • アクリルを使ったエンクロージャーやパネルの凹凸造形など、見せる工夫は細部にまで施され、カスタムレベルは非常に高い。
  • サブウーファーにはJLオーディオのTW3をチョイス。薄型ボディなので高さを抑えたエンクロージャー設計にはフィット。
  • ラゲッジ前方にはベージュのパネル面を設けてパワーアンプ×2台をビルトイン。周囲には凹凸を施したパネルでドレスアップ。
  • サイドウォール側にまでフロアのパネルを伸ばしてラゲッジの統一感を演出。左右のデッドスペースにはヒューズブロックなどを配置。
  • エンクロージャーの内部に見える壁面には凹凸を使ったいた処理が施される。凹部分が生み出す陰影で変化を付けるのが狙いだ。
新たなカスタムスタイルの提案として福井県のcustom&car Audio PARADAがデモカーとして作り上げたプリウス。“やり過ぎない”カスタム手法と効果的なデザインで新しいカスタムスタイルを作り出した。陰影を使ったパネル処理が印象的なラゲッジにも注目だ。

◆やり過ぎないカスタムスタイルを追求したショップデモカーに注目

プリウスで新しいスタイルのカスタム提案を行ったcustom&car Audio PARADA。やり過ぎないカスタムがテーマだ。

《プリウスで新しいスタイルのカスタム提案を行ったcustom&car Audio PARADA。やり過ぎないカスタムがテーマだ。》

ラゲッジはフラットにデザインされている。広いスペースにサブウーファー×2、アンプ×2で十分なボリューム感を感じさせる。

《ラゲッジはフラットにデザインされている。広いスペースにサブウーファー×2、アンプ×2で十分なボリューム感を感じさせる。》

アクリルを使ったエンクロージャーやパネルの凹凸造形など、見せる工夫は細部にまで施され、カスタムレベルは非常に高い。

《アクリルを使ったエンクロージャーやパネルの凹凸造形など、見せる工夫は細部にまで施され、カスタムレベルは非常に高い。》

従来の魅せるカスタムスタイルに加えて、新たに“やり過ぎない”カスタムスタイルを提案しているcustom&car Audio PARADA。そのデモカーとなったのがこのプリウスだ。ラゲッジはフラットに組まれ、積載性も十二分に確保するなど、実用性もキープしている。ラゲッジ前方には隔壁を設けてわずかながらだか小物入れを設置しているところも特徴。ラゲッジに常備しておきたいアイテムを収納しておけるスペースを確保している。

しかし、やり過ぎないカスタムとは言え魅せる効果はデザインセンスに長ける同ショップならでは。フロアにJLオーディオの薄型サブウーファーであるTW3を2発インストール。アクリルで組まれたボックスはシースルーで内部を見せラゲッジに華やかさを加える。またエンクロージャー内壁やパワーアンプの取り付け面には凹凸を施したパネルを設置。凹み部分が生み出す陰影でのっぺり感を払拭し、ラゲッジ全体に立体感を与えているのもアイデアだ。さらに人工スエードやLEDイルミ、アクリルなどを駆使していながら、色数を押さえたレイアウトで落ち着いた雰囲気を作ったところも特徴。

◆限られたユニットを最大限に魅せるレイアウト&デザイン

サブウーファーにはJLオーディオのTW3をチョイス。薄型ボディなので高さを抑えたエンクロージャー設計にはフィット。

《サブウーファーにはJLオーディオのTW3をチョイス。薄型ボディなので高さを抑えたエンクロージャー設計にはフィット。》

ラゲッジ前方にはベージュのパネル面を設けてパワーアンプ×2台をビルトイン。周囲には凹凸を施したパネルでドレスアップ。

《ラゲッジ前方にはベージュのパネル面を設けてパワーアンプ×2台をビルトイン。周囲には凹凸を施したパネルでドレスアップ。》

サイドウォール側にまでフロアのパネルを伸ばしてラゲッジの統一感を演出。左右のデッドスペースにはヒューズブロックなどを配置。

《サイドウォール側にまでフロアのパネルを伸ばしてラゲッジの統一感を演出。左右のデッドスペースにはヒューズブロックなどを配置。》

ラゲッジにインストールされるユニット類はごく限られたものをフラットにレイアウトするスタイル。先にも紹介したとおり、サブウーファーにはJLオーディオの薄型モデルのTW3を2発組み、パワーアンプは同じくJLオーディオをチョイス。コンパクトなボディを持つD級アンプのRDシリーズ×2台(RD400/4、RD500/1)をインストール。いずれも省スペースな取り付けにも対応するユニットで、レイアウトの自由度を高めている。

しかし、限られたユニット数でも十分なカスタムデザインを完成させているのは、周辺デザインの妙と言えるだろう。ラゲッジ後方をアクリルを使ったエンクロージャーのエリア、ラゲッジ前方にはベージュのパネルを使ったアンプラックのエリア、そしてサイドウォール側にはヒューズボックスなどをレイアウトするなど、エリアごとに異なるデザインを施し、ラゲッジ全体に変化を与えている。

◆リアゲートへのコアキシャルやリアモニターの取り付けにも工夫あり

エンクロージャーの内部に見える壁面には凹凸を使ったいた処理が施される。凹部分が生み出す陰影で変化を付けるのが狙いだ。

《エンクロージャーの内部に見える壁面には凹凸を使ったいた処理が施される。凹部分が生み出す陰影で変化を付けるのが狙いだ。》

リアゲートの内側にはグラウンドゼロのコアキシャルスピーカーをインストール。ここでも加工を少なく処理する工夫を凝らす。

《リアゲートの内側にはグラウンドゼロのコアキシャルスピーカーをインストール。ここでも加工を少なく処理する工夫を凝らす。》

リアシートのヘッドレストにモニターを設置。一切の加工は必要ないがラゲッジの外向きモニターとして威力を発揮する小ワザだ。

《リアシートのヘッドレストにモニターを設置。一切の加工は必要ないがラゲッジの外向きモニターとして威力を発揮する小ワザだ。》

コンセプト通り、やり過ぎない・程よいカスタムは各部に施されている。リアゲートの内側にリアスピーカーとしてグラウンドゼロのコアキシャルをインストール。リアセクションへの中高域用スピーカー追加で必要になる、ラゲッジの大幅なカスタムを施すこと無く、手軽に内向き・外向きスピーカーを追加することに成功している。

リアシート側にモニターを設置するスタイルも面白いアイデア。ラゲッジをカスタムしてモニターをビルトインするスタイルは多いが、ヘッドレストにモニターを設置するこのスタイルなら加工は不要。しかしモニターによる効果はしっかり確保する。手軽に外向きに映像をアピールすることができ、最小限のカスタム処理でゲートオープン時のショーアップ効果を高めることが可能だ。

最小限のカスタムで最大限の効果を引き出したこのプリウス。デザインやカスタムスタイルなど参考にできる部分も多い、まさにショップのデモカーだ。やり過ぎないカスタムスタイルを目指しているユーザーには見逃せない一台となった。
《土田康弘》

特集

page top