カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUZUKI WAGON R STINGRAY(オーナー・ゆっぴさん) by Warps 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUZUKI WAGON R STINGRAY(オーナー・ゆっぴさん) by Warps 後編

カーオーディオ 特集記事

ラゲッジに入念なカスタムインストールを完成させたワゴンR。広島県のWarpsの手による処理はコクピットまわりにも手厚く投入され、オーナー狙い通りの“女性っぽくない”クールなカスタムスタイルが完成した。特にドア加工やAピラーには見どころ満載だ。


◆アウターバッフルはイルミ&グリル処理が見どころ
大好きな愛車をさらにレベルアップさせたカスタムオーディオ。想像以上のできばえにオーナーも大満足だという。《大好きな愛車をさらにレベルアップさせたカスタムオーディオ。想像以上のできばえにオーナーも大満足だという。》
コクピットにもレッド&ブラックのカラーリングを用いて、シャープで硬質なイメージのデザインに仕上げた。《コクピットにもレッド&ブラックのカラーリングを用いて、シャープで硬質なイメージのデザインに仕上げた。》
フロントドアのアウターバッフルはイルミ処理に加えてレッドのフレームを加えてアクセントとしているのが特徴。《フロントドアのアウターバッフルはイルミ処理に加えてレッドのフレームを加えてアクセントとしているのが特徴。》

コクピットのカラーコーディネートにもラゲッジに用いたブラック×レッドを踏襲。女の子っぽいかわいさを排除してシャープでカッコ良いデザインを追求したという。

フロントステージで真っ先に注目したいのはドアのアウターバッフルだ。グラウンドゼロのGZUC650SQのミッドバスをインストール、スピーカー周囲にはイルミリング&レッドのグリルを取り付けるスタイルでスピーカーの存在感をしっかりアピール。

さらに、ドアポケット部分にはアクリルパネルに加え、レッドのフレームを用いたデザイン処理を施す。単なるアウターバッフル化だけでは無くドア全体をデザインするというスタイルを徹底した。


◆2色を使い分けて個性化したAピラーのデザイン処理に注目
Aピラーの2色使いはオーナー一番のお気に入りポイント。デザイン処理されたレザーの張り分け処理も美しい。《Aピラーの2色使いはオーナー一番のお気に入りポイント。デザイン処理されたレザーの張り分け処理も美しい。》
レッドとブラックの境目にはワイヤーを使った処理を施す。ラゲッジでも用いた手法でデザインに変化を加えている。《レッドとブラックの境目にはワイヤーを使った処理を施す。ラゲッジでも用いた手法でデザインに変化を加えている。》
リアドアにはコアキシャルスピーカーをインストール。フロント同様のイルミボックスを用いたデザインで統一感を引き出す。《リアドアにはコアキシャルスピーカーをインストール。フロント同様のイルミボックスを用いたデザインで統一感を引き出す。》

Aピラーにインストールされるグラウンドゼロのトゥイーター。この部分のデザインはコクピットまわりのカスタム処理の中でも、特にオーナーが気に入っているポイント。ブラック×レッドの2色使いのデザインに加え、ラゲッジにも取り入れている境目にワイヤーを入れる独自のカスタム処理でツートーンの色分けのアウトラインをくっきりさせているのも特徴。

しっかり角度付けされて定位をコントロールするトゥイーターに加え、レッドの人工スエードを使った周囲のデザインも独特。Aピラーの形状をそのままトレースするのでは無く、より鋭角な三角形を新たに形作ってピラーのイメージを個性的に彩る。

さらにリアドアにはグラウンドゼロのコアキシャルスピーカーであるGZRF16FXIIをリアスピーカーとしてインストール。ドアポケット部分にはフロントドアのイメージと合わせてアクリル&イルミで処理されドアオープン時の前後ドアの統一感も抜群。


◆鳴りの良さでイベントからドライブまでをフルで楽しむ
ヘッドユニットは実用性もかねてナビを利用。ドライブ中は大好きなEDMをみっぱい楽しんでいるという。《ヘッドユニットは実用性もかねてナビを利用。ドライブ中は大好きなEDMをみっぱい楽しんでいるという。》
パワーアンプはロックフォード・プライムのR150×2をチョイス。外部アンプを使ってスピーカーをしっかり駆動する狙い。《パワーアンプはロックフォード・プライムのR150×2をチョイス。外部アンプを使ってスピーカーをしっかり駆動する狙い。》
オーディオをはじめてクルマとの関わり方がさらに濃密になったというゆっぴさん。カスタムのできの良さにも満足感は高い。《オーディオをはじめてクルマとの関わり方がさらに濃密になったというゆっぴさん。カスタムのできの良さにも満足感は高い。》

フロントステージから作り始めて、イベント仕様のラゲッジまでを完成させたワゴンR。迫力の低音と厚みのあるサウンドを再生するグラウンドゼロはお気に入りのユニットとなった。

そんなシステムのヘッドユニットとなるのはアルパインのナビVIE-X75B。普段使いからイベントでガンガン鳴らすシーンまで、オールマイティに対応してくれる。またフロント用のパワーアンプにはロックフォード・プライムのR150×2をシート下にインストール。各スピーカー群をパワフルに鳴らし切るにも十分なパワーを誇るアンプでもある。

「想像以上のできです、とにかく嬉しすぎます!」と完成したカスタムのデザイン&完成度に感激しきりのオーナー。そんなワゴンRは仲間と出かけるイベントや、好きなEDMをガンガン鳴らしながらのドライブで活躍中。徹底してこだわったクールなカスタムスタイルで女性オーナーを感じさせない車両に仕上がったデザインで、ますますオーディオライフを満喫中だ。
《土田康弘》

特集

page top