カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA CELSIOR(オーナー・槌田益大さん) by S:iz(エスイズ) 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA CELSIOR(オーナー・槌田益大さん) by S:iz(エスイズ) 後編

カーオーディオ 特集記事

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA CELSIOR(オーナー・槌田益大さん) by S:iz(エスイズ) 後編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA CELSIOR(オーナー・槌田益大さん) by S:iz(エスイズ) 後編
  • トランクルームのカスタムインストレーションとは対照的にシンプルで落ち着いたコクピットのデザインが特徴。
  • ドア純正位置とAピラーというスタンダードな取り付けを実施したフロントスピーカーだが、精度の高い取り付けで高音質を引き出す。
  • ドアの純正形状を大きく形状変更することなくアウターバッフル化。印象的な振動板を持つT3のミッドバスもインパクト十分だ。
  • ポケットの前部にあるスペースをうまく活用してアウターバッフルを設置。ドア形状とのつながりも計算した作りが施される。
  • Aピラーへのトゥイーターのインストールはシンプルそのもの。コクピットの上質なイメージを崩すことなく音質を追求した。
  • ヘッドユニットは純正パネルの一部を加工してビルトイン。奥行きも十分計算され違和感なくインストールされている。
ファイバーとLEDイルミを駆使して異次元空間を作り上げたトランクルームに対し、コクピットはシンプルでサウンド重視の作りとしたのはオーナーのこだわり。岡山県のS:iz(エスイズ)がインストールしたセルシオには、高音質化のこだわりが詰め込まれた。

◆トランクとは一転して
 コクピットは音質重視を貫く

トランクルームのカスタムインストレーションとは対照的にシンプルで落ち着いたコクピットのデザインが特徴。ドア純正位置とAピラーというスタンダードな取り付けを実施したフロントスピーカーだが、精度の高い取り付けで高音質を引き出す。
トランクルームはカスタムインストールを極め、魅せる効果満点のデザインを作り上げたセルシオ。対してコクピットまわりのテーマは“高音質で心地よいサウンドに満たされる空間”。そんなテーマに合わせてチョイスしたスピーカーはロックフォードのT3652-S。ドアへのアウターバッフルとAピラーへトゥイーターをインストールするスタンダードな2ウェイ構成ながら、取り付けの精度を徹底して高め、高音質を極める。

各部の加工も、純正のデザインを崩すことなく、シンプル & スマートに仕上げられている。音への影響を考えた取り付けと、ストック然としたデザインを両立し、落ち着いた大人のリスニング空間を作り上げた。

◆音質とデザイン性を両立させた
 ドアのアウターバッフルに注目

ドアの純正形状を大きく形状変更することなくアウターバッフル化。印象的な振動板を持つT3のミッドバスもインパクト十分だ。ポケットの前部にあるスペースをうまく活用してアウターバッフルを設置。ドア形状とのつながりも計算した作りが施される。
フロントステージの見どころはなんといってもT3のミッドバスをインストールするアウターバッフル。純正スピーカー位置を巧みに使ったインストールが見事だ。ドアポケットの前方にある三角形のスペースをアウター化。周囲のデザインを取り入れた形状で違和感ないフォルムを作り上げる。ミッドバスを取り囲むバッフル面も滑らかに盛り上げられ、立体的なデザインを形成する。

中低域の直接音をストレートにリスナーに届ける仕様としたミッドバスのアウター化。見た目はもちろん、クリアでピュアなサウンドを再生するのにも重要の役割を果たしている。T3の持つポテンシャルをフルに発揮させて、狙ったサウンドを引き出している。

そんなスピーカーは同じくロックフォードのパワーアンプであるT400-4でドライブされ、厚みのあるサウンドを響かせる。加えてプロセッサーにはカロッツェリアχのRS-P99χを使ってサウンドチューニングを磨き上げる。高音質の核となる中域再生をしっかりとサポートすることで、心地よいサウンドを再生することに成功した。

◆シンプルなトゥイーター処理や
 埋め込まれたヘッドユニットが美しい

Aピラーへのトゥイーターのインストールはシンプルそのもの。コクピットの上質なイメージを崩すことなく音質を追求した。ヘッドユニットは純正パネルの一部を加工してビルトイン。奥行きも十分計算され違和感なくインストールされている。
確かな定位を確保するためトゥイーターはAピラーにインストールされる。大がかりなカスタムインストレーションを施すのではなく、シンプルにピラー形状にフィットさせるシンプルなビルトイン手法がとられる。人工スエードで張り替えたピラーに、シルバーのグリルが浮かび上がるスタイルは上質で高級感満点。

ヘッドユニットにはカロッツェリアXのRS-D7XIIIをチョイス。純正コンソールのスペースを部分加工してスマートにビルトインするのもこだわり。コクピットまわりを大幅に変更することなく、あくまでも純正のデザインを尊重したストックインストレーションが施される。

コクピットとトランクルームで2つの表情を備えたこのクルマ。サウンド重視のインストールと、究極のカスタムインストレーションの両方が楽しめる贅沢な一台に仕上がった。
《土田康弘》

特集

page top