カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA CELSIOR(オーナー・槌田益大さん) by S:iz(エスイズ) 前編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA CELSIOR(オーナー・槌田益大さん) by S:iz(エスイズ) 前編

カーオーディオ 特集記事

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA CELSIOR(オーナー・槌田益大さん) by S:iz(エスイズ) 前編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA CELSIOR(オーナー・槌田益大さん) by S:iz(エスイズ) 前編
  • トランク各面を手の込んだカスタム処理で仕上げる。平板にならないようにインストール形状やユニット配置には気を遣う。
  • 左右の対称性を考えたデザインはバランスも絶妙。ユニットのレイアウトも考え抜かれたもの。魅せる効果を最大限引き出す。
  • パワーアンプはフロアに設置。しかしフラットには設置せず、スラントさせてレイアウトすることでフロアの深さを感じさせている。
  • サブウーファーのバッフル面にも注目。前面のパネルから一段奥に落とし込むように斜めに設置され、奥行き感をしっかり演出する。
  • アクリルとファイバーによるパネル面を積み重ねる手法で奥行き感を出しているサイドウォール。
  • 左サイドウォールにはキャパシターなどをビルトイン。ここでもLEDとファイバー処理の融合が決まっている。
  • トランクルームの天井にも手の込んだカスタム処理が施される。ファイバーによる曲面とイルミ処理で魅せる効果満点。
トランクルームにオーディオによる別世界を作り上げたセルシオ。岡山県のS:iz(エスイズ)が作り上げたカスタムインストールの作りはとびきりハイクオリティ。造形からLED使いまで、見る者を圧倒する完成度を持っている絶品カスタムを、とくとご覧あれ。

◆奥行きを感じさせる
 立体インストールを極める

トランク各面を手の込んだカスタム処理で仕上げる。平板にならないようにインストール形状やユニット配置には気を遣う。左右の対称性を考えたデザインはバランスも絶妙。ユニットのレイアウトも考え抜かれたもの。魅せる効果を最大限引き出す。
カスタムインストレーションを極めたトランクルームがこのセルシオの見せ所。しかしセダンのトランクルームカスタムは、四角四面のデザインになりがち。そこで、このクルマでは「立体感」をテーマにして奥行きを感じさせるデザインの工夫が施されたのが特徴。

フロア面には4台のパワーアンプをスラントさせてレイアウトすることで、下方向に空間を広げ立体感を生み出している。また両サイドウォールにはプロセッサーとキャパシターをインストールするが、いずれも彫りの深いパネルデザインが施されるのも見どころ。

さらに前面ウォールにインストールするサブウーファーのバッフル面は、周囲のパネルから段差を設けることでフラットなパネルイメージを払拭する工夫を凝らしている。加えて天井側にもファイバー処理を施し、凹凸を使った魅せるカスタムが施されているのにも注目したい。

◆フロアやバッフル面の
 スラント処理で奥行き感を強調

パワーアンプはフロアに設置。しかしフラットには設置せず、スラントさせてレイアウトすることでフロアの深さを感じさせている。サブウーファーのバッフル面にも注目。前面のパネルから一段奥に落とし込むように斜めに設置され、奥行き感をしっかり演出する。アクリルとファイバーによるパネル面を積み重ねる手法で奥行き感を出しているサイドウォール。
フロアの奥底へと斜めに流れ込むようにレイアウトされているロックフォードのT400-4×4とT-600-2×2の4台のパワーアンプ群。単なるユニットインストールの域を超え、トランクデザインの一部として取り入れたセンス溢れるインストールスタイルといえる。

前方のウォール面にインストールされるのはJLオーディオのハイエンドサブウーファーである12W7AE-3×2。バッフル面にはピアノブラックの処理が施され、周囲のLEDを反射させ間接照明による幻想的な空間を創り出した。またバッフル面は斜めに傾けて設置され、上部に隠されているLEDを間接照明として受ける構造。これも奥行きを感じさせるアイデアの一つなのだ。

右サイドウォールにはカロッツェリアχのプロセッサーであるRS-P99χをビルトイン。パネル面から落とし込んだ取り付け面と、アクリル&LEDを二重に使った処理で奥行き感を強調している。

◆普段は目にしない天井部分にまで
 手の込んだカスタム処理を施す

左サイドウォールにはキャパシターなどをビルトイン。ここでもLEDとファイバー処理の融合が決まっている。トランクルームの天井にも手の込んだカスタム処理が施される。ファイバーによる曲面とイルミ処理で魅せる効果満点。フロアの中央部にはピラーを設ける。ここにもイルミとロゴを使った演出でカスタム度を高めている。
細部にまでカスタム処理を徹底するのもこのクルマならでは。普段はあまり目にすることもないトランクルームの天井部分。ここにも手の込んだカスタム処理が施されているのにも注目。曲面を使って奥のウーファーとトランクルームを一体化させるようなデザイン。ウーファーのバッフル面とラインを通してアクリル+LEDを埋め込む処理など、トランクルームの統一感を引き出している。

また各ウォール、フロアなどあらゆる部分をカスタムする手数の多さも圧巻。左サイドウォールにはキャパシター&ヒューズボックスをセット、バランスの良いレイアウトもトランクルーム全体の完成度を高めている。

トータルコーディネートされたトランクルームで、別次元の空間を演出したセルシオ。幻想的なライティングやファイバーによる曲面など、これでもかとばかりに繰り出されるカスタムアイデアが見る者を圧倒する。次回はトランクルームとは対照的に「音重視」でインストールされたフロントステージを紹介していくこととしよう。
《土田康弘》

特集

page top