思い出深き“つま恋”の地に、全国から猛者が集結! 『第2回 ハイエンドカーオーディオコンテスト』 最速リポート! Part.2 | Push on! Mycar-life

思い出深き“つま恋”の地に、全国から猛者が集結! 『第2回 ハイエンドカーオーディオコンテスト』 最速リポート! Part.2

カーオーディオ 特集記事

思い出深き“つま恋”の地に、全国から猛者が集結! 『第2回 ハイエンドカーオーディオコンテスト』 最速リポート! Part.2
  • 思い出深き“つま恋”の地に、全国から猛者が集結! 『第2回 ハイエンドカーオーディオコンテスト』 最速リポート! Part.2
  • トヨタ・プリウス(ショップデモカー)by オートステーションK2
  • トヨタ・プリウス(ショップデモカー)by オートステーションK2
  • トヨタ・プリウス(ショップデモカー)by オートステーションK2
  • トヨタ・プリウス(ショップデモカー)by オートステーションK2
  • トヨタ・プリウス(ショップデモカー)by オートステーションK2
  • トヨタ・プリウス(ショップデモカー)by オートステーションK2
  • トヨタ・プリウス(ショップデモカー)by オートステーションK2
9月24日と25日の2日間にわたって開催された『第2回 ハイエンドカーオーディオコンテスト』に、登録店からエントリーした注目車両をご紹介している。2回目となる今回は、初日に審査されたクルマ、及び2日目に審査されたクルマの両方の中から、7台をピックアップする。

トヨタ・プリウス(ショップデモカー)by オートステーションK2

 ディーラーデモカー部門::ディーラーデモカークラス

トヨタ・プリウス(ショップデモカー)by オートステーションK2
トヨタ・プリウス(ショップデモカー)by オートステーションK2トヨタ・プリウス(ショップデモカー)by オートステーションK2トヨタ・プリウス(ショップデモカー)by オートステーションK2トヨタ・プリウス(ショップデモカー)by オートステーションK2トヨタ・プリウス(ショップデモカー)by オートステーションK2トヨタ・プリウス(ショップデモカー)by オートステーションK2
大阪府のオートステーションK2は、デモカープリウスで同クラスに参戦した。搭載システムは以下のとおりだ。デジタルオーディオプレーヤーをソースユニットとして活用し、その信号をオーディオテクニカのデジタルトランスポートで受け、プロセッサー(ヘリックス・DSP-PRO)に送る。パワーアンプには、カロッツェリアX・RS-A09X×2台+同・RS-A99X×1台を使用し、フロント3ウェイスピーカーにはモレルの上級ユニットを、サブウーファーにはカロッツェリア・TS-W1000RSを採用していた。目指した音は、澤田かおりの楽曲では、自然な質感と柔軟なボーカル、オペラでは、スケール感、ダイナミクス、エネルギー感、熱気等の表現を大切にしたという。その音は、全体的にパワー感がみなぎり、各帯域の質感も上々。聴き心地の良さが光っていた。

トヨタ・ヴァンガード(オーナー/萱場徳克さん)by クァンタム

 ユーザーカー部門::Pioneer carrozzeriaXシステムクラス

トヨタ・ヴァンガード(オーナー/萱場徳克さん)by クァンタム
トヨタ・ヴァンガード(オーナー/萱場徳克さん)by クァンタムトヨタ・ヴァンガード(オーナー/萱場徳克さん)by クァンタムトヨタ・ヴァンガード(オーナー/萱場徳克さん)by クァンタムトヨタ・ヴァンガード(オーナー/萱場徳克さん)by クァンタムトヨタ・ヴァンガード(オーナー/萱場徳克さん)by クァンタムトヨタ・ヴァンガード(オーナー/萱場徳克さん)by クァンタム
茨城県のクァンタムからエントリーした萱場さん。使用機器は以下のとおりだ。メインユニットがカロッツェリアX・RS-D7XIII、プロセッサーが同・RS-P99X、パワーアンプが同・RS-A09X×4台。そしてフロント3ウェイ+サブウーファーを、カロッツェリア・1000RSシリーズで統一。調整において目指したのは、「高S/Nを感じられるスムーズでつながりの良いトーンバランス」。その上で、澤田かおりの楽曲では、爽やかな雰囲気が表現できるように各楽器間のバランスとヴォーカルの質感に留意し、オペラでは、ダイナミクス、スピード感、華々しさが織りなすハーモニーを表現すべく、空間表現と音の密度感、スケール感に注意を払ったという。聴くと、1音1音にハリがあり、かつ全体が分厚く、繊細で滑らか。上質なHi-Fiサウンドが楽しめた。

ホンダ・シビック タイプR by サウンドワークス

 ユーザーカー部門::DIATONE サウンドナビ内蔵アンプクラス

ホンダ・シビック タイプR by サウンドワークス
ホンダ・シビック タイプR by サウンドワークスホンダ・シビック タイプR by サウンドワークスホンダ・シビック タイプR by サウンドワークスホンダ・シビック タイプR by サウンドワークス
千葉県のサウンドワークスからエントリーしたシビック タイプRは、以下のシステムでコンテストに臨んでいた。ダイヤトーン サウンドナビ・NR-MZ100PREMIをメインユニット兼コントロールユニットに据え、その内蔵アンプでフロント2ウェイスピーカーをドライブ。使用しているスピーカーユニットはすべて、カーオーディオ用ユニットとしては新進気鋭の「DEER」というブランドの製品。サブウーファーのみ、カロッツェリアのパワーアンプ、GM-D1400IIで鳴らしていた。澤田かおりの楽曲では、聴き手がリラックスして幸せになれるような優しく自然なバランスのサウンドを目指し、オペラでは、躍動感や生命感を大切にし、伸びのある元気な音を目指したという。前者では爽快感とスピード感が、後者ではエネルギー感と説得力が強く感じられた。

VW・ポロ(オーナー/矢野晋一さん)by サウンドカーペンター

 ユーザーカー部門::メモリーメディアBクラス

VW・ポロ(オーナー/矢野晋一さん)by サウンドカーペンター
VW・ポロ(オーナー/矢野晋一さん)by サウンドカーペンターVW・ポロ(オーナー/矢野晋一さん)by サウンドカーペンターVW・ポロ(オーナー/矢野晋一さん)by サウンドカーペンターVW・ポロ(オーナー/矢野晋一さん)by サウンドカーペンターVW・ポロ(オーナー/矢野晋一さん)by サウンドカーペンターVW・ポロ(オーナー/矢野晋一さん)by サウンドカーペンター
矢野さんは、愛媛県のサウンドカーペンターで製作したVW・ポロで、ソニー・ウォークマンをソースユニットとして当クラスにエントリー。ウォークマン以降のシステムは、オーディオテクニカのデジタルトランスポート、ヘリックスのプロセッサー、そしてカロッツェリアのパワーアンプ、PRS-A900×2台(フロントスピーカー用)+同・PRS-D8100×1台(サブウーファー用)という顔ぶれ。使用スピーカーは、トゥイーターとミッドレンジがカロッツェリアのPRSシリーズ、ミッドウーファーがブラム、そしてサブウーファーがカロッツェリア・TS-W1000RSという編成だ。調整においては、トーンバランス、スケール感、音の分離、S/Nの向上等に努めたとのこと。試聴すると、厚み、温かみ、そしてステージの立体表現の的確さが特に印象に残った。

VW・パサート ヴァリアント(オーナー/横山宗匡さん)by アミューズ

 ユーザーカー部門::BEWITH Mirror Stationクラス

VW・パサート ヴァリアント(オーナー/横山宗匡さん)by アミューズ
VW・パサート ヴァリアント(オーナー/横山宗匡さん)by アミューズVW・パサート ヴァリアント(オーナー/横山宗匡さん)by アミューズVW・パサート ヴァリアント(オーナー/横山宗匡さん)by アミューズVW・パサート ヴァリアント(オーナー/横山宗匡さん)by アミューズVW・パサート ヴァリアント(オーナー/横山宗匡さん)by アミューズVW・パサート ヴァリアント(オーナー/横山宗匡さん)by アミューズ
VW・パサートで参加した横山さん。製作ショップは、広島県のアミューズだ。搭載システムはフル・ビーウィズ。メインユニットがSTATE MM-1D R。プロセッサーがAZ-1 CC SR、パワーアンプがP-1R×6台、そしてスピーカーは、フロント2ウェイ+サブウーファーすべてがコンフィデンスIIIで統一されていた。調整で目指したのは、自然なトーンバランスと、音の鮮度感、とのこと。澤田かおりの楽曲では、軽すぎず重すぎず、ボーカルとバックバンドとの存在感のバランスに留意。オペラでは、“輝かしい凱旋を祝う場面”をイメージし、緊張感の中にも高揚する雰囲気を思い浮かべたという。その音からは、ポップスではボーカルに華が、オペラでは全体から荘厳さが感じられた。音の分離も良く、弦楽器の高速フレーズでも、音符がシャープに表現されていた。

メルセデス-ベンツ・E350(オーナー/朝倉佑輔さん)by ジパング

 ユーザーカー部門::メモリーメディアBクラス

メルセデス-ベンツ・E350(オーナー/朝倉佑輔さん)by ジパング
メルセデス-ベンツ・E350(オーナー/朝倉佑輔さん)by ジパングメルセデス-ベンツ・E350(オーナー/朝倉佑輔さん)by ジパングメルセデス-ベンツ・E350(オーナー/朝倉佑輔さん)by ジパングメルセデス-ベンツ・E350(オーナー/朝倉佑輔さん)by ジパングメルセデス-ベンツ・E350(オーナー/朝倉佑輔さん)by ジパングメルセデス-ベンツ・E350(オーナー/朝倉佑輔さん)by ジパング
鳥取県のジパングで製作したベンツ・E350でエントリーした朝倉さん。システムは次のとおりだ。ソニーのウォークマンをソースユニットとして使用し、その信号をオーディオテクニカのデジタルトランスポート経由でプロセッサー(ヘリックス・DSP-PRO)へと伝送しコントロールする。パワーアンプには、カロッツェリアX・RS-A70Xをチョイスし、フロント3ウェイスピーカーとサブウーファーはすべて、カロッツェリアの1000RSシリーズで揃えていた。音作りにおいては爽やかで語りかけるような自然体を表現できるように努め、オペラでは、移調や緩急に注意しながら、華麗かつ勇猛果敢な様子を表現できるように調整したという。聴いてみると、どちらの楽曲においても、サウンドがとても繊細でスムーズ。細かな音も粒立ちが良く、音の分離も正確だった。

アウディ・S8(オーナー/米口 勲さん)by プロショップ ヴォーグ

 ユーザーカー部門::BEWITH STATEクラス

アウディ・S8(オーナー/米口 勲さん)by プロショップ ヴォーグ
アウディ・S8(オーナー/米口 勲さん)by プロショップ ヴォーグアウディ・S8(オーナー/米口 勲さん)by プロショップ ヴォーグアウディ・S8(オーナー/米口 勲さん)by プロショップ ヴォーグアウディ・S8(オーナー/米口 勲さん)by プロショップ ヴォーグアウディ・S8(オーナー/米口 勲さん)by プロショップ ヴォーグアウディ・S8(オーナー/米口 勲さん)by プロショップ ヴォーグ
米口さんのアウディは、千葉県のプロショップ ヴォーグで製作した1台。搭載しているのは、ビーウィズの最新にして最高のフル・システムだ。メインユニットには、ルームミラー型リニアPCMプレーヤー、STATE MM-1D Rを使い、プロセッサーは、マルチプロセシングDACシステム、STATE A6R MONO。パワーアンプにはP-1Rを6台採用している。これに組み合わせるフロント2ウェイスピーカー+サブウーファー(2発)は、すべてコンフィデンスIIIシリーズで統一。音作りのコンセプトはズバリ、「鮮度感を保ちながら、優しい音色を狙った」とのことだった。聴いてみると、まず驚かされたのが、レスポンスの速さ。音の立ち上がりが全帯域にわたって超高速。そして、音色は至って繊細。ステージの立体感の表現も最上レベルだった。
《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top