【スピーカー交換のススメ】スエーデンブランドDLS。コスパ高いリファレンスシリーズ | Push on! Mycar-life

【スピーカー交換のススメ】スエーデンブランドDLS。コスパ高いリファレンスシリーズ

スウェーデン生まれのDLSは、スピーカーメーカーとして1979年に設立。社名DLSの由来は、デービット、リーフ、ステファンの創業者とエンジニアの名前からだという。    

カーオーディオ 特集記事
DLS RZ6.2 16.5cm セパレート2ウェイシステム ¥80,000(税別)

スウェーデン生まれのDLSは、スピーカーメーカーとして1979年に設立。社名DLSの由来は、デービット、リーフ、ステファンの創業者とエンジニアの名前からだという。    

'80年代後半、北米、欧州、日本とカーオーディオブームが巻き起こる。同社は音のよい製品作りに専念。CD創世記ということもあり、市場はアナログからデジタルへと。精巧な作りの個々のユニットは音楽ファンからエンスージアストまで幅広く認知されるようになる。事実、EMMAやIASCAなどの大きなコンペティションでDLS搭載車が急増。そして上位入賞、優勝の栄冠に輝く。

DLSは、スカンジナビアというモデルをリファレンスと位置付け、世界のコンペティターから絶大な人気を博す。輸入元のカタログを見るとスカンジナビア、アルティメイト、リファレンス、パフォーマンス、X-プログラム&マリーンとラインアップは豊富で、個々のグレードの違い、トゥイーターとミッドバスの組み合わせによる違いもあり、好みと価格から自由に選ぶとができる。

リファレンスシリーズの中で個人的に気になっている16.5cmセパレート2ウェイをご紹介しよう。

新しくラインアップに加わったRZ6.2は、16.5cmミッドバス振動板にペーパーコーンを使用。トゥイーターは、コーン型ワイドバンド・トゥイーターという組み合わせだ。このトゥイーターは、一般的な25mm~28mm口径のソフトドームと異なり、50mm口径と大きく、そのため1,500Hzとクロスオーバーポイントは低い。素材はファイバーグラス。再生帯域500Hz~22kHz。ワイドバンド・トゥイーターは、トゥイーターという性格だけでなく、ミッドレンジとしても使える。テクニカルシートには、0.2リットル~1リットルの密閉エンクロージャーを推奨と書かれている。すなわちバックチャンバー(ユニットの背圧を制御する箱)が必要という。しかし必ずしも密閉/バックチャンバーが要るというと、そうではなく、取り付ける背面がある程度の容量があれば問題はない。例えばAピラーの装着。ただ容量によって下限/再生帯域が変化するので、出来れば付属のパッシブネットワークも良好な音色で楽しめるが、アクティブ(マルチ)とし、ユニット間の調整を綿密に行うことを推奨したい。双方のユニットの性能が発揮され、音質アップにつながる。

ペーパーコーンウーファーとの50mmワイドバンドトゥイーターの組み合わせは、一般的なソフトドームとは違う音調でボーカル帯域の表現力は秀逸。かつ音場創出にも優れている。音の好みは人それぞれ。伝統のシルクドームとの組み合わせは緻密で精細。完成形であることは間違いない。

このRZ6.2に別売のトゥイーターを追加し、3ウェイ構成とするのも面白いと思う。ワイドバンドトゥイーターの存在意義は大きいと付け加えておく。

《永松巌》

特集

関連ニュース

page top