BMWオーナーに朗報! 愛車のオーディオのサウンドを一気に向上させる専用スピーカーキット、『FOCAL・ES 100 K for BMW』が新登場! | Push on! Mycar-life

BMWオーナーに朗報! 愛車のオーディオのサウンドを一気に向上させる専用スピーカーキット、『FOCAL・ES 100 K for BMW』が新登場!

カーオーディオ 特集記事

FOCAL・ES 100 K for BMW
  • FOCAL・ES 100 K for BMW
  • FOCAL・ES 100 K for BMW
  • FOCAL・ES 100 K for BMW
フランス発、高級スピーカーの世界的リーディングブランド『FOCAL』から、BMW専用のスピーカーキットが発売となった。その名は『ES 100 K for BMW』。BMWのカーオーディオの音質を劇的に向上させるためのすべてがセットされた、決定版的な充実のキットである。


■“トゥイーター”の効果で、聴こえていなかった音が聴こえてくる!

早速、この『ES 100 K for BMW』がBMWのサウンドを一気に良化させられる理由を、1つ1つ端的にご説明していこう。理由は3つある。

1つ目の理由は、「高音を再生する専用スピーカーである“トゥイーター”をアドオンできるから」。

BMWでは、純正オーディオに“トゥイーター”が設定されていないモデルがあり、その場合はドアに取り付けられている約10cm口径のスピーカーだけで、中・低音から高音までを再生することとなる。足元にサブウーファーが装着されていて、低音の再生能力はなかなかなのだが、それに比べて高音の再生能力は、十分に備わっているとは言い難い状況なのだ。しかし『ES 100 K for BMW』には“トゥイーター”が同梱されている。これをシステムに組み入れることで状況は一変する。音場が上がり、聴こえていなかった音も聴こえるようになるのである。

2つ目は、「スピーカーそのもののクオリティが高いから」。

ブランドは、世界中にファンを持つ人気ブランド、『FOCAL』。そして、使用されているスピーカーは、同ブランドの主力カースピーカーである『K2 Powerシリーズ』の製品だ。『K2 Powerシリーズ』といえば、約2億円の開発費が投入され、2016年初頭に9年振りのフルモデルチェンジを果たしたばかりの話題のシリーズである。ちなみに看板機種『ES 165 KX2』は、2016年1月にアメリカ・ラスベガスで開催された“CES 2016”(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー 2016)において、「2016 CES イノベーション・アワード」も受賞している。

日本においても、同シリーズのスピーカーは、至って評判が良い。春にデリバリーが開始されるやいなや、評論家、カーオーディオ専門店、カーオーディオ・フリーク、それぞれから、賞賛の声が次々に上げられた。


■BMWのドアを“スピーカーとして完成させる”ための部材をもコンプリート

3つ目の理由は、「キット内容が的確だから」。

特に注目すべきは、ドア内部の音響的なコンディションを整えるためのパーツの充実ぶりである。スピーカーをがっちりと固定しかつ鉄板の共振を抑制する、BMW専用の「バッフルボード」、ドア内張りとの密着性を高めて音のこもりを減少させる「アコースティックシーラー」、ドアの不要な共振を抑える「FOCAL BAMデッドニングシート」が同梱されている。

さらには、トゥイーターとドアのスピーカーそれぞれに向けて音楽信号を適切に帯域分割するパーツである「-12dBパッシブネットワーク」もセットされている。また、専用ビスや専用ケーブル等の取り付けに必要なショートパーツも抜かりなくコンプリート。スピーカーユニットを装着し、さらにBMWのドアを“スピーカーとして完成させる”ために必要なものがすべて取り揃えられている、というわけなのだ。

なお、『ES 100 K for BMW』は、日本のBMWオーナーのために、『FOCAL』の正規輸入代理店である『BEWITH(ビーウィズ)』が特別にあつらえた、日本オリジナルの製品だ。

『BEWITH』とは、マニア垂涎のハイエンドカーオーディオユニットを多数擁している、国産プレミアムカーオーディオブランドである。『ES 100 K for BMW』のキット内容が的確なのは、同社がプロデュースしたからこそ、なのである。『BEWITH』は、クルマの中で良い音を聴くための方法を知り尽くしている。その同社のノウハウがたっぷり注がれて、当キットは作り上げられているのだ。その音質性能を疑う余地はない。

実際に試聴して、品質の確かさを確信した。音色の上質さはさすが『FOCAL』。繊細できめが細かく至って滑らか、かつ余韻が美しいので、1音1音が耳に心地良く響く。トゥイーターが加わっている利点も確実に生きている。高域がクリアで音の輪郭がシャープだ。

トゥイーターとドアのスピーカーとの連携も盤石だ。それぞれのスピーカーユニットから発せられる音が渾然一体となっている。別々のユニットから音が出てきているようには思えないのだ。純正のサブウーファーとのバランスも良好だ。

これで8万円ジャスト(税別・取付費・脱着工賃除く)というのも光っている。世の中にはこの10倍もするような純正プレミアムカーオーディオも存在するが、それらと比べてもこちらのほうが満足度は高いのではないだろうか。

対応車種は、BMW3シリーズ/4シリーズ(F30系)/5シリーズ/6シリーズ(F10系)。購入および装着は、『FOCAL』のホームページ内の「Dealers」のコーナーに掲載されている、販売特約店で実行できる。

カーオーディオの音をもっと良くしたいと考えているBMWオーナーは、当スピーカーキットに注目すべきだ。クルマの中で良い音が聴けるようになれば、ドライブの快適性は今より確実に上昇する。『FOCAL・ES 100 K for BMW』が、貴方の期待を裏切ることはないはずだ。
《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top