春の訪れを告げる恒例イベントが盛大に開催! 『イースセミナー & ショー2016』リポート!! 後編 | Push on! Mycar-life

春の訪れを告げる恒例イベントが盛大に開催! 『イースセミナー & ショー2016』リポート!! 後編

カーオーディオ 特集記事

イース・コーポレーションが主催する春の恒例行事『イースセミナー & ショー2016』レポートの後編です。

ニッサン・フェアレディZ by S:iz(エスイズ)

ニッサン・フェアレディZ by S:iz(エスイズ)
ニッサン・フェアレディZ by S:iz(エスイズ)ニッサン・フェアレディZ by S:iz(エスイズ)ニッサン・フェアレディZ by S:iz(エスイズ)ニッサン・フェアレディZ by S:iz(エスイズ)ニッサン・フェアレディZ by S:iz(エスイズ)ニッサン・フェアレディZ by S:iz(エスイズ)
岡山県のエスイズは、2月の『大阪オートメッセ2016』でデビューさせたフェアレディZをIDEALブースに展示した。“やり過ぎず、派手過ぎず”をコンセプトとしている当デモカーだが、オーディオに関してはガツっとフルシステムを搭載。まず、ソースユニットは純正ナビ+iPad/iPhone、プロセッサーにはレインボウのDSP1.8+WiFi Moduleを使用し、iPad/iPhone内の音楽をWi-Fiでストリーミング再生する。それ以外のユニットはすべてロックフォード。スピーカーは、室内、外向きともにパンチプロシリーズを大量採用。フロントスピーカーには鳴りっぷりにこだわり8インチをチョイス。それらを駆動するパワーアンプには、マリンシリーズの超小型モデルを採用している。

シボレー・アストロ by lc sound factory

シボレー・アストロ by lc sound factory
シボレー・アストロ by lc sound factoryシボレー・アストロ by lc sound factoryシボレー・アストロ by lc sound factoryシボレー・アストロ by lc sound factoryシボレー・アストロ by lc sound factoryシボレー・アストロ by lc sound factory
栃木県のエルシーサウンドファクトリーは、アストロでデモカークラスにエントリー。アメリカンカスタムとアメリカンサウンドの融合がテーマとなっている当車。カスタムにおいては、キャンディレッドとアルミのコラボレーションがなんともクールで美しい。そしてオーディオでは、アメリカンブランドの雄、ロックフォードのフルシステムで豪快なサウンドを実現。同ブランドの超巨大パワーアンプT15kWを用いて、当機1台で、セカンドシート部分にインストールしてあるすべてのT1サブウーファー(15インチ)を鳴らしている。そしてフロントスピーカーには上級機T4を4セット装着。外向きシステムには、パンチプロの8インチとブレッドトゥイーターをそれぞれ8発ずつ搭載している。

トヨタ・アルファード by カーオーディオクラブ

トヨタ・アルファード by カーオーディオクラブ
トヨタ・アルファード by カーオーディオクラブトヨタ・アルファード by カーオーディオクラブトヨタ・アルファード by カーオーディオクラブトヨタ・アルファード by カーオーディオクラブトヨタ・アルファード by カーオーディオクラブトヨタ・アルファード by カーオーディオクラブ
大阪府のカーオーディオクラブは、“魅せる、聴かせる”を地で行くスペシャルカー、アルファードで参加し、デモカークラス & SOUND 3WAYクラスへとWエントリーした。搭載システムは、以下のとおり。ソースユニットがナビ+オーディソン・bit Play HD+iPhone、プロセッサーがヘリックス・DSP PRO。そしてパワーアンプには、フロント3ウェイ用にスーパーハイエンドブランドであるオーディオウェーブの名機アスパイアプロを3台おごり、サブウーファー & 外向きスピーカー用にグラウンドゼロの最上位シリーズから、リファレンス4を採用している。そしてフロントスピーカーが、これまたスーパーハイエンドブランドのZRスピーカーラボ。超豪快 & 豪華なユニット構成。

トヨタ・プリウス by カスタマイズファクトリーNACKS

トヨタ・プリウス by カスタマイズファクトリーNACKS
トヨタ・プリウス by カスタマイズファクトリーNACKSトヨタ・プリウス by カスタマイズファクトリーNACKSトヨタ・プリウス by カスタマイズファクトリーNACKSトヨタ・プリウス by カスタマイズファクトリーNACKSトヨタ・プリウス by カスタマイズファクトリーNACKSトヨタ・プリウス by カスタマイズファクトリーNACKS
埼玉県のカスタマイズファクトリーナックスは、プリウスでデモカークラスにエントリーした。当車は先の『東京オートサロン2016』の「東京国際カスタムカーコンテスト2016」にエントリーし、見事、エコカー部門で優秀賞を獲得した有名車だ。外装ではご覧のとおり、オーバーフェンダーとペイントでギャラリーアピール。そして内装においては、スワロフスキーを4万個以上、LEDを5千発以上使ってギャラクシー空間を妖艶に展開。その上で当車は、サウンドシステムも超ド級。カロッツェリアXのコントロールユニットを核に、フロントスピーカーにはスロヴェニアのスーパーハイエンドブランド『ZRスピーカーラボ』のスピーカーを搭載。すべてが研ぎ澄まされた究極の1台なのだ。

ロックフォード・フォズゲート

ここからは、会場でお披露目されていた新製品をご紹介していく。まずは人気ブランドであるこちらから。[写真R-1]はマリンシリーズの超小型アンプ、「TM400X2ad」(税抜価格:10万8000円)。当シリーズはラインナップがさらに拡充するようだ。[写真R-2]は人気上昇中のパワーシリーズの超小型アンプの新製品「T750X1bd」(税抜価格:18万5000円)。500W×1ch(4Ω)のパワーを発揮する。[写真R-3]は、「T3S2-19」(税抜価格:45万円)。19インチという巨大サブウーファーだ。[写真R-4]は「T2S2-16」(税抜価格:31万円)。こちらもハイパワーサブウーファー。そして[写真R-5]は、「T3-BMW-SUB」(税抜価格:5万9000円)。BMW専用のサブウーファーがラインナップに追加となった。最後は[写真R-6]、「PS-8」(税抜価格:6万5000円)。パンチシリーズのニューパワードサブウーファーだ。
[写真R-1]「TM400X2ad」
[写真R-2]「T750X1bd」[写真R-3]「T3S2-19」[写真R-4]「T2S2-16」[写真R-5]「T3-BMW-SUB」[写真R-6]「PS-8」

グラウンドゼロ

人気ジャーマンブランド、『グラウンドゼロ』からも、新製品が目白押しだ。まずは[写真G-1]「GAPA Reference 4SYM」(税抜価格:51万円)。“Referenceシリーズ”の新たなミドルグレードモデル。そして[写真G-2]が新トップグレードアンプ、「GAPA Reference 4 PURE」(税抜価格:72万円)。その音質性能に期待大。[写真G-3]は超小型アンプ「GZRA MICRO FOUR」(税抜価格:6万円)。[写真G-4]は「GZRC 165FXll」(税抜価格:2万6000円)。発売間もないエントリー2ウェイスピーカーだ。そして[写真G-5]が「GZIF 6501FX」(税抜価格:1万4000円)。新たなコアキシャルスピーカーである。最後が[写真G-6]「GZCF 7104XSPL」(税抜価格:2万6000円)。
[写真G-1]「GAPA Reference 4SYM」
[写真G-2]「GAPA Reference 4 PURE」[写真G-3]「GZRA MICRO FOUR」[写真G-4]「GZRC 165FXll」[写真G-5]「GZIF 6501 FX」[写真G-6]「GZCF 7104XSPL」

MTXオーディオ

MTXオーディオの新製品としては、以下のアイテム等が展示されていた。まずは話題の[写真M-1]、『IMAGE PRO シリーズ』。[写真M-2]がサブウーファー3種。左と中が新シリーズで、それぞれ「95シリーズ」「75シリーズ」だ。[写真M-3]は新たなリファレンスパワーアンプシリーズの4chモデル「RFL4120」(税抜価格:13万9000円)、[写真M-4]が同シリーズのモノchアンプ「RFL4001D」(税抜価格:32万3000円)。
[写真M-1]『IMAGE PRO シリーズ』
[写真M-2]「95シリーズ」「75シリーズ」[写真M-3]「RFL4120」[写真M-4]「RFL4001D」

レインボウ

ドイツの『レインボウ』から、今年は大量の新製品が上陸する。まずは[写真R-1]の「DSP1.8+WiFi Module」(税抜価格:15万円)。すでに発売中の人気DSPだ。[写真R-2]はパワーアンプ「Beat2」(税抜価格:4万8000円)。[写真R-3]はパワーアンプ「Germanium Four」(税抜価格:11万円)。同シリーズには2chモデル、モノchモデルもある。[写真R-4 & 5]は、スピーカーのトップエンド『Profiシリーズ』。トゥイーター1種、ミッドレンジ1種、ミッドウーファー2種がそれぞれペア販売され、さらにサブウーファーが単体販売される。税抜価格は11万円から15万円。[写真R-6]はスピーカーの2ndシリーズ『Germanium Line』の「GL-C6.2」(税抜価格:9万4000円)、[写真R-7]は「SL-C6.2」(税抜価格4万4000円)。
[写真R-1]「DSP1.8+WiFi Module」
[写真R-2]「Beat2」[写真R-32]「Germanium Four」[写真R-4]『Profiシリーズ』[写真R-5]『Profiシリーズ』[写真R-6]「GL-C6.2」[写真R-7]「SL-C6.2」

クラリオン

巷で話題沸騰中のクラリオン・『Full Digital Sound』。同シリーズをイース・コーポレーションが取り扱うことが正式に発表され、製品解説等のセミナーが開催された。さらには3台のデモカーが屋内、屋外にそれぞれ展示。デモカーの車種は、SUBARU・BRZと、VW・ゴルフ、加えて新たにイース・コーポレーションが製作したTOYOTA・プリウス。それぞれ試聴の列が絶えず、かつ、高評価を得ていたようだ。発売開始まであと約1か月。その日が今から待ち遠しい。
TOYOTA・プリウス
TOYOTA・プリウス『Full Digital Sound』セミナーSUBARU・BRZ & VW・ゴルフ

モンスターカーオーディオ & ZRスピーカーラボ

モンスターカーオーディオブースに、注目すべき参考出品モデルが展示されていた。[写真MC-1]の“サウンドコンディショナー”「MCA DSC-01」(発売時期、価格未定)。これは、スピーカーシステムを含めたオーディオシステム全体を“消磁”するためのユニット。これを使うことで、システム全体のコンディションが復活し、スムーズでツヤのある音質が蘇る。さらには透明感、音像定位、立体感が鮮明になるという。

なお、スロヴェニア共和国を本拠地とするスーパーハイエンドブランド、ZR Speaker Lab(ZRスピーカーラボ)からも大量のニューモデルが発表されていた。今年のスーパーハイエンドは、ZRスピーカーラボが熱そうだ。[写真ZR-1]は、90mmミッドレンジ「ZR Prestige 9DD」(税抜価格:19万円<ペア・受注生産品>)
[写真MC-1]モンスターカーオーディオ「MCA DSC-01」
[写真ZR-1]ZRスピーカーラボ「ZR Prestige 9DD」
《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top