カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN FAIRLADY Z ROADSTER by S:iz(エスイズ) 前編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN FAIRLADY Z ROADSTER by S:iz(エスイズ) 前編

新たなカスタム提案をオープンボディのZに施して今シーズンデビューを果たしたカスタムマシン。製作したのは岡山県にあるS:iz(エスイズ)。限られたスペースを有効利用して、魅せるインストールを徹底したスタイルは機能美を感じさせる仕上がりだ。

カーオーディオ 特集記事
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN FAIRLADY Z ROADSTER by S:iz(エスイズ) 前編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN FAIRLADY Z ROADSTER by S:iz(エスイズ) 前編
  • シート背面に凝縮インストールされたサブウーファー。薄型のP3を使い、ウォール内部には異形のエンクロージャーで容量を稼ぐ。
  • シート背面のウォールはこのようにユニットを余すところなく取り付けてある。ムダのないインストールと言えるだろう。
  • シートの間から振動板が見えるP3のサブウーファー。10インチサイズで十分な低音を車内に響かせてくれる。
  • ウォールの左サイドにはこのようにプロセッサー本体をインストール。デッドスペースを作ることなくうまく処理している。
  • ドアのアルミを使った造形に注目。表面は磨きを掛けてピカピカに仕上げ、金属ならではの質感を表現している。
  • エッジ部分をよく見るとヘアラインが施されているのが分かる。表面のポリッシュとの対比で変化を付けている。
  • ヘッドレスト裏側はシボを取り去る処理を施した上でボディ同色にペイント。センターのアクリルにはレーザー処理が施される。

新たなカスタム提案をオープンボディのZに施して今シーズンデビューを果たしたカスタムマシン。製作したのは岡山県にあるS:iz(エスイズ)。限られたスペースを有効利用して、魅せるインストールを徹底したスタイルは機能美を感じさせる仕上がりだ。

◆限られたスペースを有効活用して
 魅せるオーディオインストールを実践


シート背面に凝縮インストールされたサブウーファー。薄型のP3を使い、ウォール内部には異形のエンクロージャーで容量を稼ぐ。シート背面のウォールはこのようにユニットを余すところなく取り付けてある。ムダのないインストールと言えるだろう。

このZはショップデモカーだけに新しい提案が大量投入されている。中でも主要なカスタムテーマは「アルミを使ったカスタムワザ」「斬新なデザイン」「レーザー処理のアピール」といったもの。完成度の高いデモカーの世界をすみずみまで堪能してみよう。

最初に注目したのはコクピット背面へのオーディオボードの設置だ。2シーター & オープンモデルであることでオーディオで使えるスペースは限られている。そこで目を付けたのがコクピット後方のスペースだった。

ここにロックフォードの薄型サブウーファーであるパンチシリーズのP3(10インチ)をインストール。異形のエンクロージャーを内部に作り込むことで容量を稼ぎ出している。外見からはうかがい知れないものの、内部にはミリ単位の加工が施されたという。

◆音作りの要となるプロセッサーも
 コクピット背面にスマートセット


シートの間から振動板が見えるP3のサブウーファー。10インチサイズで十分な低音を車内に響かせてくれる。ウォールの左サイドにはこのようにプロセッサー本体をインストール。デッドスペースを作ることなくうまく処理している。

サブウーファーをインストールしたバッフルの周辺パネルにはファイバーを使った処理が施されている。フィニッシュはニスモカラーであるレッドメタリックを使ってレッドのレザーを要所に使ったインテリアとの統一感を出している。センターコンソールとのつながりやウォール面とのスマートな一体感も見事な造形だ。

さらにコクピット背面の左サイドにはレインボーのWi-Fi対応デジタルプロセッサーであるDSP1.8の本体をインストール。わずかな隙間もムダにすることなくシンプル & スマートな取り付けが施される。純正ヘッドユニットから出力される音声信号をこのレインボーのプロセッサーに入力して処理、各スピーカーをコントロールする。ハイレゾの入力にも対応する最新のシステムを作り上げた。

◆アルミを使った処理が斬新
 磨き込まれた金属の質感に注目


ドアのアルミを使った造形に注目。表面は磨きを掛けてピカピカに仕上げ、金属ならではの質感を表現している。エッジ部分をよく見るとヘアラインが施されているのが分かる。表面のポリッシュとの対比で変化を付けている。ヘッドレスト裏側はシボを取り去る処理を施した上でボディ同色にペイント。センターのアクリルにはレーザー処理が施される。インテリアはイメージカラーの赤で統一される。元気なサウンドをデザインでも表現するのも狙いとなった。

カスタム面では見どころなのはこのクルマのカスタムテーマの一つとなったアルミ使い。注目ポイントはドアに取り付けられているアルミのプロテクション。表面はポリッシュ仕上げによってピカピカに磨き上げられるのに対してエッジ部分はヘアラインとする。同じアルミでも表面処理の対比でコントラストを付けているのが印象的だ。

ヘッドレスト背面は純正のシボを研いでツルツルに仕上げた上でボディ同色にペイント。シートとシートの間に見えるアクリルのプレートにはレーザー処理によるロゴが刻み込まれるなどオープン時の背面へのアピール度も十分計算されたドレスアップが投入される。

内装はレッドのレザーを使ったコーディネートで鮮烈な印象。オープンスポーツらしい派手さと高級感を兼ね備えたデザインと、アピール度満点のサウンド作りで元気の良さを体感できる仕様とした。そんな絶品インストールが光るZのデモカー、次回はフロントスピーカー周辺をチェックしていくこととしよう。

《土田康弘》

特集

関連ニュース

page top