プロショップに訊く! 10万円で始めるカーオーディオ実践指南! #4: LEROY(ルロワ) | Push on! Mycar-life

プロショップに訊く! 10万円で始めるカーオーディオ実践指南! #4: LEROY(ルロワ)

「10万円」をキーワードに、カーオーディオビギナーに向けての、始め方、面白さ、楽しむためのキモを解説している当コーナー。4回目の今回は、愛知の有名店・ルロワの小山さんにお話を伺った。

カーオーディオ 特集記事
プロショップに訊く! 10万円で始めるカーオーディオ実践指南!

「10万円」をキーワードに、カーオーディオビギナーに向けての、始め方、面白さ、楽しむためのキモを解説している当コーナー。4回目の今回は、愛知の有名店・ルロワの小山さんにお話を伺った。

お話をお聞きして早々に、意外な提案が!

「10万円から、ということにとらわれる必要はないと思いますよ。まずは「タダ」から始めていただけたら、と思っています」

これは何を意味するかというと…。


クルマの中で良い音を聴きたい! でも…、敷居が高そうだ…。と思っているアナタに贈ります!::プロショップに訊く! 10万円で始めるカーオーディオ! 実践指南! #4: LEROY(ルロワ)


カーオーディオが何もついていない、という人はほとんどいないはず。その状態でまず、『サウンド無料アドバイス』を受けてみることを、小山さんは提案しているのだ。装着されているオーディオがどのようなタイプであれ、プロショップが調整を施せば、音が良くなる、と言うのである。

しかし、ローグレードのヘッドユニットに搭載されている調整機能といえば…。せいぜい、「バス」「トレブル」といった簡易なトーンコントロール機能だけ…。

「トーンコントロールに加えて、左右のバランス、前後のバランスも調整します。これらを整えるだけでも、いつもの音とは変わりますよ。まずは『音が変わる』というところを体験するだけでも楽しいと思います。

ましてや、カロッツェリアのサイバーナビやダイヤトーンのサウンドナビのようなハイグレードなAV一体型ナビを使っているのなら、調整機能はぐっと充実していますので、純正システムそのままで、かなりの音質向上が見込めます。一般的なある程度の機能が付いているナビも含めて、搭載されている調整機能を使いこなさないともったいないですよね。まずはプロショップに行ってみる、これだけで楽しめるわけなんです。デモカーを聴くのも楽しいですしね」

これはまさに「目からウロコ」!


まずはルロワに行ってみる価値、大アリだ。


(サムネールはクリックで拡大)



まんぞくぷらん


その上で敢えて「10万円」という予算だった場合、どういう考え方をすると有効なのか、についても教えていただいた。

「当店でも、『なっとくプラン』(8万5000円)、『まんぞくプラン』(11万5000円)をご用意しています。とてもお得な内容になっていますのでおすすめです。しかし、これらは、1つのプラン例、と考えていただけたらと思います。まず重要なのは、将来的にどこまでを目指そうと思うのか。『なっとくプラン』には、3万円前後のスピーカー(カロッツェリア・TS-C1710Aや、ロックフォード・P1652-Sなど5種類の中から選択)、ワイヤリング(ケーブル込み)、デッドニング、インナーバッフル製作など、商品と工賃がすべて込みになっています。しかし近い将来、もっと良いスピーカーがほしいとなったとき、セットで購入したスピーカーや施工した内容などが無駄になってしまうケースもあります。お客様に損をしてほしくないんです。その観点で考えると、『1点豪華』な作戦もおすすめですね。純正スピーカーのままで、ハイグレードなデッドニングを行ってみるとか。10万円出さなくても、ハイグレードなデッドニングが可能です。純正スピーカーのままでもぐっと音が良くなります。あとは、ケーブルだけを交換しておく、とかも良いですね。1mあたり数千円のケーブルに交換するだけでも音が変わります。そのケーブルは、あとあとまで使えます。初期投資は少なくて、それでいて無駄がでない。こういう考え方があることも頭に入れておいてほしいですね。長く、マイペースでカーオーディオを楽しんでいけると思います」

とりあえず「タダ」からカーオーディオを体験してみる。または、可能な予算の中で、1点にだけに投資をしてみる。こう考えてみると、カーオーディオはより身近なものに感じられてくる♪ 大いにご参考にしてほしい!

《太田祥三》

特集

page top