【DIATONE NR-MZ60】実力を検証する! #2: NR-MZ60の、カーナビとして『売れる』製品なのか、否か。 | Push on! Mycar-life

【DIATONE NR-MZ60】実力を検証する! #2: NR-MZ60の、カーナビとして『売れる』製品なのか、否か。

話題の「DIATONE SOUND.NAVI」。

カーオーディオ 特集記事
【DIATONE NR-MZ60】実力を検証する!

話題の「DIATONE SOUND.NAVI」。

そのスタンダードモデル、NR-MZ60の実力、そして存在意義を探っていこうとしている当企画。前回は、純正スピーカーと組み合わせたときでも『ハイエンドの音』を実感できる実力があること、それにより、『音がいいことの気持ち良さ』を多くの人に気づかせてくれる可能性があることを、じっくりと説明させていただいた。

真の意味でそれを実現できるかどうかは、この製品が、カーナビとしてチョイスされ得るモノになっているかどうか、だと思う。今回は、そこのところにズバっと切り込んでみたい。

音がいいことは間違いない。なので、音へのこだわりがある人は、NR-MZ60を候補に挙げる可能性は高い。価格はだいたい16万円~17万円くらい。問題はこの価格。16万円~17万円は、高いのか安いのか。


三菱電機「DIATONE SOUND.NAVI」NR-MZ60の実力を検証する! #2: NR-MZ60の、カーナビとして『売れる』製品なのか、否か。


ところで、2DINのAV一体型のナビは、大きくわけて2タイプがある。地図データを収容している心臓部が、HDDなのかメモリーなのか。各機種でいろいろな特色があるので一概にはいえないが、データの詳細さ、また、音楽データの収容能力の高さでHDDに分がある。しかし、メモリータイプは価格がリーズナブルであることが大きなメリット。最近はメモリーの容量を増大させたモデルも増えてきていて、性能も上がり、むしろ主流はメモリーナビ、という様相を呈している。メモリーナビはHDDタイプと比べて、起動が速いといった「サクサク感」もメリットで、「安かろう、悪かろう」という印象は、当の昔に払拭されている。

さて、価格である。あくまでも当サイト調べであり、ざっとみたところ、というレベルであるので、参考程度にお読みいただきたいのだが、HDDタイプは、もっともハイグレードなタイプで、実勢価格が30万円を超えてくる印象。その一方で、機能を絞っていくに従って値段が下がり、20万円を切るモデルや、15万円くらいのモデルも存在している。ルート検索を詳細なデータから行いたい、という点を重んじる人なら、HDDタイプの最廉価なモデルは、有力な候補となるだろう。

メモリーナビはどうか。9型や8型という大画面を有するなどのスペシャルな機能を持つクラスで、21万円から23万円というところか。メモリー容量は、もっとも大きなタイプで16GB。8GBのタイプとなると、10万円を切ってくるものもある。さらに、10万円を切ってくるようなタイプでは、地デジが4チューナー×4アンテナではなかったり、AV機能がシンプルになっていく印象だ。


三菱電機「DIATONE SOUND.NAVI」NR-MZ60の実力を検証する! #2: NR-MZ60の、カーナビとして『売れる』製品なのか、否か。


さて、NR-MZ60。メモリータイプのナビであり、メモリー容量は16GB(SDカード)。さらに音楽データ用のSDカードは最大32GBまで対応可能(音楽データ用として4GBのSDカードが同梱。それ以上は別売で対応可)。地デジは4チューナー×4アンテナのフルセグ、メディア連携では、iPhoneの動画再生にも対応。基本スペック的には、メモリーナビとしてトップグレードだ。もし仮に、『音がいい』という価値を無視したとしても、普通に勝負になる価格設定だ。


(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)



三菱電機「DIATONE SOUND.NAVI」NR-MZ60の実力を検証する! #2: NR-MZ60の、カーナビとして『売れる』製品なのか、否か。#1
三菱電機「DIATONE SOUND.NAVI」NR-MZ60の実力を検証する! #2: NR-MZ60の、カーナビとして『売れる』製品なのか、否か。#2


『音がいい』という価値を無視してしまうと、それ以外での大きな特色は、『地図が分かりやすい』ということになるが、この特色は強力なストロングポイントとなり得る。道案内がナビの役目であり、その部分ではユーザビリティが高い。

さらに居眠り防止をサポートする「レーンアシスト機能」や「3モードで表示できるリアカメラ」など安心安全にこだわった機能も盛り込んでいる。

そして『音がいい』ということの価値は、とてつもなく大きい。その内容については前回のこのコーナーで詳しく分析したので、それを参照していただきたい。

結論である。NR-MZ60は、とてもリーズナブルなカーナビだ。『音がいい』ということに興味を持つ人なら、そのリーズナブルっぷりは相当なものだと言える。

さらにいうと、上級機NR-MZ60PREMIも、相当にリーズナブルであることがお分かりになると思う。メモリーナビとして最上位クラスのモデルと同等な価格。その上で、ハイエンドソースユニットでもあるわけなので、「価格破壊」以外のなにものでもない、というレベルだ…。

話しを、NR-MZ60に戻したい。『ハイエンドの音を純正スピーカーのままで堪能できる』という、すさまじい価値を携えながら、メモリーナビとして普通の価格設定。これは相当にスゴいインパクトだ。

もし身の回りでナビを新調しようとしている人がいたら、このNR-MZ60をぜひとも推薦していただきたい。音にハマる仲間が、どんどんと増殖していくハズである。

《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top