car audio newcomer! メルセデスAMG E53(オーナー:森 直己さん) by  レジェーラ 後編 | Push on! Mycar-life

car audio newcomer! メルセデスAMG E53(オーナー:森 直己さん) by  レジェーラ 後編

メインカーのプリウスとは別に、もう一台のオーディオカーとして製作を始めたAMG E53。シンプルな取り付けで内装イメージを崩さないのがテーマ。しかしベテランらしく求める音のレベルは高く、製作ショップの静岡県のレジェーラと共にレベルアップを実践中だ。

カーオーディオ 特集記事
car audio newcomer!  メルセデスAMG E53(オーナー:森 直己さん) by  レジェーラ 後編
  • car audio newcomer!  メルセデスAMG E53(オーナー:森 直己さん) by  レジェーラ 後編
  • car audio newcomer!  メルセデスAMG E53(オーナー:森 直己さん) by  レジェーラ 後編
  • car audio newcomer!  メルセデスAMG E53(オーナー:森 直己さん) by  レジェーラ 後編
  • car audio newcomer!  メルセデスAMG E53(オーナー:森 直己さん) by  レジェーラ 後編
  • car audio newcomer!  メルセデスAMG E53(オーナー:森 直己さん) by  レジェーラ 後編
  • car audio newcomer!  メルセデスAMG E53(オーナー:森 直己さん) by  レジェーラ 後編
  • car audio newcomer!  メルセデスAMG E53(オーナー:森 直己さん) by  レジェーラ 後編
  • car audio newcomer!  メルセデスAMG E53(オーナー:森 直己さん) by  レジェーラ 後編

メインカーのプリウスとは別に、もう一台のオーディオカーとして製作を始めたAMG E53。シンプルな取り付けで内装イメージを崩さないのがテーマ。しかしベテランらしく求める音のレベルは高く、製作ショップの静岡県のレジェーラと共にレベルアップを実践中だ。

スペース効率を考えたコンパクト設置
グローブボックス裏にDSPアンプを取り付け

ベテランオーナーによるセカンドカーの作り方について実際のインストール例を紹介するという、若干の変化球となった今回のcar audio newcomer!。オーナーの森さんは愛車のAMG E53のスピーカー群にビーウィズのリファレンス・シリーズをチョイス。それをプラグ&プレイブランドのDSPアンプでドライブするというシンプルなシステムを組む。純正ヘッドユニットを利用したシンプルなシステム構築で加工を最小限にする、これこそがベテランオーナーがセカンドカーに課したインストールの方向性だった。

シンプルなインストールを考えたときにユニット類の取り付けがハードルになった。DSPアンプとパワーアンプをインストールするスペースを考えた時、真っ先に思いついたのがシート下だった。しかしAMG E53のシート下を確認したところ、純正の機器類が満載されていて、とてもオーディオユニットを割り込ませる余裕は無かったという。そこで狙いを定めたのはグローブボックスの裏側だった。ここにフレームを組んで天井側から吊り下げる形状で設置すればデッドスペースを有効活用できると考えたのだ。

「グローブボックスの裏側はあまり使わないと思うのですが、ショップでDPSアンプなどを用意して実際にあてがってみたところぴったりのサイズだったので、ここに取り付けることにしました。コンパクトでスペース効率の良い取り付けがテーマのひとつだったので狙い通りの仕上がりになりました」

メインカーであるプリウスをベンチマークに
音の質感を高めるグレードアップを実践中

コンパクトでシンプルな取り付けというテーマに加えて、オーナーが狙ったもうひとつのテーマは多彩なメディアを車内で使いこなすことだった。そこで導入したのがVISITと呼ばれるユニット。これはアンドロイドOSを利用したシステムで、純正オーディオとの接続でAmazon music/videoやYouTubeなどを利用できるのが特徴。

「ストリーミング再生ができて純正のオーディオシステムで操作ができるのも魅力です。音楽も映像も車内で楽しみたいのでこのシステムを導入しました」

しかし根幹となるサウンド面ではまだまだ発展途上だという。

「もう一台のプリウスの音に近づけていくのがサウンド面でのテーマになっています。あくまでも音のベンチマークはプリウスなんです。この音を基準にして今後は質感やクオリティをもっともっとレベルアップして行きたいと思っています」

オーナーが望むサウンドは“聴ていて楽しい音”。さらには“下から上までの全域をきっちり鳴らす”ことが狙いとなっている。そんな理想に対していくつかの課題もあるという。

「今の状態はまだ完全では無いと思っています。曲によっては気になる部分がまだ残っているからです。低音の鳴り方もそのひとつです。純正ウーファーを使っているのでその鳴らし方が難しいですね。今後はサブウーファーとのつながりを含めた低音の鳴らし方をもっと突き詰めていきたいです」

ドライブ先にも調整用PCを持ち出し
気になったらクルマを止めて調整を実施

発展途上とは言え、現状のサウンドにはかなり満足しているオーナー。AMG E53で気に入った音楽を聴きながらロングドライブに出かけることも多くなっているという。

「走り出すと一日中走っていることもあります。あちこちの峠をつなげて走ったり、ワインディングの走りを楽しめるルートを選ぶことも多いです。そんな時もお気に入りの音楽を良い音で聴ける質の高いオーディオは欠かせません」

さらにドライブに出かけた際にもうひとつの楽しみはサウンド調整だという。

「ドライブにも調整に使うPCを持って行くんです。走っている最中もずっと音楽を聴いているんですが、少し気になる部分があるとクルマを止めて調整を始めるんです。そして、また走り出して聴いてその結果を試してみるという連続です。こうして自分の好きな音に少しずつ近づけていくのも楽しみひとつなんです」

走りと音楽を楽しむドライブを実践しつつ、さらに音調整をドライブ中に組み込むというオーディオ好きならではのスタイルを楽しんでいるオーナー。愛車で出かけるとお楽しみ満載で、なかなかな出先から戻ってこないのも頷ける。楽しみながら愛車の音を進化させ続けるベテランオーナー。セカンドカーならではの自由な発想のシステムをインストール。今後も自分なりのサウンドを追求するシステムアップ&調整が続きそうだ。

土田康弘|ライター
デジタル音声に関わるエンジニアを経験した後に出版社の編集者に転職。バイク雑誌や4WD雑誌の編集部で勤務。独立後はカーオーディオ、クルマ、腕時計、モノ系、インテリア、アウトドア関連などのライティングを手がけ、カーオーディオ雑誌の編集長も請負。現在もカーオーディオをはじめとしたライティング中心に活動中。

《土田康弘》

特集

関連ニュース

page top