カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN LEAF nismo(オーナー・石川淳太さん) by レジェーラ 前編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN LEAF nismo(オーナー・石川淳太さん) by レジェーラ 前編

リーフnismoに乗り換えたのを機に8インチのミッドバスにツイーターを加えたシステムにチャレンジしたオーナーの石川さん。それに応えてインストールを担当したのは静岡県のレジェーラだった。ドアへの8インチの取り付けは特に注目のインストールとなった。

カーオーディオ 特集記事
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  NISSAN LEAF nismo(オーナー・石川淳太さん) by レジェーラ 前編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  NISSAN LEAF nismo(オーナー・石川淳太さん) by レジェーラ 前編
  • ドアにユートピアMの8インチミッドバスをインストール。アウターバッフルでドア形状にスマートに融合しているのがわかる。
  • アウターバッフルは周囲をレザーで処理しバッフル面は人工スエードを張ってフィニッシュ。純正イメージを崩さないデザインだ。
  • 「ドアのドリンクホルダーは使いたい」というオーナーのリクエストに応えてギリギリのサイズでアウターバッフルを設計した。
  • ユートピアMのミッドレンジ・3.5WMはドア上部にインストール。ダッシュのエアコン吹き出し口周辺と美しく一体化している。
  • ドア形状に合わせて設置されたグリルも純正ドアと融合している。違和感なくフィットするのもデザインセンスを感じさせる。
  • オーナーも、いずれはミッドレンジを設置することを想定して、取り付けスペースとして収まりの良いドア上部を想定していた。
  • ドアの8インチミッドバス、ドア上部のミッドレンジ、さらにAピラーのツイーターと上質な取り付けが光るコクピットとなった。

リーフnismoに乗り換えたのを機に8インチのミッドバスにツイーターを加えたシステムにチャレンジしたオーナーの石川さん。それに応えてインストールを担当したのは静岡県のレジェーラだった。ドアへの8インチの取り付けは特に注目のインストールとなった。

8インチミッドバスを違和感なく
デザイン性豊かにドアインストール

ドアにユートピアMの8インチミッドバスをインストール。アウターバッフルでドア形状にスマートに融合しているのがわかる。ドアにユートピアMの8インチミッドバスをインストール。アウターバッフルでドア形状にスマートに融合しているのがわかる。

アウターバッフルは周囲をレザーで処理しバッフル面は人工スエードを張ってフィニッシュ。純正イメージを崩さないデザインだ。アウターバッフルは周囲をレザーで処理しバッフル面は人工スエードを張ってフィニッシュ。純正イメージを崩さないデザインだ。

「ドアのドリンクホルダーは使いたい」というオーナーのリクエストに応えてギリギリのサイズでアウターバッフルを設計した。「ドアのドリンクホルダーは使いたい」というオーナーのリクエストに応えてギリギリのサイズでアウターバッフルを設計した。

これまでもハイエンドなオーディオを経験してきたベテランオーナーである石川さん。愛車をリーフnismoに乗り換えるにあたって、新しい試みを実施してみることにした。それがミッドバスに8インチ(20cm)ユニットを用いることだった。フォーカルのユートピアMには一般的な6インチミッドバスに加えて8インチミッドバス(8WM)がラインアップされている。これに目を付けた石川さんは8インチとツイーターを組み合わせたサブウーファーレスのシステムをプランすることになったのだ。

しかしドアに8インチユニットを取り付けるのはかなりの大加工。物理的にも実際に取り付けられるのかは未知数だ。そこでクルマの納車前にレンタカーを借りてショップに持ち込み、フォーカルの8インチがドアにインストールできるかどうかをショップスタッフと検討した。そんな念入りな準備のかいもあって無事インストールが完成した。

ドアの前方下部を加工してアウターバッフルを組むがインテリアの純正デザインに対して違和感を感じさせない作り込みがなされているのが見て取れる。しかも「ドリンクホルダーは使えるようにして欲しい」というハードルの高いオーナーのリクエストに応えて、かなりギリギリのデザインで実現。8インチユニットのビルトインと純正機能を融合させたレジェーラの力作となった。

バッフル形状もドアのデザインを踏襲しつつ、バッフル面には人工スエードを用い、純正グリルを使ったデザインとするなど上質な仕上がりを追求した。見た目にも迫力満点な8インチをビルトインしたドアがこうして完成。他じゃ滅多に見られない8インチミッドバスをスマートにドアにビルトインしたこのインストール、充実の中低域サウンドを再生する体制が整った。

中抜けを補うためにミッドレンジを追加
ドア上部を加工してインテリアと融合させる

ユートピアMのミッドレンジ・3.5WMはドア上部にインストール。ダッシュのエアコン吹き出し口周辺と美しく一体化している。ユートピアMのミッドレンジ・3.5WMはドア上部にインストール。ダッシュのエアコン吹き出し口周辺と美しく一体化している。

ドア形状に合わせて設置されたグリルも純正ドアと融合している。違和感なくフィットするのもデザインセンスを感じさせる。ドア形状に合わせて設置されたグリルも純正ドアと融合している。違和感なくフィットするのもデザインセンスを感じさせる。

オーナーも、いずれはミッドレンジを設置することを想定して、取り付けスペースとして収まりの良いドア上部を想定していた。オーナーも、いずれはミッドレンジを設置することを想定して、取り付けスペースとして収まりの良いドア上部を想定していた。

8インチミッドバス+ツイーターの2ウェイでスタートした石川サンのリーフnismoだったが、試聴&調整を煮詰めていく中でやはり中域の中抜け感がなかなかぬぐうことができず、ミッドレンジの追加を決意する。もともと“いずれはフロント3ウェイにしよう”と思っていたオーナー、その際にミッドレンジの取り付け位置はドア上部と決めていたという。このあたりの潔さもオーディオを知り尽くしたベテランらしい決断だったと言えるだろう。

ミッドレンジにはもちろんフォーカル・ユートピアMの3.5WMをチョイス。取り付けは当初の想定通りドア上部に加工ビルトインを実施。ロケーション的にはドアの最前縁に取り付け、ドアを閉めたときにはダッシュ両脇のエアコン吹き出し口と一体化するようなデザイン処理なのも美しく存在感がある。大きく角度が付けられているのもサウンド面で狙うところがあってのこと。

ドア上部の加工と言うこともあってかなり大がかりなカスタムとなっているが、それを感じさせないスマートな仕上がりとなっている。スピーカーユニットの周辺をわずかに盛り上げる形状でドアとフィットさせる手法でドア側の加工は最小限に抑えているのも見どころ。純正カラーと融合させるグレー系のレザーを用い、振動板もグレー系であることからもドアとの一体感も確保している。

Aピラーのデザイン性を高める
ブラックの生地を使ったツイータ取り付け

AピラーにはユートピアMのツイーター・TMBをインストール。ブラックの生地を使ったフィニッシュの上質な仕上がり。AピラーにはユートピアMのツイーター・TMBをインストール。ブラックの生地を使ったフィニッシュの上質な仕上がり。

ユートピアMのツイーター・TMBはAピラーにビルトイン取り付けされる。そもそもオーナーがユートピアMをチョイスしたのはこのツイーターの高域特性の良さに惚れ込んだからでもあった。そのサウンドを余すところなく再現するためにひとつひとつのスピーカーのインストールは入念に施された。

取り付けは美しエッジを立てたピラー造形の中にツイーターをビルトイン。ブラックの生地を使った張り替え処理も美しく、インテリアとのマッチングも絶妙。ユートピアMならではの異形のツイーターはAピラーでも存在感を放っているため、コクピットのもうひとつの見どころとなった。

次回の後編ではユートピアMのスピーカー群をドライブするパワーアンプやDSPのこだわりについて紹介して行くこととしよう。また取り付けでもスペース効率を考えたアイデアが込められるなど、ベテランオーナーのアイデアとショップのセンスが融合した作り込みとなっている。参考になる部分も多いので期待して欲しい。

《土田康弘》

特集

関連ニュース

page top