教えて、プロショップ! カーオーディオの“始め方” Part1「スピーカー交換」の方法論 その4 | Push on! Mycar-life

教えて、プロショップ! カーオーディオの“始め方” Part1「スピーカー交換」の方法論 その4

カーオーディオのシステムアップに興味を持ちつつも「なんとなく最初の一歩を踏み出せない」、そう感じている方々に向けて、「カーオーディオの始め方」を紹介している当特集。まずは「スピーカー交換」をテーマに据えてお贈りしている。

カーオーディオ 特集記事
『モレル・マキシモ ウルトラ 602』。当機は、“リクロス”の『69セットプラン』に含まれている。
  • 『モレル・マキシモ ウルトラ 602』。当機は、“リクロス”の『69セットプラン』に含まれている。
  • 『フォーカル・ISS 170』。当機は、“リクロス”の『59セットプラン』に含まれている。

カーオーディオのシステムアップに興味を持ちつつも「なんとなく最初の一歩を踏み出せない」、そう感じている方々に向けて、「カーオーディオの始め方」を紹介している当特集。まずは「スピーカー交換」をテーマに据えてお贈りしている。

なお当シリーズでは毎回、全国の有名カーオーディオ・プロショップに話を訊き、記事を構成している。今回は、広島県福山市の“リクロス”、そして千葉県流山市の“サウンドワークス”に取材した。参考になる話をたっぷり訊けた。じっくりとお読みいただきたい。

セットプランは至ってリーズナブル。手軽にスピーカー交換の楽しさを味わえる!

最初に、広島県福山市の人気店、“リクロス”の池田さんに訊いた話から紹介していく。

「カーオーディオのシステムアップを考えて当店にご来店される方は、スピーカー交換がご希望である場合が多いです。

なお当店では、スピーカー交換のセットプランを3タイプご用意していて、これらをお目当てにご来店される方も多いです。各セットとも、スピーカー、特製インナーバッフル、防振(デッドニング)、スピーカーケーブル、取り付け工賃、音調整までをワンパッケージにしています。で、その中でもっともリーズナブルなのが『59セットプラン』(税抜価格:5万9000円)です。当プランではスピーカーは、フォーカル『ISS 170』(税抜価格:4万円)がセットされています。

ただ、各セットともデッドニングはごく軽めの内容にとどめています。セット価格を下げたかったからです。まずは手軽にスピーカー交換を体感していただきたいと思っていて、製品代以外の部分で価格が膨らまないように工夫しました。結果、とてもお得な内容になっていると自負しています。

ところで当店では、1万円台の製品から取り扱っています。最廉価なモデルでも、純正スピーカーと比べて高性能であることは確かですから。まずは換えてみることが大事だと思うんです。多くの方に、スピーカー交換の楽しさを実体験していただきたいですね」

パワードサブウーファーの導入も併せて行うと、感動はさらに増大!

「ちなみにデッドニングは、より手厚く行った方がスピーカーの性能を引き出せます。そしてそうであることをご存知の方も多く、そういった方々はよりハイグレードなデッドニングをご希望されます。なので、デッドニングの追加メニューもご用意もしています。

しかしそのご予算がある方には、パワードサブウーファーの装着をお薦めすることも多いですね。サブウーファーを足すとそれまでは再生できていなかった低音が聴こえてくるので、音の変化幅が大きいです。最初に大きな感動を味わっていただきたいと思っていて、その意味ではサブウーファーの追加はお薦め度が高いです。

なお当店では、タイヤ・ホイールといった足回りのアイテム、さらにはドライブレコーダーやレーダー/レーザー探知機も豊富に取り扱っていて、それらをお求めになるためにご来店される方も多くいらっしゃいます。そしてそういった方々も、デモボードのスピーカーを見てご興味を持たれて、結果、スピーカー交換をご検討されるケースも少なくありません。

音を良くすることに関心がありながらも、専門店には足を運びにくいと感じている方は結構多いです。そういった方々にもカーオーディオを始めるきっかけをご提供したいと、当店では考えています。

まずはお気軽にご来店ください。皆さまのお越しを心よりお待ちしています」

『フォーカル・ISS 170』。当機は、“リクロス”の『59セットプラン』に含まれている。『フォーカル・ISS 170』。当機は、“リクロス”の『59セットプラン』に含まれている。

適合外のスピーカーでも、プロショップの手に掛かればすんなり装着可能に!

続いては千葉県流山市の実力店、“サウンドワークス”の中川さんに訊いた話を紹介する。

「当店は幅広いブランドの製品を取り扱っている一方で、“ソニックプラスセンター柏”(ソニックデザイン認定のSonicPLUS専門店)としても活動しています。なので、ソニックデザインのスピーカーを求めてご来店される方がとても多いです。

なおソニックデザインでは、純正スピーカーの交換装着に対応したエンクロージャー一体型の手頃なモデル(カジュアルライン)を3グレード用意していて、初めてのスピーカー交換を検討されている方々からは、その中でもっともリーズナブルな“スタンダード”が人気となっています。それであれば製品代が5万2000円(税別)で、取り付け工賃を含めて6~7万円のご予算で収まります。

ところで当シリーズは適合車種がある程度限定的なのですが、皆さま愛車が適合車種でない場合には、取り付けている前例がないかをネットで調べられてからご来店されます。車種名と製品名で検索すると装着例が画像付きで見つかることがよくあり、そうであれば何らか手を加えれば装着が可能であると判断できます。

欲しいと思われる製品の目星が付いている場合には、適合車種でなくても諦める必要はないと思います。プロショップに任せれば、なんとかなるケースは多いです」

ソニックデザインのスピーカーは取り付けコストが掛かりにくく、音漏れもしにくい!

「なおソニックデザインのモデルを適合外の車種に取り付けようとしたとき、一部の車種では大掛かりな加工が必要となることも有り得ます。だとするとコストも多く掛かってくるのですが、しかし大抵の車種では、ドア内部の鉄板を多少カットする程度で取り付けられます。ちなみに当店では、カットした部分にはさび止めのための塗装を施し、さらにはアルミテープでも保護します。クルマ自体が朽ち果てたとしてもそこだけはキレイなままで残るくらいの丁寧な作業を実行しています。

ところでソニックデザインのスピーカーは、エンクロージャーが一体化していますのでデッドニングが不要です。ゆえに導入の際のコストが少なくてすみます。また、エンクロージャーが一体化されているので音漏れもしにくいです。最近は、ハンズフリー通話の音声が車外に漏れることを気にされる方も多く、そうであるならばソニックデザインのスピーカーはアドバンテージを発揮します。

もちろん、ソニックデザインのスピーカー以外をご所望される方もいらっしゃいます。例えば、サウンドコンテストに出られるような方々からは、他のブランドのモデルが選ばれることが多いです。お好みや考え方に合わせて、さまざまな製品をお選びいただいています。

お近くでしたらぜひお気軽にお越しください。多様なご提案ができると思います。お待ちしています」

《太田祥三》

特集

関連ニュース

page top