プロショップ直伝! 状況別、お薦め“本格”システム! Part9「単体DSP」を核にする場合・後編 | Push on! Mycar-life

プロショップ直伝! 状況別、お薦め“本格”システム! Part9「単体DSP」を核にする場合・後編

手応えあるシステムの導入を視野に入れている中級愛好家の方々の参考になればと、全国の実力カーオーディオ・プロショップがお薦めする“本格”プランを紹介してきた当特集。現在は“単体DSP”を核とするシステム例を紹介している。

カーオーディオ 特集記事
フォーカル・ユートピアMシリーズ。
  • フォーカル・ユートピアMシリーズ。
  • “プラグアンドプレイ”の製品群。

手応えあるシステムの導入を視野に入れている中級愛好家の方々の参考になればと、全国の実力カーオーディオ・プロショップがお薦めする“本格”プランを紹介してきた当特集。現在は“単体DSP”を核とするシステム例を紹介している。

今回は、次の2店舗に協力を要請した。神奈川県川崎市の“カーファイ”と千葉県千葉市の“プロショップ ヴォーグ”。さて、どのような具体策が示されたのかと言うと…。

ハイエンドシステムの構築も視野に入れ、“単体DSP”には上級機をチョイス!

まずは、神奈川県川崎市の人気ショップ“カーファイ”の小金井さんが推奨する“本格”プランを紹介していく。

「当店では、中級者の方々からはナビヘッドが選ばれることが多く、なので“単体DSP”は上級者向けのアイテムという色彩が濃いです。結果、チョイスされる機種は上級機が中心となっています。今でしたら、ヘリックスの『DSP ULTRA』(税抜価格:23万円)が人気です。

ちなみにヘリックスは“単体DSP”を計5機種ラインナップしていて、そのうちの新しい3機種には“ACOプロセッサー”という新機能が搭載されています。これがなかなかに音に効いています。それもあって、2ndグレードの『DSP PRO MKll』との音質性能の差はそれなりに開いているように感じています。価格は7万円高くなりますが、その分の価値は十分にあると思います。ハイエンドシステムを作り上げたいという方にはなおさら、当機を推したいと思います。

そして次はスピーカーですが、今回はスピーカーにコストを掛けるプランをご提案したいと思います。具体的にはフォーカルのハイグレードシリーズ、『ユートピアM』はいかがでしょうか」

スピーカーは30万円を超えてくると、手応えも相応に上昇する!

「『TBM』(ツイーター、税抜価格:16万5000円)と『6WM』(165mmミッドウーファー、15万円)、この組み合わせで31万5000円となり正直お安くはないですが、価格に見合った性能を備えていることも確かです。なおスピーカーは、30万円を超えてくると手応えも相応に高まります。

ちなみに当機は、特にツイーターの性能が高いと感じています。振動板にベリリウムが使われていますが、高級素材だけあって音色も独特です。優しく美しいサウンドが堪能できます。どんなジャンルの音楽でもそつなく鳴らせますが、女性ボーカルがお好きな方にはことに向いていると思います。

そしてあとはパワーアンプなのですが、こではコストを抑えてカロッツェリアの『PRS-D800』(税抜価格:3万5000円)を挙げてみたいと思います。当機は2chモデルですので2台必要になりますが、それでも十分にリーズナブルです。

しかしながら『PRS-D800』の実力はあながちあなどれません。ハイエンドシステムをということでしたら将来的なグレードアップも頭に入れておきつつ、まずはこちらで鳴らしてもそれ以外の機材の良さを十分に引き出せると思います。コスパは高いです。

お近くでしたらぜひお気軽にご来店ください。これ以外にもさまざまなプランをご提案できると思います。お待ちしています」

圧倒的なコスパを発揮する、『PLUG&PLAY DSP』がお薦め!

続いては、千葉県千葉市の有力店“プロショップ ヴォーグ”の渡邊さんに訊いた話を紹介していく。

「中級者の方に向けた“単体DSP”となると、当店ではプラグアンドプレイの『PLUG&PLAY DSP』(税抜価格:10万円)をお薦めすることが多いです。

当機はとにもかくにもコストパフォーマンスが高いです。“単体DSP”は昨今、各社からさまざまなモデルがリリースされていますが、当機はこれよりも価格が上のモデルと比べても音質性能的に優れていると感じています。中級者の方にお使いいただいて十二分にご満足いただける製品です。

そしてこれに組み合わせるスピーカーとしては、当店オリジナルのセットを推したいと思います。『入門プラン』の『プラン2』にて設定しているものなのですが、ビーウィズの『アキュレートlll F』シリーズの13cmミッドウーファー『A-130lll F』(税抜価格:8万5000円)と『リファレンスAM』シリーズのツイーター『L-25R』(税抜価格:3万円)とを組み合わせたセットです。デッドニング費用や取付工賃等もパッケージして15万円(税抜)でご提供しています。当セットは、“本格”をご所望される方々にも自信を持ってお薦めできます。こちらもコストパフォーマンスが相当に高いです」

パワーアンプにもプラグアンドプレイをチョイス! または…。

「なおこのスピーカーセットは、ここからのステップアップがしやすいことも利点です。後々ツイーターだけを『アキュレートlll F』のモデルに交換するだけで、もう1グレード上のサウンドを手にできます。

そしてパワーアンプにも、プラグアンドプレイの『PLUG&PLAY POWER』(税抜価格:3万5000円)を推薦したいと思います。当機は2chモデルですのでフロント2ウェイスピーカーをマルチドライブさせようとするときには2台が必要となりますが、それでも価格は7万円(税抜)と至ってリーズナブルです。しかし性能的には当機も十分“本格的”です。デジタルアンプでありながらS/Nも優れていますしトルクも十二分にありますから。

また、もう1ランク上のパワーアンプをということでしたら、ビーウィズの『P-100R』(税抜価格:7万円)もお薦めです。当機はモノラルアンプですので計4台が必要となりご予算的な増加幅は大きくなりますが、得られる満足度は価格を凌駕しています。ハイエンドカーオーディオの音世界を満喫できると思います。そしてこれを使うのであれば、後々スピーカーにもハイエンド機を組み合わせられます。長く使える製品です。

ご来店いただけましたらさまざまなプランをご案内できると思います。ぜひお気軽にお問い合わせください」

《太田祥三》

特集

関連ニュース

page top