カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN FUGA(オーナー・伊藤真之さん) by lc sound factory 前編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN FUGA(オーナー・伊藤真之さん) by lc sound factory 前編

高音質&カスタムを愛車のフーガで両立させている伊藤さん。ボーカルをキレイに聴くことをテーマにユニット&取り付けを厳選。ラゲッジには大型のパワーアンプ×3台をインストール。取り付けを実施した栃木県のlc sound factoryのデザイン力も見どころだ。

カーオーディオ 特集記事
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN FUGA(オーナー・伊藤真之さん) by lc sound factory 前編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! NISSAN FUGA(オーナー・伊藤真之さん) by lc sound factory 前編
  • ユニットや取り付けに徹底してこだわり、高音質でデザイン性豊かなオーディオカーを作り上げたフーガ。
  • トランクルームの最大の見どころは壁面のビルトインされたグラウンドゼロのパワーアンプ群。
  • 前方&左右のウォールにもグラウンドゼロのパワーアンプをビルトイン。カッパー色のパネルがトランクのイメージを決定付ける。
  • 中央部前方には大型アンプであるグラウンドゼロのGZPA Reference 4をインストール。存在感満点のフォルムだ。
  • 左右のウォールにもグラウンドゼロのパワーアンプをビルトイン。GZPA Reference 4XS/2XSをそれぞれインストールする。
  • トランクルームのサイドウォールにピタリと収まるサイズとなったグラウンドゼロのパワーアンプ。デザイン的な収まりも絶好。
  • トランクのフロア面にはメンテナンスリッドを設けてある。開閉することで床下のケーブル類などをメンテ可能だ。

高音質&カスタムを愛車のフーガで両立させている伊藤さん。ボーカルをキレイに聴くことをテーマにユニット&取り付けを厳選。ラゲッジには大型のパワーアンプ×3台をインストール。取り付けを実施した栃木県のlc sound factoryのデザイン力も見どころだ。

トランクルームの3面に輝く
グラウンドゼロのアンプが圧巻

ユニットや取り付けに徹底してこだわり、高音質でデザイン性豊かなオーディオカーを作り上げたフーガ。

ユニットや取り付けに徹底してこだわり、高音質でデザイン性豊かなオーディオカーを作り上げたフーガ。

トランクルームの最大の見どころは壁面のビルトインされたグラウンドゼロのパワーアンプ群。

トランクルームの最大の見どころは壁面のビルトインされたグラウンドゼロのパワーアンプ群。

前方&左右のウォールにもグラウンドゼロのパワーアンプをビルトイン。カッパー色のパネルがトランクのイメージを決定付ける。

前方&左右のウォールにもグラウンドゼロのパワーアンプをビルトイン。カッパー色のパネルがトランクのイメージを決定付ける。

徹底したハイファイ志向のクルマ作りながら、ラゲッジやコクピットへのカスタムインストールも抜かりが無い伊藤さんのフーガの特徴。以前、当コーナーでセカンドカーのワゴンRを紹介したが、今回はメインカーであるフーガを満を侍して紹介することとした。

とにかく良い音のために厳選したユニット群を使っているというこのクルマ。見どころとなったのはラゲッジのパワーアンプ群だ。ユニットとしてチョイスしたのはグラウンドゼロのリファレンスシリーズのパワーアンプ。ラゲッジに組まれたアンプラックの3面を使って大型のグラウンドゼロのアンプをインストール。カッパー色のパワーアンプがトランクルーム全面を取り囲むデザインが圧巻だ。

またアンプのまわりは黒の人工スエードをつかって引き締め処理を実施。アイボリーのベースパネルとパワーアンプとのコントラストも美しく、上質でありながらカスタム色満点の作り込みとなった。トランクルームの深さをいっぱいまで使った、立体感を感じさせる造形も独特。トランクリッドを開けるとオーディオ空間が広がるデザインもオーナーの望み通りのスタイルだ。

カッパー色のパワーアンプを見せる手法
トランクルームを煌びやかに彩るカスタム

中央部前方には大型アンプであるグラウンドゼロのGZPA Reference 4をインストール。存在感満点のフォルムだ。

中央部前方には大型アンプであるグラウンドゼロのGZPA Reference 4をインストール。存在感満点のフォルムだ。

左右のウォールにもグラウンドゼロのパワーアンプをビルトイン。GZPA Reference 4XS/2XSをそれぞれインストールする。

左右のウォールにもグラウンドゼロのパワーアンプをビルトイン。GZPA Reference 4XS/2XSをそれぞれインストールする。

トランクルームのサイドウォールにピタリと収まるサイズとなったグラウンドゼロのパワーアンプ。デザイン的な収まりも絶好。

トランクルームのサイドウォールにピタリと収まるサイズとなったグラウンドゼロのパワーアンプ。デザイン的な収まりも絶好。

トランクルームのデザインのキーワードになってるグラウンドゼロのパワーアンプ。すべてのスピーカー群をドライブする3台のパワーアンプを前面ウォール/左右ウォールにそれぞれレイアウトする。前面ウォールにはもっとも大型のGZPA Reference4をインストール。後方からトランク内をのぞき込むと真っ先に視線に飛び込んでくる特等席を確保。存在感満点に設置されるスタイルはこのクルマの象徴的なインストールスペースだ。

さらに左右のウォール面にはそれぞれアンプラックが作られる。トランクルーム全体を見るとコの字形状のアンプラックとなっているのがわかる。左右のアンプラックにはグランドゼロのGZPA Reference 4XSと2XSをインストール。同サイズのパワーアンプで左右シンメトリーなデザインとしているのもまとまりの良いスタイル。すべてのパワーアンプのカラーリングも揃いトランクルーム内をフェイスパネルのカッパー色で煌びやかに彩っているのもデザインの妙と言えるだろう。

またトランク内に他にユニットを見せないデザイン手法で、一層パワーアンプの存在感が際立たせている。レザーやアクリル処理を施すことで上質感を出しているのも見どころ。パワーアンプをカッコ良く、なおかつ質感高くアピールするスタイルが見て取れる。

カラーリングや素材使いなどで
トランク内を美しくデザイン

トランクのフロア面にはメンテナンスリッドを設けてある。開閉することで床下のケーブル類などをメンテ可能だ。

トランクのフロア面にはメンテナンスリッドを設けてある。開閉することで床下のケーブル類などをメンテ可能だ。

床下にはヘリックスのプロセッサーDSP.3をインストール。見せるユニットと隠すユニットのメリハリを付けている。

床下にはヘリックスのプロセッサーDSP.3をインストール。見せるユニットと隠すユニットのメリハリを付けている。

アイボリーのレザー、黒の人工スエード、パンチングメッシュ素材などを巧みに使い分けたデザインも美しく上質だ。

アイボリーのレザー、黒の人工スエード、パンチングメッシュ素材などを巧みに使い分けたデザインも美しく上質だ。

トランクルームのフロア面を見ると開閉可能なパネルが設置されいているのがわかる。これはオーディオ関連のメンテナンス口として利用できる部分。パネルを開けると中には配線類や隠して設置されるプロセッサーが見える。トランクルームのデザイン性を考えると、パワーアンプ以外のユニットや配線を床下に隠すことでシンプルに仕上げたのが印象的だ。

フロア下に設置されるプロセッサーはヘリックスのDSP.3。RCAケーブルをはじめとした配線類もすべてフロア下のスペースを使ってうまく取り回されているので、トランク内はスッキリまとまっている。メリハリを付けた処理もオーナーのお気に入りとなる。

トランク内のデザインもシンプルだがしっかり計画された処理なのが見える。アイボリー系のレザーをメインに用いることでグラウンドゼロのパワーアンプのフェイスパネルに採用されているカッパー色とのマッチングも決まる。またパワーアンプの周囲は黒の人工スエードを使って引き締めているので、大型パワーアンプの存在感をなお一層アピールすることになった。アクリルを設置することでもトランク内を上質に彩っている。

「ボーカルをキレイに聴きたい」というオーナーの望みに応えてシステムされたグラウンドゼロのパワーアンプ群。デザイン面でも抜群のセンスを見せてトランク内を構築した。次回の後編ではトランクカスタムに匹敵するアイデアとセンスが注入されたコクピットまわりのインストールを見ていくこととしよう。

《土田康弘》

特集

page top