car audio newcomer! トヨタ カローラスポーツ(オーナー:マッケンジーさん) by  東京車楽 前編 | Push on! Mycar-life

car audio newcomer! トヨタ カローラスポーツ(オーナー:マッケンジーさん) by  東京車楽 前編

ハンドメイドで愛車にオーディオを取り付けていたマッケンジーさん。クルマの乗り換えをタイミングにプロショップでのインストールを思い立つ。複数のショップでスピーカー交換を断られる中、出会ったのが埼玉県の東京車楽。ここからシステム構築が加速する。

カーオーディオ 特集記事
car audio newcomer! トヨタ カローラスポーツ(オーナー:マッケンジーさん) by  東京車楽 前編
  • car audio newcomer! トヨタ カローラスポーツ(オーナー:マッケンジーさん) by  東京車楽 前編
  • car audio newcomer! トヨタ カローラスポーツ(オーナー:マッケンジーさん) by  東京車楽 前編
  • car audio newcomer! トヨタ カローラスポーツ(オーナー:マッケンジーさん) by  東京車楽 前編
  • car audio newcomer! トヨタ カローラスポーツ(オーナー:マッケンジーさん) by  東京車楽 前編
  • car audio newcomer! トヨタ カローラスポーツ(オーナー:マッケンジーさん) by  東京車楽 前編
  • car audio newcomer! トヨタ カローラスポーツ(オーナー:マッケンジーさん) by  東京車楽 前編

ハンドメイドで愛車にオーディオを取り付けていたマッケンジーさん。クルマの乗り換えをタイミングにプロショップでのインストールを思い立つ。複数のショップでスピーカー交換を断られる中、出会ったのが埼玉県の東京車楽。ここからシステム構築が加速する。

ポータブルDVDの搭載がきっかけで
オーディオのシステムアップに目覚める

新車のカローラスポーツに厳選したオーディオシステムをインストールし、オーディオライフを満喫しているマッケンジーさん。しかしオーディオをプロショップでインストールしたのは今回が初めて。そもそも、オーディオに興味を持ったのは以前乗っていたクルマがきっかけだった。

「前に乗っていたクルマのオーディオは純正だったんですが、ある日のこと、DVDが見たくてポータブルDVDを車内に持ち込んだんです。音声はAUXを使って純正オーディオに接続しました。するとその楽しさにはまってしまって、ここからオーディオに手を加えはじめることになったんです」。

その後はDIYでスピーカー交換をしたり、防振キットを用意して施工、さらにはパワードサブウーファーを追加するなど、いずれもハンドメイドでオーディオのレベルアップを図った。

「何かをやるたびに音が変わっていくのがすごく楽しくて、次々といろいろなメニューを試していきました」。

当初は7インチ画面だったポータブルDVDも9インチにグレードアップするなどAV関連のユニットにも力を入れる。

「ホイールを交換したらロードノイズが激しくなったので、建築用の防振材を買ってきてフロア全面に張ったりもしました。実はあまり効果が無かったんですけどね。少しずつこだわりも強くなって、手の込んだ取り付けなども自分で実施するようになって行きました。良い音で聴くのがどんどん楽しくなっていったのはそんな経験があったからだと思います」。

スピーカー交換を断られる中
東京車楽との出会いが転機となる

その後、若い頃からやって来たあるスポーツに注力するようになり、本格的に競技にも参加するようになったオーナーは、オーディオのDIYからは少し遠ざかる。そんな時、クルマを現在のカローラスポーツに乗り換えのを機会にオーディオの新調をプランするようになった。

「それまでのようにオーディオいじりに時間を掛けられなくなっていたんですが、かといってオーディオには手を抜きたくない。そこで新しいクルマへの乗り換えを機会にショップに取り付けを頼むことにしたんです」。

クルマを購入する前の段階で、いくつかのショップを回って愛車へのオーディオの取り付けを相談したオーナー。しかしそこに壁が立ちはだかることになる。
「スピーカーの交換がしたかったんですが、どこのショップで聞いても“カローラスポーツはスピーカー交換が難しい”と言われたんです。車両側に異常が出ることも考えられると言われて、思い通りのシステムを組むことができないかったんです」。

そこで救世主となったのがプロショップだった。

「今回、気になっていたのがソニックデザインのスピーカーでした。扱っているショップをWebで検索して見つけたのが東京車楽でした。早速相談したところ、他では断られたスピーカー交換も快く相談に乗ってくれたんです。そんな経緯もあってシステムなどの相談もはじめることにしたんです」。

ホーム用のスピーカーで体感した
エンクロージャーを使った音を求める

これまではハンドメイドでオーディオの取り付けを行ってきたオーナー。その経験からも、まずはスピーカー交換をして音質をアップさせたいと狙った。その中で気になったのがソニックデザインのスピーカーだった。

「ソニックデザインのスピーカーを選んだのはエンクロージャーに入っている点からでした。自宅ではホーム用のスピーカーをいくつか使っているんですが、ホーム用はエンクロージャーに入っているのが普通です。カー用でエンクロージャーに入っているスピーカーを探したところ見つけたのがソニクデザインだったんです」。

ホーム用のスピーカーを複数使い分けるオーナーにとってエンクロージャーに収められたスピーカーは魅力的だったようだ。

「試聴環境のあるショップに行って、エンクロージャーを使わないいくつかのカー用スピーカーを試聴しましたが、やはりエンクロージャーを使ったスピ-カーに興味があったので最後まで決意は揺らぎませんでした。“エンクロージャーなら間違いなく良い音が出るはず”と信じて、試聴無しでユニットを決めたんです」。

こうして、東京車楽でオーダーしたスピーカーはソニックデザインのTBM1877。エンクロージャーに入ったスピーカーをドアに設置するスタイルで、そのコンパクトさもオーナーのお気に入りとなる。

こうして取り付けショップの選定、スピーカー選びなどを経ていよいよインストールを開始するオーナー。次回の後編ではシステムデザインの選択過程から納車された愛車のサウンドについて紹介していくこととしよう。

《土田康弘》

特集

page top