car audio newcomer! トヨタ プリウスα(オーナー:平田陽一さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編 | Push on! Mycar-life

car audio newcomer! トヨタ プリウスα(オーナー:平田陽一さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編

プロショップの調整能力に衝撃を受けてオーディオの進化をはじめたオーナーの平田さん。製作ショップである千葉県のサウンドエボリューション・ログオンでサウンド調整やシステムアップの相談をするなど、楽しみながらオーディオ漬けの毎日を送っている。

カーオーディオ 特集記事
car audio newcomer! トヨタ プリウスα(オーナー:平田陽一さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編
  • car audio newcomer! トヨタ プリウスα(オーナー:平田陽一さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編
  • car audio newcomer! トヨタ プリウスα(オーナー:平田陽一さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編
  • car audio newcomer! トヨタ プリウスα(オーナー:平田陽一さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編
  • car audio newcomer! トヨタ プリウスα(オーナー:平田陽一さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編
  • car audio newcomer! トヨタ プリウスα(オーナー:平田陽一さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編
  • car audio newcomer! トヨタ プリウスα(オーナー:平田陽一さん) by  サウンドエボリューション・ログオン 後編

プロショップの調整能力に衝撃を受けてオーディオの進化をはじめたオーナーの平田さん。製作ショップである千葉県のサウンドエボリューション・ログオンでサウンド調整やシステムアップの相談をするなど、楽しみながらオーディオ漬けの毎日を送っている。

KEYアンプの調整能力を
フルに引き出す作戦を実践中

スピーカー交換ではじまったプロショップとの付き合い。急速に良い音への欲望がわいてきたオーナーの平田さんは、段階を追ってステップアップを続けてきた。そして、最新のリメイクでは前回お伝えしたとおりキッカーのKEYアンプを追加することにした。このチョイスはナビ内蔵の調整機能に限界を感じて、更なるレベルアップを狙ったシステムアップだったが、思惑通りの結果が出て、オーナーの満足度も高かった。

現状のサウンドがすごく気に入っているというオーナー。プロショップを訪れた当初に比べると、格段に音のレベルが高くなっているのを体感している毎日だ。しかも純正インテリアの雰囲気を崩すことなく、デッドスペースをうまく利用してインストールしている点もお気に入り。KEYアンプはシート下を利用して取り付けられるコンパクトボディなのもお気に入りとなった。

今のサウンドには満足指定とは言いつつも、各ユニットのパフォーマンスをトコトン使いこなすのもオーナー流、KEYアンプももちろ同様だ。しかしKEYアンプは自動調整なので設置した後には細かな味付けは行えないのでは? そう思って質問してみると。
「ショップで相談していたら、まだできることはあると知ったんです。例えば測定用のマイクの設置場所を変更するだけでも、微妙に調整の結果が変わってくるんです。いろいろ試してKEYアンプが持っている能力をめいっぱい引き出して、もっと良い音を引き出したいと思っています」。

父娘でドライブに出かけたり
ユニットの試聴に行くことも多い

オーディオを組んでから普段のカーライフも大きく変わったという。特にシステムを進化させて詳細な調整を施してからは、愛車に乗ってドライブに出かけると音の進化を体感しているという。
「音が良くなったのはすぐに感じるんですが、ロングドライブに出かけたときにずっとオーディオを聴いていても疲れない音になったのも進化のポイントですね。いつ聴いても“良い音だなー”としみじみと感じています」。

オーディオのインストールや音の進化に熱心になってからというもの、オーナーのカーライフの中心はオーディオになっている。娘さん(以前このコーナーに登場いただいた平田七海さん)とも普段からオーディオやクルマの話をよくするようになったという。
「二人でドライブに出かけることもあるんですよ。お互いのクルマや音のこと、オーディオユニットのことなんかを話してます。そんな会話がお互いに影響し合ってるんだと思います。でも、娘には自分の好みを無理強いすることはありません。オーディオは自分で選んで自分の好きな音を作っていくことが良いと思っているからです」。

娘さんのクルマが完成してからは助手席に乗って出かけることも多くなったオーナー。ドライブの途中でショップに立ち寄ることも多く、ユニットの試聴やデモカーの試聴などを二人で仲良く楽しむことも多いんだとか。共通の趣味であるオーディオのおかげで父娘の絆はますます強くなっているようだ。

オーディオ仲間やショップで
システムや音の話をするのも楽しみ

昔からクルマ好きだったオーナーの平田さん、今ではカーオーディオにぞっこんで、もっと良い音にしたいという思いが強いという。日頃の付き合いでもオーディオに関連する人々との交流が深くなったという。最初にプロショップに来るきっかけとなったハイエース乗りの友人とも、オーディオの話をしたり、お互いのクルマを試聴しているという。
「プロセッサーや外部パワーアンプを追加したらどうなるのかといったシステムアップの話に加えて、“ダイヤトーン・サウンドナビの音も好きだー”などなど、個別のユニットの話もすることもあります。あれこれと考えているシステムアップのプランを話すなど、オーディオについて仲間と話すのが楽しい時間です」。
ユニットやシステムの話のみならず、サウンドをどう進化させていくかにも話が及ぶこともあるという。
「今後、自分のクルマをどんな音にしていくかも考えたりします。音のクリアさをもっと引き出すにはどうすれば良いんだろうとか、今求めている音がどんな方向性なのかも話したりしますね」。

徐々にシステムアップを続けて、サウンドのレベルアップを楽しんでいるオーナー。すっかりオーディオの楽しみ方を体得して、オーディオ仲間や信頼できるショップもできた。しかも現状のサウンドには満足度も高いという最高の環境下にある。
「キッカーCSのスピーカーを取り付けてから、すでに2年/5万キロ以上走ってきました。その間にはいろいろなシステムアップを施して、どんどん音が良くなっていくので楽しいですね。このスピーカーはすごく良く鳴ると思うのですが、まだまだ音は進化できると思っています。これからもいろいろと楽しんでいきたいです」。

プロショップの調整で衝撃を受けたオーナー、今では“もっとも楽しいのは愛車で好きな曲を聴いている時”となった。少しずつ音のレベルを高めるスタンスでオーディオと付き合ってきたオーナー、今後もマイペースなオーディオライフは続いていく。

《土田康弘》

特集

page top