カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUZUKI COPEN(オーナー・飯塚只雄さん) by lc sound factory 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUZUKI COPEN(オーナー・飯塚只雄さん) by lc sound factory 後編

内外装カスタムを極める中でオーディオにも力を入れはじめたオーナーの飯塚さん。コペンの限られたスペースを使ってインストールを実施。オーディオカスタムは栃木県のlc sound factoryが担当。周辺のカスタム処理も含めて見事なスタイルを完成させた。

カーオーディオ 特集記事
内外装カスタムを極める中でオーディオにも力を入れはじめたオーナーの飯塚さん。コペンの限られたスペースを使ってインストールを実施。オーディオカスタムは栃木県のlc sound factoryが担当。周辺のカスタム処理も含めて見事なスタイルを完成させた。

◆ガルウイングのドアに合わせてオーディオ取り付け&周辺加工を施す

ガルウイングの存在感が圧倒的なコペン。カスタムの手数も多いフルカスタム車両だ。カスタムのレベルの高さは見るものを圧倒する。

《ガルウイングの存在感が圧倒的なコペン。カスタムの手数も多いフルカスタム車両だ。カスタムのレベルの高さは見るものを圧倒する。》

ガルウイングをオープンしたときにクローズアップされるのがドアのミッドバス。アルミ振動板がキラリと光りアクセントになる。

《ガルウイングをオープンしたときにクローズアップされるのがドアのミッドバス。アルミ振動板がキラリと光りアクセントになる。》

ドアの下部に取り付けられているアルミのハンドル。ガルウイングの開閉には無くてはならないパーツ。もちろんワンオフされたもの。

《ドアの下部に取り付けられているアルミのハンドル。ガルウイングの開閉には無くてはならないパーツ。もちろんワンオフされたもの。》

コペンのカスタムを徹底追求しているオーナーの飯塚さん。ヘビーな内外装カスタムを施し、さらにはカスタムオーディオを投入して、コンペンにおけるカスタムの完成形を狙った。

そんなコペンカスタムの中でもひときわ目立っているのがガルウイングだ。コペンのカスタムパーツで有名なNRFのガルウイングのシステムを投入して、スムーズな動きと魅せるスタイリングを作り出した。しかもガルウイングをオープンさせた際にドアはショーアップポイントでもある。ここにインストールされているのがグラウンドゼロのGZRCシリーズのミッドバスユニットだ。アルミニウムコーンを採用したフォルムは、オレンジのプロテクションの奥からしっかりとスピーカーの存在感をアピールしている。

またガルウイングの開閉に必要なハンドル部もワンオフ設置されている。ドア下部にアルミのシンプル形状のバーを新設。ドアの開閉という実用面はもちろんだが、グラウンドゼロのミッドバスが持つアルミコーンとの質感を合わせることで、ドアのトータルコーディネートを完成させている。

◆Aピラーには2か所の見どころを投入。レッド系のイルミ処理で内装をショーアップ

Aピラーにはトゥイーター周辺のアクリル+イルミ処理に加え、ピラー上部にもレッド系のイルミを使ったライティング処理を加えた。

《Aピラーにはトゥイーター周辺のアクリル+イルミ処理に加え、ピラー上部にもレッド系のイルミを使ったライティング処理を加えた。》

ドア上部、ピラー下部、ピラー上部と、コクピットの目線より上の部分にレッド系のイルミを集中。オープン時の視覚効果を高めた。

《ドア上部、ピラー下部、ピラー上部と、コクピットの目線より上の部分にレッド系のイルミを集中。オープン時の視覚効果を高めた。》

内装カスタムのもう一つの見どころはAピラーだ。ピラーの根元に近い部分にはグラウンドゼロGZRCシリーズのトゥイーターがビルトインされている。周囲にはアクリルを使った処理が施されているのは前回紹介したとおりだ。さらにピラー上部を見るとピラーから中央部がスリット状に切り欠かれ、ここにLEDイルミをビルトインしているのだ。オープンモデルなのでルーフオープン時のピラーのアピール度は通常車両とは比にならないぐらいに大きい。そこにスリット状のイルミ処理を加えたことで、アイキャッチとしても存分にその成果を発揮している。

さらにピラーのライティング処理にはレッド系のイルミを使うことで、ピラーやドアなどに施されているライティングによるドレスアップとのカラーコ-ディネートもピタリと決めた。インテリアカラーに映える統一感あるイルミ処理もこのクルマの内装カスタムの見どころとなった。

◆ボンネットにはグラインダーアートを施す。大技から小技までレベルの高いカスタムを投入

グランダーアートを施したボンネット。変化に富んだ模様が描き出され、キャンディーレッドの塗装とも相まって美しさを極める。

《グランダーアートを施したボンネット。変化に富んだ模様が描き出され、キャンディーレッドの塗装とも相まって美しさを極める。》

ヘッドライト周辺にもLED処理やキャラクターを隠しキャラのように配置するカスタムを施している。

《ヘッドライト周辺にもLED処理やキャラクターを隠しキャラのように配置するカスタムを施している。》

ここでは詳しく触れなかったがエアロ、ホイール、マフラーなど、随所に手の込んだカスタムを施したコペンは完成度も断トツ。

《ここでは詳しく触れなかったがエアロ、ホイール、マフラーなど、随所に手の込んだカスタムを施したコペンは完成度も断トツ。》

このコペンは、オーディオに関わるカスタム以外にも数多くのカスタムポイントがある。先ほど紹介したガルウイングに匹敵する大ワザがボンネットの施されたグラインダーアートだ。グラインダーを使ってボンネット表面に模様を描き出すというハイレベルなカスタム処理のこのカスタム、グラインダーによる処理を加えた上でフィニッシュにはキャンディーレッドで塗装を施して、深みのあるボンネットを完成させている。このクルマの外装のハイライトとなった。

さらにヘッドライト内にLED処理を施したり、キャラクターを描き出す加工なども投入。細かなところにも一切の妥協無くオーナーが思い描いたカスタム処理を思う存分投入しているのもこのクルマの見どころと言えるだろう。

手の込んだカスタムを施したクルマに、レベルの高いカスタムオーディオを投入したコペン。カスタムカーの内装にはオーディオが似合うことを証明したフィニッシュとなった。コペン愛溢れるオーナーの次なるカスタムアップが楽しみな一台だ。
《土田康弘》

特集

page top