“カーオーディオ・プロショップ”が薦める『初めてプラン』、全方位解説!! Part2「メインユニット交換」編 | Push on! Mycar-life

“カーオーディオ・プロショップ”が薦める『初めてプラン』、全方位解説!! Part2「メインユニット交換」編

「ドライブには音楽が欠かせない。その音楽をもっと“良い音”で聴きたい!」そう考えている方々に向けて、思いを叶えるための方法=『初めてプラン』を紹介する短期集中連載をお届けしている。毎回、全国の実力“専門店”に取材し、直伝の特選プランを推奨してもらっている。

カーオーディオ 特集記事
ハイエンドメインユニット(ダイヤトーンサウンドナビ)の装着例(スズキ・スイフトスポーツ、製作ショップ:M.E.I.)。
  • ハイエンドメインユニット(ダイヤトーンサウンドナビ)の装着例(スズキ・スイフトスポーツ、製作ショップ:M.E.I.)。
  • スズキ・スイフトスポーツ(製作ショップ:M.E.I.)。
  • スズキ・スイフトスポーツ(製作ショップ:M.E.I.)。
  • スズキ・スイフトスポーツ(製作ショップ:M.E.I.)。
「ドライブには音楽が欠かせない。その音楽をもっと“良い音”で聴きたい!」そう考えている方々に向けて、思いを叶えるための方法=『初めてプラン』を紹介する短期集中連載をお届けしている。毎回、全国の実力“専門店”に取材し、直伝の特選プランを推奨してもらっている。

その第2回目となる今回は「メインユニット交換」をテーマにお贈りする。協力を仰いだのは、広島県の人気ショップ“M.E.I.”。同店の代表を務めている山本さんに、じっくりと話を聞いてきた。


■“メインユニット”を変えることで“聴こえ方”をガラリと変えられる!?

最初に、“メインユニット交換”の意義を教えてもらった。

「クルマの中で“良い音”を聴きたいと思ったときの『初めてプラン』としてもっともお薦めなのが、この“メインユニット交換”です。高性能なモデルという条件はつきますが、高性能な“メインユニット”に交換すると“聴こえ方”をガラリと変えられるのです。

もちろん、“スピーカー交換”も魅力的です。多くの方に、市販スピーカーの良さを味わっていただきたいと思っています。しかしながら、一番最初に実行して音の変化をより大きく味わえるのは、“メインユニット交換”の方だと思います。交換可能なクルマに限られますが、そうであるならば“メインユニット交換”をお薦めしたいですね。

大きな変化を味わえる理由は2つあります。1つは“音の素性が向上するから”、もう1つは“コントロール機能を追加できるから”です。

高性能な“メインユニット”は、やはり音が磨き込まれています。もしもスピーカーが純正のままだったとしても、音の質が良くなったことを実感できると思います。

そして“コントロール機能”を駆使することで、“音響的な不利”に対処できるようになります。カーオーディオには実は、音響的に不利な条件が存在しています。しかし“コントロール機能”を活用することによって、それらを改善させることが可能になるんです」


■“タイムアライメント”と“イコライザー”を駆使することで、不利な条件を克服できる!

“コントロール機能”について、さらに詳しく教えてもらった。

「音響的に不利な条件というのは主に2つあります。1つは、“左右のスピーカーから等距離の場所にリスニングポジションを取れないこと”です。ステレオとは、音楽を左右のchに分けて収録し、それを左右2本のスピーカーを使って再生することで音楽を立体的に感じ取ろうとするシステムです。しかし、左右のどちらかに片寄った場所で音楽を聴くこととなるカーオーディオでは、ステレオの効果を感じ取ることが困難です。

でも“タイムアライメント”という機能を使うと、これへの対処が可能となります。高機能な“メインユニット”に搭載されている“タイムアライメント”機能では、フロントスピーカーがセパレート2ウェイであったときでも、各スピーカーユニット1つ1つの発音タイミングを個別にコントロールできます。結果、各スピーカーから発せられる音の到達タイミングを揃えることが可能となり、あたかもすべてのスピーカーから等距離の場所にいるかのような状況を作り出せます。結果、ステレオの効果が正常に発揮され、音像がくっきりと目の前に現れます。

不利な条件の2つ目は、“車内が狭いこと”です。車内では窓ガラスやパネルで音が幾重にも反射してしまうので、増幅されてしまう帯域が現れたり、逆にキャンセリングされる帯域が現れたりします。そうすると、もともとの音色とは異なった不自然なサウンドになってしまうんです。

これには“イコライザー”という機能で対処します。高性能な“メインユニット”には、詳細な調整が可能な高度な“イコライザー”が搭載されています。それを駆使することで、自然な特性に戻すことができるんです」


■新車購入時には、“オーディオレス車”+“ハイエンドAV一体型ナビ”という選択肢があることを、思い出すベシ!

続いては、“メインユニット交換”をするベストなタイミングについて聞いてみた。

「新たにクルマを購入されるときが、ベストなタイミングです。というのも、最新の高性能な“メインユニット”は、AV一体型ナビである場合がほとんどです。1DINの“メインユニット”の中にも高性能なモデルがありますが、ナビが必要であるならば選択肢は自ずとAV一体型ナビに絞られます。

となると、一旦何らかナビを入れたそのすぐ後に新しいナビに交換するのは現実的ではありませんし、おクルマを新しくするタイミングが導入のベストタイミングとなるわけです。

なお、高機能な“メインユニット”は、その能力を使いこなせて初めて良さを発揮できます。しかしながら使いこなすのは簡単ではありません。専門的な知識と技術が必要です。なので、導入しようとするときには、“カーオーディオ・プロショップ”を利用していただきたいと思います。そうすれば、高性能である利点をフルに引き出せるはずです。

おクルマを新しくする予定ができたら、設定があるならば“オーディオレス”車を選びそこにハイエンドナビを“カーオーディオ・プロショップ”で取り付けるという選択肢があることを、ぜひ思い出していただきたいと思います。

もちろん、今お使いのナビが古くなっていてナビ交換も視野に入っているのなら、その場合にもぜひ“メインユニット交換”をお試しいただきたいですね。音が良くなるばかりか、ナビの使い心地も上がりますから、大きな満足感が味わえると思います」


■サウンドチューニング機能を自分で触ってみると、楽しみの幅が一層広がる!

さらには、楽しみ方についても教えてもらった。

「高性能な“メインユニット”には高度なサウンドチューニング機能が搭載されているわけですが、そのチューニング機能をご自分でも触ってみると、さらに楽しめると思います。せっかく優れた機能が搭載されているのですから、操作にチャレンジしない手はないと思うんです。

その際は、ゼロから調整しようと思っても難しいので、お店にセッティングしてもらったデータをベースにして、そこから“イコライザー”だけをちょっとだけ変えてみるとかから始めてみるといいと思います。そうしていると、どういう操作をするとどのように音が変わるのかがわかってきます。その経験値が上がっていくにつれて徐々にコツが掴めてくるはずです。

なお高性能な“メインユニット”は、調整データを複数メモリーできるようになっていますので、お店で作ってもらったデータはそのまま残した上で、それとは別のメモリーに自分でやってみたデータを保存しておくと良いと思います。

そして、ハイエンドナビを導入した暁には、いつかは“スピーカー交換”にもトライしていただきたいですね。条件が整っていますから、“スピーカー交換”をして得られる感動もさらに大きくなるはずです。余裕があれば、最初に“スピーカー交換”を同時に行うとベストです。実はそのほうが作業効率は良いのでトータルの費用は少なくてすみますし。とはいえ後から行うことにも良さがあります。“メインユニット交換”の効果と“スピーカー交換”の効果を、それぞれ個別に実感できますし、良い音に変わる感動を2度味わえますから。

とにもかくにも、高性能な“メインユニット”を使ってみると、カーオーディオに対するイメージが一変すると思います。音像が目の前に現れることの良さを、多くの方に体験していただきたいですね。お薦めです」

“M.E.I.”の山本さんに教えてもらった話は以上だ。“聴こえ方を変える”という方法も、カーオーディオの音を良くするためのアプローチとして定番になっている。特にクルマの買い替えを検討中ならば、高性能な“メインユニット”を導入するという作戦があることを、くれぐれもお忘れなきように。
《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top