【日本カーオブザイヤー2018-19】「今年のクルマ」上位10台が決定…最終選考は12月7日 | Push on! Mycar-life

【日本カーオブザイヤー2018-19】「今年のクルマ」上位10台が決定…最終選考は12月7日

日本を代表する「今年のクルマ」を決める「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート車、上位10台=「10ベストカー」が7日、発表された。国産、輸入各ブランドの31車種から、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会・選考委員が選定した。

自動車 ニュース
スバル・フォレスター
  • スバル・フォレスター
  • トヨタ・カローラスポーツ
  • トヨタ・クラウン
  • ホンダ・クラリティPHEV
  • マツダCX-8
  • 三菱エクリプスクロス
  • アルファロメオ・ステルヴィオ
  • BMW X2
日本を代表する「今年のクルマ」を決める「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート車、上位10台=「10ベストカー」が7日、発表された。国産、輸入各ブランドの31車種から、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会・選考委員が選定した。

2017年11月1日から2018年10月31日までに発表または発売され、年間の販売台数が500台以上見込まれている乗用車がノミネート対象となる。今期は27車種だった。10ベストカーを対象にして、モータージャーナリストをはじめとした60人の選考委員による審査・投票により、年間を通じて最も優秀な車=「カー・オブ・ザ・イヤー」を選出する。

今年の10ベストカーは以下の通り(ノミネート車リスト順)。国産車6車種、輸入車4車種が選出された。

●スバル・フォレスター
●トヨタ・カローラスポーツ
●トヨタ・クラウン
●ホンダ・クラリティPHEV
●マツダCX-8
●三菱エクリプスクロス
●アルファロメオ・ステルヴィオ
●BMW X2
●ボルボXC40
●フォルクスワーゲン・ポロ

「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会と発表・表彰式は12月7日に行われる。
《高木啓》

特集

page top