名車から珍車!? が参加…クラシックカーフェスティバル in 小金井 | Push on! Mycar-life

名車から珍車!? が参加…クラシックカーフェスティバル in 小金井

東京都小金井市の都立小金井公園で10月21日、「クラシックカーフェスティバルin小金井」が開かれ、排気量がまだ360ccだったころの軽自動車やビンテージものの欧州車など計71台が集まった。

自動車 ニュース
第16回クラシックカーフェスティバルin小金井
  • 第16回クラシックカーフェスティバルin小金井
  • 第16回クラシックカーフェスティバルin小金井
  • 第16回クラシックカーフェスティバルin小金井
  • 第16回クラシックカーフェスティバルin小金井
  • 第16回クラシックカーフェスティバルin小金井
  • 第16回クラシックカーフェスティバルin小金井
  • 第16回クラシックカーフェスティバルin小金井
  • 第16回クラシックカーフェスティバルin小金井
東京都小金井市の都立小金井公園で10月21日、「クラシックカーフェスティバルin小金井」が開かれ、排気量がまだ360ccだったころの軽自動車やビンテージものの欧州車など計71台が集まった。

「小金井なかよし市民まつり」の一環として行われているイベントのひとつで、クラシックカーの展示は今年で16回目。東京小金井さくらロータリークラブが主催し、「全日本ダットサン会」や「アンティックカーオーナーズクラブ東京国立」「オートモビルクラブジャパン」などが協力した。昨年は雨で中止になったため、2年ぶりの開催となった。

参加資格は、原則として1975年以前に生産された外国車・国産車。気持ちの良い秋晴れの下、ピカピカに磨かれた往年の名車が芝生広場に展示された。

元々外国車の多いイベントで、今年もレアな車両の姿があった。毎年このイベント参加のために動態保存しているというランボルギーニ『ウラッコ P250』(1974年)、Sクラス最初のモデルであるメルセデスベンツ『220SEカブリオ』(1960年)、ダッシュボードにピニンファリーナの直筆サインがあるフィアット『124スパイダー』(1975年)、アルファロメオが『1750』型(1930年)の復刻車として世界限定75台を発売した中のひとつ『グランスポーツ』(1967年)など、ふだんはめったに見られない車が並んだ。

国産車で珍しかったのは、いすゞ『ベレル』。1960年代に製造されていた6人乗りセダンで、これは縦型デュアルヘッドライトなどに変更された後期型。2000ccのディーゼルエンジンは2度乗せ換えられ、計100万kmを超える走行距離というから恐れ入る。ほかに、シングルナンバーで初代のダットサン『ブルーバード1200』(1962年)、同じくシングルナンバーの『フェアレディ1500』、”FF”の先駆者となったスバル『ff-1 1300G』(1971年)など、コンディションの良い個体が目を引いた。

この日は好天に恵まれて小金井公園にはたくさんの来場者があり、クラシックカーのイベントも家族連れなど多くの人出で賑(にぎ)わった。
《嶽宮 三郎》

特集

page top